「もったいない」と「置いてあるゴミ」日本版サブプライム・間もなく開始!

2009年04月22日

あの頃のオートバイファンはどこに行った?

f86bb204.jpg誰も信じてくれないけど、私をバイクの世界に導いてくれたのは六甲山とラジオの深夜放送です。

私の家は神戸・六甲山の中腹にありました。表六甲ドライブウェイまでバイクで約5分の場所です。そこはバイクファンのメッカ。毎日死ぬほどうるさいバイクが目の前の道路を駆け抜けて行きました。

そんな所に住んでいる私に、ニッポン放送がオールナイトニッポンという有名深夜放送で、オートバイスペシャルを放送したのです。ライダースクラブの根本健さんや世界GPの片山敬済さんが出ている番組でした。

そこでメインコンテンツとして放送されたのが、市販された直後のスズキRG250ガンマのエンジン音でした。本当ですよ。市販車のエンジン音がメインコンテンツとしてラジオで全国ネット放送されたのです。それほどのバイクブームだったのです。

ビビリましたねー。もうそれは完全にサーキットの音。私の乗っていたRZ250とは全く違ってました。カセットに録音して死ぬほど聞きまくりました。私は信じてます。あれは一時のブームでなかったことを。

ただ、当時のライダーは中型限定免許しか持ってないので、400ccまでのバイクに楽しいスポーツバイクがないと、みんな復帰できないんですよね。

なんとかバイクメーカーの力で、中型限定で600ccまで、原付免許で125ccまで乗れるように法改正してもらえませんかねえ?そうすれば、一気に盛り上がると思うんですが、いかがでしょうか?

gq1023 at 06:45│
「もったいない」と「置いてあるゴミ」日本版サブプライム・間もなく開始!