アメリカのダウ工業平均がさらに激落滑走路を3本持つ島「伊江島」

2009年02月24日

1日1万個サンプリングって

セールスプロモーション領域の仕事を20年近くやってますが、今だに「1日1万個サンプリングできますか?」って質問をよく聞かれます。

そんなの割り算で分かりますよね。8時間労働として1時間に1,200個配布なので、1分間に20個。ですから休憩なく1人が3秒に1個配布しつづけると、1日で1万個配布できます。

そんなの無理なので、2人でやると6秒に1個。4人なら12秒に1個。まあ常識的に考えれば、非常に魅力的な商品だとしても常時5人は必要となります。これに休憩要員2名を加えると配布スタッフが7名。そこに管理者とアシスタントの2名を入れると、1日1万個配布するには、おおよそ9〜10名の人員が必要です。

ってことは、会場費や衣装代等は別として人件費だけで1日50万円ほど必要で、運営マニュアルや道路使用許可や会場使用料や衣装代や装飾費用を入れると、下手すれば数百万円を超えます。

だからサンプリングって以外とお金がかかる作業なんですよ。でも、お祭り協賛や、我々がやっているようなレース協賛で入れば、なんと協賛費用だけでサンプリング可能。しかも、1万個なんて簡単に配布できちゃいます。

サンプリングをお考えの方は、ぜひ私どもに協賛イベント探しをご依頼ください!いろんな地域のお祭りをご紹介させていただきます。

gq1023 at 08:26
アメリカのダウ工業平均がさらに激落滑走路を3本持つ島「伊江島」