トヨタ夏は太る季節

2009年06月27日

マイケル

macマイケルと聞いて連想するものがかなりある。「What`sマイケルのネコ」とか「エアジョーダン」とか「富岡」とか「こ☆まいける改め妙龍(みょうりゅう)」とか「そんあこと言わナイケルとか言うマイケルとか…本当に沢山ある。ミハエル・シューマッハだって英語読みすればマイケル・シューマックだ。

でも、その中でもマイケル・ジャクソンはずば抜けていた。MTV(ミュージックテレビジョンであって三重テレビではない)で黒人のビデオが普通に流されるようになったのは彼のおかげだ。

BBC(英国放送であってびわこ放送ではない)のドキュメンタリーで、彼は「親族でない少年たちとベッドを共にする」と発言した。その際も「同性愛者でもなく幼児性向もない私が、一緒に住んでいる身寄りのない子供達と寝ることの何がおかしい?」と、真顔で答えていた。きっと本音であり、ストレートで真っ直ぐな彼の気持ちなのだろう。

ジャクソン5で売れてからは、黒人社会の複雑なお金の世界に巻き込まれ、ひたむきに音楽をしたいという気持ちは、周りの金欲に引っかき回され、家族と離れ黒人社会と縁を切るために白人改造を進め、顔が売れて外出して遊ぶこともできない不満を解消するため自宅に様々なアトラクションを用意して、そして彼はただひたすら真っ直ぐに音楽を愛した。

僕にとっては西宮球場で見たライブが唯一のライブアクトだった。アメフトでも競輪でも野球観戦でも行く馴染みのスタジアムだったが、彼はそのスタジアムを見事にステージに変えた。大阪球場でサイモン&ガーファンクルを見た時も驚いたが、そんな比ではなかった。帰りの阪急電車は、みんな小刻みにステップを踏んでいた。

10年程前、中森明菜コンサートツアーを終えた翌日、キャピトル東急で打ち上げした時、中森氏とエレベーターに乗ろうとしたら、デッカイ黒人に「ノーノーノー!(怒)」と追い払われた。「なんだこのやろー」と思ったのだが、しばらくすると「ハーイ,ソーリー」とニコニコ顔で手を振りながらマイケル・ジャクソンが現われた。そして投げキッスしながらエレベーターで消えていった。中森氏と「オーラとサービス精神の両方がすごいねー!」と一緒に感心したのを昨日のように思い出す。

今は西宮球場もキャピトル東急もないけれど、数少ないマイケルの思い出だ。50歳らしい。58歳でも若すぎると思った清志郎より若いじゃねーか!くそー…。でも、ありがとうマイケル・ジャクソン。あなたは本当に真っ直ぐでした。

gq1023 at 07:53│
トヨタ夏は太る季節