監督は大物らしく鈴鹿300km耐久ロードレース終了

2008年06月08日

決勝ゴール!

be2f2d49.jpg帰ってきました、ゼッケン53番。みんなでガッツポーズでライダーを出迎えました。みんなよくやってくれました。

そして、ピット前で撮影する私に、池澤監督が「良かったですね」と握手してくれました。白状します。ちょっとうれしくて涙が出ました。

gq1023 at 16:49│ バイクレース(含む8耐) 

この記事へのコメント

1. Posted by ichi   2008年06月09日 08:57
お疲れ様でした。
店長がドクターストップだったのは残念でしたが何とか完走出来て良かったですね。
1番悔しかったのは店長だろうなぁ…

切り替えて8耐での激走楽しみにしています。
2. Posted by Hippo大野   2008年06月11日 00:37
5 やはりライダーは乗れないことが一番悔しいと思います。でもその悔しさをライダーとチームメンバーが経験できたことが、一番の収穫ではないかと思っています。

本番の8耐では、1人でもドクターストップになればリタイヤです。だからこそ、ここでこの経験をできたことは、必ず本番につながると思いました。
監督は大物らしく鈴鹿300km耐久ロードレース終了