GP250クラス決勝鈴鹿300km宿泊予約

2008年05月12日

レースを見て感じたこと

513d685c.jpgここまでの全日本ロードレース選手権の2戦は、チームであるモトバムさんがマシン開発のために出場したレースでした。8耐をモトバムさんでお願いすることから、観戦しましたが、とにかく豊富な資金力と組織を持ったチームがライバルであるということがよく分かりました。

一見同じに見えるマシンですが、ホンダワークスのマシンは、レバー一つから素材が異なります。もちろんシートだってサスペンションだって、すべてプライベートチームとは異なるものが使われています。

さらにライダーには契約金が支払われており、ピットクルーは給与をもらってレースにやってくる職業クルーなので、テストもレースも同じメンバーです。もちろんレース期間中の3食はマネージャーがしっかり仕切ってくれます。

それに対してプライベーターは、テストは基本的にライダーが自分で運んで・走って・また運んで帰って来る。ピットクルーは当日空いている仲間達が手弁当で参加。宿泊はトランスポーターの中。といった状況です。

だからこそ、まずはお揃いのユニフォーム調達。(コストの問題があるからポロシャツとかTシャツとかですが)
そして、チームミーティングができる場所の確保。(まあ居酒屋でしょうな)
さらには、宿泊先の確保。(ウイークリーマンションでしょうか?)
それらが、私の役目なのかなあと思いました。とにかく、お金がかかることだけは確かです。

gq1023 at 06:18│ バイクレース(含む8耐) 
GP250クラス決勝鈴鹿300km宿泊予約