カエルの顔の鳥最近問合せが多い住宅ローンについて

2008年10月03日

雇用に関する手続き

6ca31006.jpg社員1名が9月末で退職したので、退職に関する手続きをしてきました。通常は退職した社員に行ってもらうのですが、今回は自分でやりました。

まず、五反田にある社会保険事務所に届出を提出します。いわゆる厚生年金&健康保険を辞める手続きです。もちろん健康保険証の返却も行います。用紙1枚提出するだけになんと30分待ち。そして提出にかかった時間は1分でした。

続いては六本木一丁目にあるハローワークに移動。ここでは雇用保険の手続きを行います。ここでなんと2時間待ち。そして順番が来てもダラダラと話しをされて30分もかかりました。

移動時間も含めると合計4時間。午後の作業がすべて吹っ飛びました。天下り先確保のために組織が分離されているために浪費した時間です。

今はでは社員入社の際には、社会保険事務所で健康保険証の即時発行ができたのですが、これも何やら新しい天下り先「協会けんぽ」が誕生して、即時発行すらできなくなりました。ばかばかしい縦割り行政。

「社会保険と雇用保険はセットなんだから、同じ場所で一気に手続できるようにしろ!」そもそも、こんなめんどくさいシステムがあったら、サラリーマンの中から起業するヤツなんで出てこないって!

gq1023 at 23:53│
カエルの顔の鳥最近問合せが多い住宅ローンについて