H&Mもセールですアメリカでは緑茶がブーム

2009年01月19日

ウォルマートのスマートネットワーク

4d4aebfa.jpgウォルマートが昨年発表した最新型デジタルサイネージ「スマート・ネットワーク」を見に行って来ました。

プレスリリースによると、1千万ドル(約9億円)と2年の歳月をかけてインストア・デジタルサイネージの最適値を導き出して、今回導入することとなったと昨年9月に発表されていましたが、正直言って効果薄いです。

以前と同様に店内各所に設置されたモニターは、ほとんど誰も見てません。ただし、キャッシャー前に設置されているものは、レジの方々のカウントが遅いこともあり、一定の効果を上げていると思われます。こちらも以前と同じです。

ただし、以前よりブラックベリーが普及したために、キャッシャー前で携帯電話を見ている人が多くなっているのです。だからキャッシャー横のモニターを見ない人が増えていて、結果的に効果を下げている可能性があります。

現状の感じでは、インストア・デジタルサイネージは、お店自体の次回販促PRにはつながっていますが、商品購入に結び付けるには、まだまだ値引きとの連動が不可欠でしょう。ただし、「ウォルマートのお勧めする一押し商品はこちら!」なんて形の広告は効果絶大でしょうから、日本でも流通側が独自コンテンツを制作して「自社の一押し商品コーナー」などを放映するならば効果があるかも知れません。

とはいえ、放映開始から11年目を迎えたウォルマートTVが、まだまだ発展を目指して続けていることには感動しました。

gq1023 at 10:08│
H&Mもセールですアメリカでは緑茶がブーム