エコポイントって買い替え自体がエコじゃねーよ!ハーレー売れまくり

2009年05月17日

業務のギブアップは「早め&明確な理由」が基本

上司や先輩および取引先等に10個の指示を出されて、10個全部出来る人なんていません。ほとんどの人は80%程度が限界です。でも、残り20%の進捗状況報告は必要です。

ましてや予定の期日に催促されてから「はじめて自分がやっていない事に気づく」のは最悪です。その人間の存在自体が障壁になっています。

具体的な指示を出しても動かない人もいます。ほとんどの場合は「やり方が分からないけど人にも聞けないので放置」するのですが、「依頼した人が忘れる場合」を除いて放置したことに対して怒られることになります。

「怒られて終わり」なら良いのですが、「終わっていない仕事を急いでやる必要性」に「これから来る新しい仕事」が付与され「仕事の完成度が下がる」ことで「評価が下がる」という流れに陥ってしまいがちです。

これを防ぐには「できないことを言われた場合」は、「すぐにできない旨を明確な理由と共に伝える」ことです。ギブアップは早目が基本です。

例えば「明日は(具体的な作業名)があって20時からの作業になるので明後日は難しいですね。3日後に提出します。」とか、「やり方が分からないので先輩に教えていただきながら一緒に作業したいのですが。」とか、明確にギブアップを伝えるのです。

「分かりました。できるだけ早く提出できるようがんばります。」は最悪!ほとんどの人は当日中のことと思ってしまいます。こんなこと言っておいて3日後に催促されてから「ちょっと来週になってしまうのですが」なんて言ったら、もうアウトです。

仕事とは、お金をもらって請け負っている業務です。口頭でも指示を請け負ったら契約同様なのだと思って、契約不履行といわれる前にギブアップは早めに的確におこないましょう。

gq1023 at 09:24
エコポイントって買い替え自体がエコじゃねーよ!ハーレー売れまくり