昨日両替商のレートにビックリうちの会社は1年がギューっと凝縮

2009年07月21日

答えのない物を教わるな!

db654f1f.jpg私は昔、テレビCMやポスタービジュアルの制作「も」やってました。そして、何やら賞もいただきました。なぜ「も」と書いたのかというと、それは本業じゃなかったからです。いろいろ企業のプロモーションを考えて行くうちに、必要性が出てきて制作しただけです。

ただ、それを広告のプロと称して広告で食べている人に発注するのは危険と考えました。なぜなら、広告は株と同じ「投資」だからです。つまり「投資=自己責任」なわけで、知識がないまま広告を投下すると博打になってしまうと考えたからです。株を証券会社の言いなりで買う人いませんよね。広告も同じです。

もちろん株は証券会社でしか買えないし、広告も広告代理店でしか買えないので、露出する場所の買い付け(テレビCM枠・新聞広告枠等)は広告代理店に発注しますが、そこまでの「考える作業」は、自分でやりたかったのです。

まずは、相手先企業のことを徹底的に研究して、その中からほんの少しでも良いから「光る部分」を見つけ出し、トコトン磨き上げます。そしてビジュアルを制作しながら、広告を露出する場所を決めます。広告代理店は最後です。

よく広告の世界でも「教えてください」という人に出会います。でも「教えること=答え」なんてありません。ゴールもなければ道もない。だから近道なんてないのです。

でも必死に走れば何かがおきるかも知れない。

昨年の8耐では「海人Tシャツ」のタイアップを取ってくれたスタッフがいました。「マグロのぬいぐるみ」を見つけて交渉してくれたスタッフもいました。今年の8耐では「新聞1面トップ」を獲得してくれたスタッフもいました。

みんなタイアップ作業も、ニュースリリースも、協賛依頼もやったことのないスタッフでしたが、とにかく必死でやった結果だと思います。でも、その成功の裏には山ほど失敗があるはずです。だからこそ1つの成果を成し得たのだと思います。それは、誰かに何かを教わったのではなく、各自がそれぞれに走った結果なのです。

今年も8耐が近づいてきました。参加する社員のみなさんには「答えのない物を教わるな!」という教えを、学んでもらいたいと思います。

gq1023 at 08:15│
昨日両替商のレートにビックリうちの会社は1年がギューっと凝縮