2013年05月

2013年05月31日

「問責決議が出た場合、辞任のお考えは?」

ebb1ec3c.jpg大阪市議会で、橋下市長に対して問責決議案が提案され否決された件、どう思います?私ね、問責決議案の「一連の発言が市政を混乱させた」っていう意味すら分からんのです。だって発言が市政と何の関係もないもん。

クリントンさんが大統領の時にね、ホワイトハウス実習生と不倫関係にあるって大騒ぎになった時も、何か最後は実習生の服に精子がついているけど、DNA鑑定の結果も「別人のものである確率は欧米人で7兆8700万人に1人」ってなったけど、精子の飛ぶ位置に彼女がいたってだけなので、大統領は無罪みたいな結果で終わったんですよ。

横山ノック氏が大阪府知事時代に、選挙カーの中のウグイス嬢のパンツの中に手を入れたって件も、別に大阪府議会がノックさんを追い出したんじゃない。府政は混乱してないからね。まあ大阪府民も「あの人なら触るやろう」って言ってたしね。

大阪市議会の問責決議案出した人々って、橋下市長が問題発言しない人だと思ってたのでしょうか?その前に大阪府知事やってた時に、大阪都構想ってのを出して、知事と市長のダブル選挙やったのとかって、覚えてないのでしょうか?

市政を混乱させてるのは市議会でしょ。問責決議が通れば、常識的に考えて辞任して市長選ですよねえ。そんなもん常識。さいわい夏に参院選があるから、同時選挙にすればコスト的にも問題ない。当たり前ですが、次の市長候補者を擁立してから問責決議案をだすべきなんですよ。

人材なんていくらでもいますよ。元吉本新喜劇の座長だった船場太郎さんは元大阪市議会議長。前市長の平松さんだって、元MBSアナウンサー。元国会議員の西川きよし師匠もいる。何にもやってないけど、上岡竜太郎師匠や島田紳助師匠もいる。声がけしてないの?

日本維新の会は、次の参院選はボロ負けです。ボロ負けしてでも橋下を追い出したいって勢力が山のようにいるから、こんな風に橋下さんは孤軍奮闘になる。だけど、維新の会の現役議員なんて、橋下人気を頼って来たヤツらばっかりですよ。

政治家ってのは会議が仕事になってる。でも世の中で会議ってのは仕事じゃないっすよ。あれは命令を通したい人が召集すれば意味があるけど、みんなで意見を出し合うのは、暇つぶしとか世間話しって言うんです。企業にある定例会ってヤツもそう。

「国会は大した意見の違いもないので、会期を短縮することで与野党合意しました」なんて聞いたことない。グダグダやってダラダラ時間が過ぎて、議題も路上でキスするなとか言ってるうちに時間がなくなって、会期延長だって言い出して、認められないと審議拒否とか言ってズル休み。なんじゃそれ?

記者もバカだねえ。「問責決議が出た場合辞任するお考えは?」って聞くから、「もちろん市民に信を問うことも選択肢の中にある」って言いますよ。喧嘩上等ってタイプなんだから。それで橋下さんが当選したら、市議会には総攻撃かけますよ。あの石原軍団ですら黙ってるって言うのに、いらん事言い過ぎですわ。

私は、一連の問責決議案に関する市議会の混乱について、市長・マスコミ・市議会議員を含めた全体に対して、問責決議案を出したいと思います。全員いらん!

gq1023 at 08:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

今回の株価急落は他と違う

また株価が急落しましたねえ。日経平均で1万5千円を超え、今まで手控えていた個人投資家が買い始めた瞬間、1万6千円が見える位置から、一気に1万3千円へと急降下しました。大損してる人も多いことでしょう。

今回の株価急落ですが、今までと大きくことなる点があります。それは理由がないこと。リーマンショックや東日本大震災ショックとは全然違う。簡単に言えば、単純な利益確定売りで、ここまで下がるってことです。

いろんな方に「今回は中国の動向で下がったんですよね」なんて言われるんですが、いえいえ、あの日の出来高って東証一部だけで75.5億株以上と過去最高ですよ、中国の動向なんかで、過去最高の売買が行われるほど、日本は中国の影響受けてません。

