成功する権利は与えられているガサまでやって釈放

2009年04月24日

教育って

053553db.jpg教育という言葉があります。ほとんどの人が「うまく教えてくれたら育つのに・・・」と考えていますが、残念ながら世間に何かを教えてくれる人はほとんどいません。教育は「教わって育つ」つまり本人が学ぶという意味です。

ですから「うまく教えてくれたら育つ」と考えている人は、一生育ちません。まわりの教え方がまずいから今の自分があるのではなく、自分の学び方が悪いから今の自分がダメなのです。

うちの会社では、8時間耐久レースを教育の場ととらえた社員研修をさせて頂いています。たった4日間の騒ぎに、大の大人が何人も翻弄されるイベントに、チームスタッフとして社員が参加して、何かを学ぶという教育です。

そこに参加した社員の中には「あー終わって良かった」「せっかくの休日にバカバカしい」「社長の趣味じゃねーか」と思う人もいると思いますが、私はそこに行くまでの姿勢に注目しています。「どんな準備をして来たか」です。

もう、サーキットに着いた時点でできることは限られています。着くまでにイメージ練習しておかなければいけないのです。なのに、出たとこ勝負でやっている社員がいます。そんなヤツは4日間ひたすら命令されて帰るだけ。ただの奴隷です。

でも、事前にしっかり考えて来た社員は、毎日それを復習することができます。そしてチームの一員としての満足感が得られます。学ぶには学ぶための姿勢(準備・予習)が大切なのです。

「レギュレーション知りません」「バイクの知識ゼロです」「レースの映像すら見たことありません」なんてことを現場で言うヤツもいますからね。会社にはレースDVDまであるんですがね、まったくー。

gq1023 at 08:10│
成功する権利は与えられているガサまでやって釈放