2009年06月28日

コンプライアンス・その1

コンプライアンスって言葉、最近よく耳にしませんか?法令遵守なんて訳されている場合もありますが、これは間違いです。今やほとんどの場合「コンプライアンス=いかにして法の抜け穴を突くか=法令遵守」となってます。アホかっちゅうねん?

コンプライアンスとは、そんな大げさなことではなくて「ちゃんとルールを作ってその通りにやりましょう」という意味なのではないでしょうか。

「新入社員は朝一番に来て掃除するのが当たり前だ!」や「先輩が帰るまで帰らないのが当たり前だろ!」なんて言うのはコンプライアンス上の問題発言。

ちゃんと「我が社では創業者が実践して来た社内顔見せ(入社から1年は朝30分の掃除を行って社員に顔と名前を覚えてもらう)を新卒・中途や雇用形態に関わらず、伝統としておこなっています」というストーリーをつくった上で「入社から1年間は社内清掃を実施」という暗黙ではない明確なルールをつくればよいのです。

「これを実現するための法律的な裏技ありませんかねえ?」っていう話しは、法の抜け道を探しているということであり、コンプライアンスの観点ではぜんぜんダメです。ホリエモンといっしょ。合法だけど…ってことです。

gq1023 at 08:38│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字