台湾に台風6号でマグロが危ない生ビールはお店が儲かる仕組み

2009年07月19日

8耐ライダーチェンジ

c523aabc.jpg8耐にはライダーチェンジがあります。

これは、真夏に革パンツと革ジャンがツナギ合わされた物を着て、革ブーツを履いて、革手袋をして、頭に発泡スチロールと樹脂でできたカプセルを被って1時間近く、三重県山中で激しい運動をして来た人を、約1時間の休憩の後に、また再度運動に向かわせるための貴重な休憩時間です。

バイクを降りて、メカにフィーリングを伝えて5分。ツナギを脱いで5分。プールに入って水をかけること10分。マッサージが20分。服を着替えてツナギを着るまでが10分。そうすると、もう次のライダーチェンジ時間です。

その間には、革ツナギの下のインナースーツを洗ったり、ヘルメットを乾かしたり、革ツナギを干したり、グローブやブーツを乾かすといったことも必要です。

だから、8耐は総力戦なのです。

服を脱がす人は洗って干して次に着用できるまでを準備しないといけません。背中に入れた水のタンクの入れ替えもあります。グローブだって、パートナーのと入れ替わったら大変です。ヘルパーの皆さん、よろしくお願いいたします。

ライダーがバイクを降りる。グローブを受け取る。ヘルメットを受け取って水を渡す。クビに氷をあてる。ツナギのチャックを開ける。ブーツをサンダルに履き変える。ツナギを脱がせる。脊椎パッドを取る。インナーを脱がせる。プールに入る。さ〜て、何人必要でしょうか?

gq1023 at 12:01│ バイクレース(含む8耐) | 沖縄・石垣島
台湾に台風6号でマグロが危ない生ビールはお店が儲かる仕組み