「怒る」と「憤る」は違う!あなたの会社の会議は楽しいですか?

2008年11月14日

エスカレーターでどちら側に乗るべきか

a53c70ed.jpg大阪では非常に歩いて乗る人が多いエスカレーター。関西弁ですぐにイライラする人のことを「イラチ」と呼ぶのですが、そもそも関西人は半数以上が「イラチ」なので、エスカレーターに乗っている間も、かなりの人が歩きます。

だから、必ず歩く人のために片側を空けるのですが、関西では左側を空けます。関東では右側ですよねえ。では、どちらを空けるべきか分からなかったので、業界団体に確認してみました。

そうすると、何と「エスカレーター上で歩かないように指導している」という答えが返って来たのです。社団法人日本エレベーター協会(業界団体)では、階段型エスカレーター(動く歩道以外)での歩行はしないように指導しており、そのためのシールも作成して配布しているとのことでした。

要するに、あの駅などで流れている「お急ぎの方のために○側をお空けください」という放送やサインは、まったくのデタラメだったのです。誰だ!こんなデマを流しているのは?

それどころか、「構造上、センターに応力がかかるように設計しているので、左や右に寄って乗るのではなく、センターに乗るべきもの。」との回答もいただきました。なんと、真ん中に乗るが正解だったのです。そして「乗っているときはベルトをつかむのが原則」らしいので、真ん中に乗って両手でベルトを持てば完全に正しい乗り方となります。

むかし、BMWの人に「左ハンドルと右ハンドルってどちらがいいんですか?」と聞いたときに、「真ん中さ。F1のようにね。」と軽く言われたのを思い出しました。その瞬間は「ああレース用のF1か」と思ったのですが、なんとBMWでは「F1」という1億円の市販車を販売していた(いる)のです。確かにセンターハンドル。

エスカレーターと車はセンターに乗ろう!

gq1023 at 07:35
「怒る」と「憤る」は違う!あなたの会社の会議は楽しいですか?