ブラックマンデーって言う、なんだか明確な理由がないまま世界同時株安になった事があるんですが、今回は世界とも関係なく日本だけ株安。かなり珍しい状況です。

この月曜日にスタッフにも言ったんですけどね、今回の株安は簡単に言うと「利益確定売りショック」って感じ。6ヶ月上がった物を、一気に放出したって感じです。言ってみれば「理由なき急落」って感じ。ちょっと今までとは異なる流れです。

これだけの量が売られるんだから、思いっきり日本からマネーが逃げてる。利益確定売りだらけ、うーんちょっと様子見ってのが正直な所です。どんな事になっちゃうんですかね?

gq1023 at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月30日

8耐用バイク

96dc60b0.jpg何の目途もないまま参戦表明だけやった8耐。ありがたいことに「バイク売ってもいいですよ」とのお申し出をいただき、2晩悩んで買わせていただくことに決めました。

今私たちの手元にあるのは、素晴らしいフレームとスイングアーム各1個。ホンダレーシングの市販キット部品が組み込まれたエンジン1台。壊れた耐久レース用タンク1個、ブレンボの一番高いモノブロックブレーキ1セットです。これでは車体に前輪が付きません。

前輪をつけるにはフロントフォークってのが必要ですが、レース用のスペシャルは150万円します。しかも、それを車体に取り付けるステムってのも必要です。その上、私たちの手元には外装がない。これも作らなきゃです。

これから九州のオートポリスでレースに出発だと言ってるバイク屋のモトバムさんに無理を言いつつ、なんとかかんとか目途をつけようとしています。

だけど、1か月後には地元筑波の全日本ロードレース選手権があって、モトバムさんにはたくさんのお客様から、オーバーホール等の依頼が舞い込んでます。そんな中で、8耐のバイクづくりをお願いして、申し訳ないのが半分、でも好きだからうれしいでしょって気持ち半分で接してます。

うちにもレーサーとの共通部品はほとんどないですが、ステップやシフターやサイレンサーが使えそうなノーマルがあります。BPFフロントフォークを借りられれば、なんとか2台組み上げられそうです。あとは、資金のあるライダーさんやスポンサー探しです。

ホテルの手配も終わりました。参戦表明から3日目、自分が何をやるわけでもありませんが、意外と結構本気です。

gq1023 at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バイクレース(含む8耐) | 沖縄・石垣島

長期金利の上昇と住宅ローン

家も車もお金持ちってのは、現金を見せて相手の足元を見て安く買い叩きます。お金のない人は、銀行から借金して相手の提示金額で購入します。

アベノミクスは物価上昇施策なので、当然のように物価上昇します。おかげで長期金利が上昇し、住宅ローンが6月にもアップすることになりました。12月と比較すると、0.3%の上昇です。

35年ローンってのは、25年ローンが上限だったときより、金融機関は飛躍的に儲かります。4000万円を借りて金利3%だと、25年ローンなら金利は3000万円、35年ローンなら4200万円。ローン期間を伸ばすだけで、1200万円も利益が増える。均等払いなら前者が23万超で後者が19万超。月々の負担は4万円程度しか変わらないのに、銀行はボロ儲けになるのです。

だけど、ほとんどの人がフルローンを組む。といっても前倒しで払う方が大半なので、平均すると20年以内で完済される方が多いですけどね。ただ、そんなの知らず、ただ払ってる人もいる。私もそうです。

今はこの金利が上昇局面です。これ3%が3.5%になったらどうなると思います?金利は、25年で3500万円、35年で4900万円に上昇します。しかもこの先、消費税アップも予定されてますから、今は本当に重大な転機なんです。

変動金利で借りてる方などは、金利が0.5%増えるたびに、月々の支払いが2万円増える。ものすごい問題です。

以前も借り換えをお勧めしましたが、住宅ローン保持者は、今こそ真剣に考えないと、物価の上昇とともに金利上昇に見舞われ、生活が破綻する危険性もあります。金利が2%上がれば、月々の支払いが8万円も増えるのですからね。

珍しくまじめなお話しでした。

gq1023 at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月29日

松下ヨシナリさんが事故死

私は、松下さんはてっきり初音ミク仕様の電動バイクで走るために、マン島へ行ってると思ってました。そういう発表しか見ていませんでした。だから、最後の映像を見た時に、「えっ!スズキのマシン?」と思いました。

