縁起熊手をゲットタイの空港閉鎖による旅行保険適用範囲は?

2008年11月30日

アメリカの本当の怖さとは

06213d89.jpgこのビジュアルはダミーです。でも、星条旗の元にキャデラックが描いてあって、アンクル・サムが「Buy USA」「I want YOU」と言っていたら、多くのアメリカ人は徹底してアメリカ製品を買うようになるでしょう。そこには理由もへったくれもありません。そういう国なんです。

カーディーラーにも、スーパーマーケットにも、百貨店にもポスターが掲出されていたら、もう他の国の製品は全く売れなくなることでしょう。とにかくアメリカ人は、星条旗が好きで、アンクル・サムが好きで、ゴッド・ブレス・アメリカを歌うのが好きで、ようするにアメリカという国の全部が好きなんです。

もし日本で、トヨタが経営危機なんてことになったら、「輸入車差し止め」とか「大幅関税アップ」とかになるのでしょう。でも、アメリカでは「外国製品不買運動」ではなく「アメリカ製品購買運動」で、アメリカ製品支援の目的が達成できてしまいます。オバマ就任とともに、こんなポスターが米国中に貼りだされたら、日本製品はどうなってしまうのでしょう?

日本人も、とにもかくにも日の丸が好きで、君が代が好きで、日本のすべてが好きと思えるような国をつくっていかないといけないですね。

gq1023 at 09:28
縁起熊手をゲットタイの空港閉鎖による旅行保険適用範囲は?