企画書は誰のためにある?!「怒る」と「憤る」は違う!

2008年11月13日

「大人とおやじは全然違う。」

7e8a1bc2.jpgスバルのインプレッサ。モデルチェンジの際に、なぜか日本だけセダンが発売になってませんでしたが、満を辞して登場しました。

このクラスは世界の標準サイズであり、シビックやインプレッサは5ナンバー枠を超え、カローラは日本以外の車台をリニューアルして大型化しています。現行のアウディA4の幅はなんと1,825mm!クラウンロイヤルサルーンより30mmも大きくなってます。

そんな力を入れているクラスだけあって、広告コピーもかなり気合が入っているものばかりです。

「優雅なる俊敏へ」メルセデスベンツC-CLASS
「3シリーズを超えられるのは、3シリーズだけである。」BMW3シリーズ
「見過ごせない、違い。」アウディA4
「新しい尺度。」トヨタカローラアクシオ
「爽快な感動を満たした新基準。」ホンダシビック
「セダンにモダンなインテリア。居心地の良い上質。」日産ティーダラティオ

スバルといえば海外では高級ブランドとして高い人気を博しているブランド。だから、海外メーカーに負けないコピーかと思ったのですが、なんと「大人とオヤジは全然違う。」と来たもんだ。
なんじゃそれ?


gq1023 at 08:35
企画書は誰のためにある?!「怒る」と「憤る」は違う!