しかも車体に「Tyco」って書いてある。そう「Tyco SUZUKI TAS Racing」です。ヨシムラから8耐に参戦してたジョシュ・ブルックスを乗せてBSB戦ってる英国SUZUKI最強のチームですよ。マン島TTでも優勝回数多数。そう、彼はそこのライダーとしても参戦してたんですね。

それどころか、じつは松下さんはSS600・SBK・SST・Senior TT・TT zeroの5カテゴリーにエントリーしてました。そんなすごい事になってたんですね。

今年ルマンやろうと思ってて、その話しを聞こうと思ってたんですよ。解説者としても一級品ですからね、出場経験がある人の中で、ライディングから生活まで聞ける人っていないわけですよ。マン島だって、生き字引だった。

お仕事って、イベントMCもやるし、グラフィックデザインもやるし、モータージャーナリストでもある。とにかくマルチプレーヤー。

2009年のマン島で大クラッシュして大怪我しててね、翌2010年にモータージャーナリストの伊丹孝裕さんが「マン島行くんです」って聞いた時に、ちょっと絶句してから「死にますよ」って言ったんです。

そしたら伊丹さんは「だから行くんです。行くために国際ライセンス取った」ってね。いろんなレースを見ているジャーナリストを魅了するんだから、驚くほど魅力的なレースだと思うんです。だけどやっぱ危ない。だって公道ですもん。

電信柱にスポンジ巻いてあるだけですよ。ポストや街路樹があるんですよ。そこを時速300km近くで駆け抜ける。縁石もマンホールも石垣も全部ある。白線引いてあるし道路工事跡もあるのに、そのデコボコ路面をジャンプしながら走る。すっごいわけです。

そんな所で5カテゴリーですか・・・。SS600は2レースかるから6レースも走ろうとしてたんだ。松下さんすごいなあ。今はただ、ご冥福をお祈りいたします。



gq1023 at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年 フォーミュラE始動!

9af8f1ff.jpg来年から電気自動車のフォーミュラレース「フォーミュラE」がはじまります。

遊びのレースではなく、本気のレースで、参加チームは10チーム。すべて市街地コースで行われ、現在ロサンゼルス・ロンドン・ローマ・マイアミ・北京・プトラジャヤ・ブエノスアイレス・リオデジャネイロがFIAの開催リストに載っています。

すでに2チームの参戦が発表されていて、イギリスのドレイソンレーシングと、中国のチャイナレーシングが決定。あと残る枠は8枠です。

ドレイソンはマクラーレンと組むらしいし、チャイナレーシングはスーパーリーグフォーミュラやFIA GT1をやってるので、レースはお手の物。そもそも、中国で大々的に放送されるわけだから、商業的な成功は確実視されています。

ダラーラやマクラーレンが車体を設計し、タイヤはミシュラン、すでにルノーも関与を表明しています。すでにロサンゼルスでのデモランも終えてます。

すっごいですよね。しかし、ここに日本が出遅れてることに注目する必要があります。どこにも自動車メーカーの名前や家電メーカーの名前が出てきません。そして日本レースファンはフォーミュラEの存在すら知りません。それどころか、F1に参戦するってメーカーまであります。

Google本社に行くと、山ほど電気自動車が並んでます。もう目も前に電気自動車の時代は来ています。ここに参戦しないで、クールジャパンなんてありえないんじゃなっかとも思ったりするのですが、国会議員は都議選と参院選に必死のようです。

あー、こういうのに出遅れるのが日本なんだよなー。TPPもそうだったしなー。国で予算つけて、インパルやナカジマレーシングに戦ってもらいたいと思ったりしてます。



gq1023 at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月28日

橋下氏の話しを引っ張る必要があるのか?

