タイヤ談義右端に超ボケてますが

2009年07月07日

パチンコ店はゲーム店

パチンコ店で大規模な放火事件がありました。ガソリンを撒いて放火したらしいので、防火施設の有無に関わらず大変な火災だったと思われます。

さて、パチンコ店は違法ギャンブル店なのですが摘発されません。なぜかご存知ですか?なぜならパチンコ店は普通のゲーム店と同じ(正しくは遊戯業)だからです。ただ、出玉と交換できる景品の中に「特殊景品」と呼ばれる景品交換所で現金買取されるものがあるだけです。そしてその後で景品交換所から景品問屋が買い取ってパチンコ店に売ります。つまり、「パチンコ店」「景品交換所」「景品問屋」の3者取引によって違法行為を合法化しているのです。

でも、それだけではないのです。大手パチンコ&パチスロメーカーには沢山の警察からの天下りがいます。それだけではありません。全日本遊技事業協同組合連合会(パチンコ店の団体)、(財)保安電子通信技術協会(パチンコ機の形式認可団体)、日本遊技関連事業協会、日本レジャーカードシステム、遊技場メダル自動補給装置工業会…、なんて感じで山ほど天下りのいる団体を抱えています。パチンコ・パチスロ産業21世紀会なんて統括団体も10年ほど前にできました。

さらに、パチンコ店は所轄の警察署長に多額の転勤祝いと選別を贈呈します。そして生活安全課にも…。なんてことになってます。ちなみにこのパチンコ業界のトップは与党最大派閥のトップである元首相です。こりゃ強えーなー。最強だなー。

パチンコ店はゲーム店なのです。パチンコ台の間にある両替機(コインサンドと呼ばれる)に液晶のモニターを付けて、そこにCM流す会社を警察の天下り会社としてつくれば、多方面の方々が協力してくれるので大もうけですよ。究極の屋外メディアだぜー!

gq1023 at 07:21│
タイヤ談義右端に超ボケてますが