最低必要な賃金とは?今年の8耐の目玉マシンがヤフオクに・・・

2008年11月12日

アメリカのお金持ち統計

アメリカのお金持ち統計に関する本を読んでいるのですが、年収10万ドル以上の人は、大別すると借金型と無借金型に分かれるそうです。

借金型は、羽振りが良さそうに見えて車はリース&自宅は高級賃貸orローンで購入といった形で、金融機関にお金を貢いでいるタイプ。

無借金型は、一見すると普通の生活者なのに、なぜか自宅が高級住宅街にあり、子供に高額な教育費を使っていて、豪勢な旅行を楽しんでいるタイプとなっています。

借金型は医者・弁護士・証券マン等に多く、無借金型はブルーカラーと呼ばれるエリートサラリーマンや資格保持者ではならない仕事に多いとのこと。

その調査によると、借金型は70%以上が過去5年以内に6万ドル以上の車を購入していて、無借金型は83%が5万5千ドル以上の車を過去10年以内に購入していないとなっていて、保有資産では借金型が借金を支払うとほとんど資産がなくなるのに対して、無借金型は大量に資産を保有しているのだそうです。

ただ、どちらもに共通しているのは「上場株に投資しない」こと。使える資産の10%以内しか上場株に投下していないという層が70%以上でした。余裕があるなら自分の仕事に投資するということだそうです。

たぶん今回のサブプライム危機も、これら富裕層には関係ないんだろうなあと感じました。上場株は余った金で買います。ハイ。(余らないけど)




gq1023 at 07:07
最低必要な賃金とは?今年の8耐の目玉マシンがヤフオクに・・・