25047ce2.jpg大阪市長の橋下氏の発言を、なぜか毎日メディアは取り上げているのですが、維新の会で国会議員の人たちは全く出て来ない。あの暴言大好きのお年よりすら出て来ない。

維新の会って、他にもいっぱいいるんです。平沼赳夫・片山虎之助・藤井孝男・西村眞悟・中山成彬・中山恭子・東国原英夫なーんて調子。あれ、それって維新の会でしたっけ?って名前だらけでしょ。そうなんですよ、そんな事になっとるんですよ。

だからね、密かに党内で内紛がおきていて「衆院選も終わったし、あんまり役に立たなさそうだから、なんか問題発言あったらアイツ追い出そう」みたいになってるんじゃないかと思ってます。

だって、誰も擁護しないでしょ。これだけ大物議員がずらーっといて、国会期間中に全員黙ってるわけがない。それが全員無視。これだけシカト決められるってことは、相当嫌われてると思うのです。

記者だって、誰にも文句言われないなら書き放題ですよ。アメリカ軍なんて占領下の日本に大量にGIベビーを発生させた。横浜や沖縄には何人いたのか正確な数字が分からないほどいたのです。こんなもん、堂々と日本人は非難するべきでしょ。

朝鮮半島の従軍慰安婦問題は、朝鮮の人身売買の手引きやってた人々が悪徳だったって話しですよ。日本敗戦のドサクサにまぎれて、お金払わなかったとかね。だけどね、強制連行じゃない。新聞広告出して募集してたんだから。

従軍慰安婦問題って、吉田清治って人が書いたフィクション小説「私の戦争犯罪」を、朝日新聞の記者が事実あった事のように報道してはじまってる。だけど、作者の吉田氏自身が「あれはウソです」って言ってるんですよ。

よく出てくる「これが朝鮮の慰安所だ」って写真には英語が書いてある。大日本帝国軍の慰安所に英語なんてないに決まってるでしょ。そう、朝鮮戦争時にアメリカ軍が設置してた慰安所です。

いつか言わなきゃいけないことがある。それを言うには勇気がいる。言った人を叩く前に、その人の発言内容を冷静に判断&分析し、さらに歴史的な知識を身につけた上で、自分自身の意見を持たないと、政争やメディア操作に流されてしまうのではないかと危惧してます。

gq1023 at 05:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

8耐なんていい思い出しかない

9ceb01a1.jpg2006年に金淳一選手のスタッフとして参加させてもらって、はじめてコースターってトランポにバイクと機材積んで8耐行って、何の問題もなく完走しちゃって、何かあっけなく終わったんだけど、何もおきなかったから、スタッフもライダーも深い交流のないまま終わっちゃったんです。

だから2008年は、予選落ちでもいいから楽しい8耐をって事で、モトバムってバイク屋さんのバイクを借りて参加。本番直前に、楽しそうなチーム名をってことで、金選手が「石垣島マグロレーシングだ!」って命名!

胃のキリキリ痛むような予選落ちボーダーラインの戦いをして、計時予選で62台を選出っていう中の62位になったんだけど、海外遠征組のシード権ってのにやられて予選落ち。

悔しくてねえ。第一ライダーは、予選の事故で第二ライダーがいなくて困ってたチームに移籍。ライダーの移籍って決勝日の朝までできるんです。ただし、出場できるのは国際ライセンスを持つ選手のみ。つまりエントリーしてるチームの中からしか無理。

初日に移籍のルールを各ライダーにも説明してたんです。予選落ちの場合は、他に移籍して走ることも可能ですとね。だけど、実際に移籍されると気持ちは複雑ですよ。ただ、決勝中に「怪我した選手は頚椎をやってヘリで運ばれた」って聞いてね、感極まって泣いちゃった。その方も完走してくれました。

2009年は出るつもりなかったけど、モトバム監督の池沢さんが「今年は金はいらんからやる」と言って、自分も「だったら去年より払う!」って言って始動。当時は前哨戦で鈴鹿300km耐久レースってのがあって、その朝はみんな必死に作業やってました。

その日って、その前哨戦への乗り込み日だったんです。みんなが作業してる最中に池沢さんが倒れて救急車が来て大騒ぎ。だけど、とにかく作業は続けないと間に合わない。そしたら「池さん亡くなった」って連絡が来た。そんなのレースなんて中止ですよ。

そしたら、日本中から鈴鹿に向かってたチームやライダーやサプライヤーが、一路東京へと向かい、小さなバイク屋にいっぱい集まってくれて、励ましてくれるんです。池さんの遺志を継いでいかないとねって。だけどライダー2人が走れるような雰囲気じゃない。

ところが夜中0時半、ライディングスポーツ青木編集長の「出たほうがいい」ってコメントが出て、社長のヤスコさんが大泣きしながら「何?出ないの?なんで?コイツの話しなんて関係ないから今すぐ行きなさいよ!」って言われて、緊急出発ですよ。

