ITバブル再崩壊か?「座して死を待つ」より

2009年01月24日

報告・連絡・相談なんてクソくらえ!

dd7e28b9.jpgなんかの研修で「仕事は報告・連絡・相談だ」と習いました。でも、会社奴隷の人のあり方はそうかもしれませんが、人間のあり方としては間違っていると思います。

人間なら「とにかく思ったとおりにやる」。それでダメなら怒られる。少しでもダメな可能性が出た時に報告すればいいだけで、あとは勝手でいいと思っています。

私は社員に仕事で怒ることはありません。ただし明確な指示は与えます。自分に甘い人は、指示を実施しない言い訳を考えます。自分に厳しい人は、指示以上のことをやろうとします。でも、私にとってはどっちでも良いのです。
だいたい、どっちにしたって自分がやってないので、上がってきた仕事に100%満足できるわけないですから。そんなもん、社員それぞれの人生ですから、勝手にやってればいいんです。

問題が発生した時に「オレは聞いてない!」っていう上司いますよね。
こんなもん、伝えていたって「聞いてない」と言われればそれまでなんで「言った」って言い訳するのはバカバカしいので心の中で叫びましょう。
「こっちだってお前から指示受けてやってない!」と。「お前は問題解決法を考えろ!」と。

問題が発生した時は、聞いてたって聞いてなくたって責任は上司が背負うもの。ましてや問題解決をしなければいけない時に、解決策ではない話しをするのは時間のムダです。

報告・連絡・相談は、部下から上司に対してだけでなく、上司から部下に対してもなされるべきものです。でもできないんです。酒を飲んで上司と部下のコミュニケーションを試みる人もいますよね。無理です。迷惑です。サービス残業です。

きっと、一生懸命やってもやらなくても人生なんて終わるんだと思います。上司は必死にがんばる自分の背中を見せる。部下はその姿に(憧れて)黙ってついていくor(あきれて)離れていく。それでいいんじゃないでしょうか。

最後に、好かれる上司・先輩には、放っておいても情報は集まるもんです。

gq1023 at 10:27
ITバブル再崩壊か?「座して死を待つ」より