2009年06月26日

トヨタ

a66effae.jpg全国にあるトヨタのディーラー。この社長が集まる会があります。このイベントに昔参加したことがありました。これ、ただの販売会社の会合とは訳が違う。

まず彼らディーラーがすごいのは、地域の新聞社と放送局に大量に広告を投下しているので、彼らを自由に動かせること。下手すると、メディアのオーナーだったりします。だから政治家なんて、家来のように呼びつけます。

もっとすごいのになると、地元の百貨店とホテルとバス会社とタクシー会社とテレビ局のオーナーで、その地域の牛角と吉野家とピザーラと出光と本家かまどやは、全部私がやってます。なんてのもいます。

そして重要なポイント。これらディーラーの社長は、ほとんどがトヨタ本社での勤務経験があるのです。ディーラーの社長の息子は、跡を継ぐ前にトヨタで修行します。そこで組織体制と仕事の仕方を覚えるのです。だから、彼らは単なる田舎のオッサンではなく、世界一の自動車メーカーの仕事の進め方も知っているのです。

このすごいディーラーに商品を供給するトヨタ自動車の社長が交代しました。なんと53歳。先輩達が世界中に散財しまくった上で「この難局を乗り切るには創業家の力が…」といってブーンと丸投げされての登板です。

これから日本の産業界に、いろいろな意味で世代交代を訴えることでしょう。だって、60や70歳以上の人達と毎日一緒にご飯食べたりお酒飲んだりイヤですもん。やっぱ、同世代か若い世代がいいですよね。

ディーラーは、きっと一気に世代交代図りますよ。だって、この創業家社長と一緒に働いたことのある人たちが、どこのディーラーにもいるのですから。

これからは、彼より若い社長を就任させた会社だけがトヨタ自動車と仲良くできます。さあ、定年を超えても居座る役員達に占領されてる大企業にできるかな?

オバマは彼より年下だから、きっとかわいがられるな。ウン。

gq1023 at 06:46│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字