前哨戦は完走。そして本番はというと、いきなり最初のピットインで15分もストップ。その後、ピットから一番遠いスプーンカーブで、満タンで転倒して炎上してライダーは骨折して、それでもなんとかバイクは1時間かけて帰ってきて、直して走ってチェッカー。記録は周回数不足でリタイアだったけど、天国の池さんにレースのおもしろさを教えてもらいました。

そう、この年も第3ライダー登録してもらってた方が、ケガで選手を欠いていたチームに移籍して完走しました。

2010年ははじめて完走。でも、最後のピットインまで9位だったんです。第1ライダー最後のピットアウトで夕暮れ時なのにヘルメットのシールドをスモークで出しちゃったので、路面が見えなくなって早めに帰ってきちゃった。だからチェッカーライダーは最後の3周は極端な省エネ走行になって12位完走。でも感動できました。

2011年はエントリーしてたんです。だけど、周辺の環境が参戦を許さなかった。多くの漁業者が津波でダメージ受けて、しかも燃料高騰で全国の漁業者が困ってたんです。そんな時に、できるわけないでしょ。参戦中止を決めたのは公式テストの前日。公式パンフ印刷ギリギリのタイミングでした。

あれから2年、もう1回やりたいとモトバムに無理を言って来ました。お金なんて全然ないんで、用意するって口約束だけ結んで来ました。じつは手元にバイクすらないんです。あと1ヵ月後には公式テストがあるのに、絶対無理でしょ。バカですねえ。

無理を承知でやることにしました。まずはグリッドにマシンを並べられるよう、一生懸命がんばりますので、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

gq1023 at 03:49|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 沖縄・石垣島 | バイクレース(含む8耐)

2013年05月27日

石垣島マグロレーシングwithモトバム 復活できるか!?

c5498fda.jpg2011年、東北地方の漁業者を未曽有の災害が襲いました。石垣島マグロレーシングとして鈴鹿8時間耐久レースに参戦を予定していた私たちは、直前までその参戦を検討していました。その結論は「今は時期尚早だ」という判断でした。そんな事にお金を使うぐらいなら、被災地に送ろうというのが答えでした。

その見送りから2年。久々にやってみようかと思ってます。必要な資金は全然ないし、富山でのイベントも重なってるけど、無理やりにでもやる意味があるのかなって感じてます。

それは、自分のためでもあります。いろいろあって、カバンはなくなるし、パソコンもipodもなくなるし、事業で大損害も出すし、未収案件は出るし、サンノゼで事故もおこしたし、踏んだり蹴ったりですが、そんなもん8耐での踏んだり蹴ったりに比べたら軽い軽い!

2008年は予選落ち、2009年はモトバムの池沢社長は亡くなるしレースでバイクは燃えるしで大騒ぎ。2010年は9位走行中に燃費走行を余儀なくされ12位完走。翌年が震災でした。詳しくは石垣島マグロレーシングHPをご覧ください。

今年は、全く予算ないんですけど、やることにしました。モトバムさんには迷惑かけますが「お金ないけどやって」と頼みました。といっても中古ワンルームマンション買えそうなお金がかかります。仕事がんばるしかありません。

うちの会社で最大の広告媒体です。1か月50万円広告するつもりなら600万円。100万円するつもりなら1200万円だと思って、気合で頑張ります。ご声援とスポンサーマネーやお仕事をよろしくお願いいたします。

gq1023 at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バイクレース(含む8耐) | 沖縄・石垣島

愛する人を尊ぶということ(他人とケンカする人はいない)

suman恋人同士や夫婦間で真剣にケンカして、あげく傷害や殺人といった事件にまで発展する事例が沢山ありますが、よくまあ痴話喧嘩でそこまで他人の手をわずらわせる所まで迷惑かけるヤツもいるもんだと、いつも感心してます。

恋人なんて全くの他人なわけで、夫婦と言っても役所に紙出したかどうかの違いしかない。愛だとか恋ってのは、簡単に言うとエロなわけで、エロ気分も落ち着いて来ると、エロ相手はめんどくさい事を一番に頼む便利屋的存在になって行き、めんどくさい事をやってくれた回数が、信頼ってものになるんだと思うのです。

