モトバムホームページがリニューアル?地方自治体による制度融資

2009年05月09日

世界の常識が通用しない日本

ある技術メーカーに勤める外国人の友人から「なぜ日本の携帯電話技術は地下鉄車内で通話できるまでに至っていないのか?」と聞かれました。

「いや技術的にはクリアしているけどマナーの問題で普及していない」というと「技術のない国は常にそういう言い訳をする」と言い放たれてしまいました。

「地下鉄や電車の中で携帯電話を使うな」なんてバカなことを平気で言っている日本。今だに地下区間では駅でしか通話できません。

地下鉄なんて都会にしかない乗り物で、都会というのは国力を上げるために経済効率を追求する場所なのだから、世界中の大都市では通話できるのが当たり前。だから海外に行くと満員電車の中でも普通に通話してます。

ついこの間までは「満員電車の乗る場合はベビーカーを折りたため」なんてことを平気で言ってた島国なので、世界の常識といろんな点で大きく違うのは仕方ないですが、少なくとも一般的な常識を日本の人にも適応して欲しいと感じました。

とはいえ、「日本の携帯電話技術は遅れている」と感じている外国人が1人はいるという事実が、「日本という国の技術レベル全体が低い」と世界中から思われる要因になっているのではないかと恐怖を感じた出来事でした。

公共の場所は最高の技術発表の場ですから、国が誇る最高の技術をバンバン投入して欲しいもんです。

gq1023 at 06:29
モトバムホームページがリニューアル?地方自治体による制度融資