ドライバーズサロンで次々ごあいさつさあ8耐決勝です!

2007年07月27日

鈴鹿・準備風景

e19d0217.jpgピット以外はというと、来るべき土日のイベント開始へ向け、準備に大忙しです。早速ホンダブースへ行って遊んできました。跨っているマシンはCBR1000RRで、今年は37チームが、このマシンで参加しています。排気量は998ccで重量は160kg程度。ホンダの軽自動車「ライフ」は、排気量は658ccで重量が900kgですから、強烈に早いことがお分かりいただけることでしょう。ちなみに金額は120万円程度です。

各チームは、このバイクのヘッドライト、ウインカー、バックミラー等がはずされた状態のバイクを100万円程度で買って来て、いろんなパーツを付けてレース仕様にします。下記アドレスのように、レースできる状態まで仕上げて売ってくれるところもあります。この状態で時速300km以上出ます。恐ろしやー!
http://www.motobum.co.jp/bike/07cbr1000rr/07cbr1000rr_jsb_rc.html

こいつに、以下の耐久レース用部品をくっつけて、さらに夜間走行用のライトをつけると、一応参加できる状態になります。
http://www.honda.co.jp/HRC/products/kitparts/cbr1000rr2006_kit/endurance/index.html

あとは、タイヤ交換用のホイール、ブレーキディスク、スプロケ(歯車)の前後セットを5セットぐらい買って、転倒しないで最後まで走りきれば、タイヤ代を含めて500万円ぐらい(当然宿泊は運搬車両の中、食事は全部カップラーメン)で、ぎりぎり参加できるレースです。

ただし、タイヤ交換用のスタッフを前後で4名。ガソリン給油用スタッフを2名。監督を1名。以上合計7名のメカニック兼任スタッフを探して来て、その方々に自腹で鈴鹿往復(宿泊&食事はライダー帯同)してもらう必要があります。

gq1023 at 10:21│ バイクレース(含む8耐) 
ドライバーズサロンで次々ごあいさつさあ8耐決勝です!