そこで重要なのは、相手は自分の物と思わない事。ストレートに言うと、他人だと思うということ。他人とけんかする人っていないでしょ。よほど腹立つ上司や取引先でも、「テメーもう1回言ってみろ!」なんて言わないじゃないですか。

恋人同士や夫婦間でけんかが絶えないなんて言ってる人は、相手が他人であることが分からなくなってるんですね。お互いがお互いの所有物というか、同一化してる。だから、相手が都合よく動かないと、いきなり腹が立つんだと思うんです。

「何も言わなくても分かり合えるのが夫婦」なんて嘘ですよ。全くの他人同士なんて分かり合えるわけがない。別の言い方すると、「何を言っても分かり合えないのが夫婦」です。雇用関係や受発注の関係が成立してませんからね、たち悪いですよ。

横山たかし・ひろし師匠のネタでね、お客さんのおばあちゃんに「おばあちゃん笑えよ!所詮嫁は他人やぞ。笑わんと死ぬぞ!」ってのがあるんですが、それ聞いた時に、ふとひらめいたんです。「そうや、嫁は他人や!」ってね。

赤の他人が掃除や洗濯してくれたり、働いたお金を恵んでくれたらありがたいでしょ。そう理解しないとダメだと思うのです。私は、そう思わなかったから最初の結婚生活が破たんした。今は、いつも感謝の気持ちでいっぱいですよ。

例えば相手が怒っていても、何にも腹は立ちません。他人が怒ってるだけですから。まあ、いつも怒ってるんですが、そういう人なんでしょう。よくいますよね、一人で怒ってる人。自分の受け取り方としては、あんな人を見るような感じです。

パートナーとケンカが絶えないって方は、相手の事を「この人は他人なんだ」と理解してみてはいかがでしょう?一人の人格を持つ立派な大人だと思ったら、自然に相手を尊ぶ意識が生まれてくるんじゃないかと思ってます。

gq1023 at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

Spaceship Earth(宇宙船地球号)

13c763a5.jpg中学の時に、なんの授業で学んだのか覚えてないけど、なんとなく記憶にあった「宇宙船地球号」。前にも書きましたが、今も自分の中に強いメッセージを発してます。

じつは学んだときはすぐ忘れちゃいました。ただ、カナダの大学にあるパシフィックリムクラブ(環太平洋から来た留学生のサークル)で、Spaceship Earth(=宇宙船地球号)についての議論をやったことで、私の中に深く刻まれました。

この概念は当初、地球と言う宇宙船の資源は無限とされ、地球号は「非常によくできた資源が無尽蔵に生み出される宇宙船」として誕生したそうです。

しかし、何万年もかけて堆積された動物や人間の死骸が化石となり、その化石が地球の中で溶かされ出来上がった、宇宙船の貴重な構成要素である原油を掘り出しまくり、さらに酸素を生み出す森林を伐採しまくるようになると、当初の概念は変化を遂げました。

今では「限られた資源の中で、いかに地球号の乗組員は暮らしていくべきか。」という大きな問題提起をしています。

この宇宙船には本来、埋蔵された資源などなく、切って良い木などなかった。乗組員たちは、動物や植物といった命あるものを必要最小限食すると言う、生きるための尊厳ある行為しかおこなわなかった。

そこに、傲慢で欲深い動物が出現し、地面の下から水やお湯を引っ張り出し。もっと深い場所にある化石燃料や、石炭といったものを根こそぎ取り出し、貨幣と言うまやかしの交換制度を作り出し、生きている物も無駄に食へと変え、余れば捨てるという行為を繰り返している。

それは、宇宙船内のあらゆる貯蔵量をドンドン減らしていることに気づかなければいけない時期が来ているのではないか。

こういった考えになっています。それが言い出されたのが1966年ですから、50年ぐらい前には分かってたわけです。でも変わってませんよねえ。コンビニ1店舗の食物廃棄量って年間100万円にも上るそうですよ。

こういう分かりやすい課題を、いつも自分の中に置いておくと、自然と生活って律せられると思うのです。そんなわけで、これを子供たちに伝える方法ないかなーって、ちょっと考えてます。

gq1023 at 05:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年05月26日

人気のある授業と身になる授業は違う

a060493e.jpg最近予備校の人気教授が話題ですが、だいたいどこの大学や予備校に行っても、何らかの人気教授ってのはいるそうです。

それらの先生は、おそらく魅力ある楽しい授業を展開するのだと思うのですが、ここで重要なのが、授業ってのはあくまでキッカケであって、それを自分のものにして活用していけるかどうかというのは、別の問題です。

