予想外の賞与減少幅にビックリ!「怒られたくない」という心理

2009年05月21日

電気自動車なんて昔から

634736c1.jpg電気自動車の技術は昔から完成されてました。だって、トロリーバスの電気供給源が蓄電池になるだけですからね。

だから電池の開発を待っていたかというとそうでもなくて、1970年の大阪万博ではEVタクシーとして200円で会場内の移動に使われていたし、1980年の沖縄海洋博でも使われてました。(写真:今の海洋博公園・電気バス)

それどころか、路線バスにもバンバン電気自動車が導入されてたんです。すでに戦中には燃料統制から木炭バスと同じように電気バスもあったし、80年代には各所でテスト車両による通常運行が行われてました。

ゴルフ場の電動カートに乗ったことがある人も多いでしょうし、高齢者用のシニアカーも電気自動車だし、電動車イスもそうです。技術は完成しているんです。

今の課題は充電ステーションの整備。今のところ技術的には約20分の充電で150km程度走行できる車両を400万円程度で販売できる所まで来ています。だから充電ステーションがあれば、公用車などは電気自動車に急速に置き換えられると思われます。

夜間電力を使えば、ガソリン換算で1リットル20円以下になります。

我が家では、本気で電気自動車の購入を考えています。その発売開始時期は7月との噂です。しかも経済産業省から補助が150万円ほど出るといわれています。

東京モーターショーは電気自動車&ハイブリッド発表会になると噂されていて、出遅れた海外各社は出展見合わせとなっています。メルセデスベンツやBMWまで出展しないんですよ。だってヨーロッパメーカーは環境ディーゼル重視でしたから。

もしかすると、次の日本カー・オブ・ザ・イヤーは電気自動車が初受賞するかもしれませんよー。頭の中に「電気自動車」ってキーワードは入れておきましょう。

gq1023 at 07:19│
予想外の賞与減少幅にビックリ!「怒られたくない」という心理