札幌から帰ります!東証急落!Big Chance!

2008年10月16日

売れてない車・売れてる車

8abe9419.jpg自動車が売れないという記事を良く目にしますが、いえいえ売れてます。ただし軽自動車中心。普通車でもホンダフィットが前年の倍を販売し続けてトップ独走中です。小型車は売れているのです。問題は売れない高級車の存在です。

たとえば輸入車。4-9月の上半期で、すでに13%以上も落ち込んでいます。トップのフォルクスワーゲン(以下VW)ですら上半期の合計販売台数が2万台を切る状態。1万台以上販売したのは、VW・Mercedes-Benz・BMWの3社だけで、その次の輸入車4位にはトヨタが入ってしまっている状況です。

でも、じつはニーズが分散しているだけで、一部のブランドに人気が集中することがなくなったようです。その証拠に、ハマー・マセラティ・キャデラックといったメーカーは、販売台数を激増させています。

しかも、それらのメーカーにはライバルがなく、誰とも戦っていないので、自由な発想の車両開発が行われています。別の言い方をすると、最初から大量に売ることを前提にして開発していないといった感じです。

先日発表になったフェラーリのボトムライン「フェラーリカリフォルニア」なんて、なんとフロントエンジンの2シーター。すでに日本では発売前だというのに2011年分のオーダーまで埋まっているそうです。FRフェラーリは気持ちいいですからねえ。

フェラーリって、ディーラーに車両本体価格の全額にプレミアムをつけた金額を入金しても納車されるのが2〜3年後という車なのに、ずーっと売れ続けています。
価格も2千万円中盤からなので諸費用は6百万円以上。ディーラー車検の基本整備費用も2百万円を超えます。

でも売れるんですよ。こんなもん1500万円だって1000万円だって高いのだから「え〜っい3千万円にしとけ!」って値付けしてると思いますけど、買う側も大金持ちだから「いくらでもいいぜー!」と払うわけです。

対するメルセデスやBMWは安いラインを出した上に、ローンや残価設定型ローンといった、高級車に乗るだけの貯蓄や収入のない人にも売ってしまったために、ディーラーに一般の人が来るようになり、店内の雰囲気が大金持ちに耐えられない環境になっているのではないでしょうか。

高級車を売るのならローンをなくして、カタログも5万円以上で販売して、商談コーナーをガラス張りの外から見える場所にすれば、一般人は入れない成り金が超喜ぶスポットができるのではないでしょうか?大挙して押し寄せますよ。彼らは不特定多数から「金持ち!」と見られるのを喜びますからねえ。

そう、バブルの頃のディスコに必ずあったガラス張りスペース「VIPルーム」です。高級車メーカーは成り金の財布をゲットしろー!



gq1023 at 07:34
札幌から帰ります!東証急落!Big Chance!