ライディングスポーツ走行会はこんな感じです南北戦争当時の無名兵士の唱

2008年10月28日

株価急落と資金繰り

85fcf63c.jpg株価が心理的な下げ止まりラインを大きく突破しました。ロイターのボードには、もう値上がりしている国なんて、ほとんどない状況になってしまいました。マネーがどこかに流出しているのではなくて、消えてなくなっている状況です。
http://jp.reuters.com/investing/worldMarkets/indices

じつは今週末は10月31日。一般的な3月決算企業の半期末は9月末ですから、今週末が上期最大の決済日となります。

上場企業は時価総額を担保にしてキャッシュを運用していますから、株価低迷はキャッシュの減少を意味します。だから先週末までは様子見だった各社も、昨日の月曜日は株価低下を止めて、決済に必要なキャッシュを確保するため、預金で自社株を買う「買い支え」をしていました。どんなに売っても突破できない壁。つまり防波堤を用意したわけです。

昨日は午後1時ぐらいに、市場で推移している株価の少し下の値で、大量に買い注文が入っていた会社が多く見られました。それが買い支えです。

ところが、値下げ圧力が強すぎて、その防波堤を一気に突破してしまいました。というよりは、その買い注文を見て、投げ売りしてでも現金化したい人々が大量に売りを出したのです。というのも、買い注文が大量になければ売りたい人も売買が成立しないわけで、大量に株を保有している人は、売るに売れず困っていたのです。

問題は買い支えした会社です。自分達の預金で株を買ったものの、それよりも価値が下がってしまいました。でも金曜日が決済日なので、どこかで必要なキャッシュを用意する必要があります。そうすると株を売らなければいけません。そうです、自社株を買っただけなのに、預金が目減りするのです。

上場企業による倒産の届出は、週末or週明けに行われます。そしてもう一つ多いのが月末or月始。悪夢の三連休となるのか?それとも株価急上昇で一息つくのか?当日決済可能な時刻は14時。つまり金曜日の13時頃が今回の最も注目したいタイミングといえます。

なのに!残念ながら、私は出張で飛行機に乗っているので、値動きが見られません。残念!(波田陽区<渡辺プロ>)

gq1023 at 05:39│
ライディングスポーツ走行会はこんな感じです南北戦争当時の無名兵士の唱