テレビでおもしろい事を言ってたりしますよねえ。TVタックルとかって、まじめに政治的な問題とりあげてます。だけど、それを楽しく観るだけで終わってしまうと、全く身になりません。そこで得た気づきをキッカケに、自分で学ぶことで、はじめて身になるわけです。

話していて「それテレビで言ってた記憶がある」って言われる場面によく遭遇します。これは覚えているのではなく忘れているのです。気づきがあったのに身になってない。こういう人は何事に置いてもそう。

うちの会社に入った人が、次々ダメになるのは、きっと自分が人気のある授業をしてるんだけど、スタッフの身にならない。別の言い方をすると、「ああこの人についてきけばいいんだ」と思っちゃうんだけど、こっちは「誰にもついて来て欲しくない」のです。

そりゃあ一緒にいれば楽しいでしょう。いろんな社長や政治家や有名人と会えて、行ったことない高級店で食事もできてワクワクする。だけど、それには山ほど下積みして、いっぱい知識つけて、今だって早朝から新聞読んで勉強してる。

その「知識を身につける」って所を省略して、自分について来られたら、正直迷惑です。しゃぶしゃぶ屋で肉しか頼まないヤツに「野菜も頼んでね」って言ったら、客前なのに「しゃぶしゃぶは肉でしょ!」なんて言ったやつもいる。二度と連れ出しませんでした。「お前に食わせる肉はネエ!」

うちの会社って、自分では塾だと思ってます。だから、しっかり学んで卒業して欲しい。アホさ加減も、一生懸命さも、しょっちゅう二日酔いでも早朝から仕事してる姿も含めてね。塾について行ってもダメでしょ。自分に生かさなきゃいけない。でもなかなか分かってもらえないんですね。誰もついて来ないでいい。自力で生きれる人になって欲しいのですよ。

子供にもよく「人気のある先生がいい先生じゃないよ。生徒に人気がある先生ってのは、人当たりのいい、生徒を怒らない、おもしろいことばっかり言ってる先生なんだけど、それは絶対にいい先生の要素じゃないからね。」と言ってます。

昔と違って、今は高価で希少な難しい文献でも、ネット上で自由に見られるようになりました。昔はよく国会図書館に情報収集に行ったものですが、今は図書館すら行きません。ありがたい時代です。

そういう意味では、いつでも知識を身につけられる環境がある。あとは「身につけるんだ!」という強い意志さえあれば、素晴らしい人材が生まれるんじゃないかと思ってます。

gq1023 at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月25日

クールジャパン政策

987638a4.jpgクールジャパン戦略ってのがあります。日本の良いものを世界に売り出す戦略ですが、どうも売り出す側の「お上」が、その本質をお分かりになっていない感じを受けます。

クールジャパンとは、日本に興味を持たせる戦略です。それは日本と言う国をアピールしてくれる人々を、ちゃんと国家として賞賛することからはじまります。決して予算をつければいいって話しじゃありません。

東大阪の町工場たちが人工衛星を打ち上げるという計画を発表しました。でも、国が予算をつけたとたん、それ目当ての人々も集まり、最初に言い出した理事長は追い出され、話しはあらぬ方向へと向かいました。今は二匹目のどじょうを狙っておられます。

例えば、先日インディで優勝した佐藤琢磨。そもそもF1パイロットの頃からクールジャパンなんです。それがアメリカ最大のレースで優勝したのに、日本政府ってよく分かってないでしょ。今インディ500やってるんですよ。何の話題も出てこない。

清成龍一ってバイクレーサーがいてね、彼はホンダと契約するトップライダーなんですが、レース界ではスポンサー獲得に成功している「ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)」ってのに出てます。彼は、ここのタイトルをすでに3回も取ってます。

そのチーム名は「Samsung Honda」!マシンサイドにはサムソンのロゴが大きく配置され、清成選手は各所にサムソンと書かれたスーツを身にまとっています。これ、所属しているHM Plant Hondaのメインスポンサーがサムソンになったからですが、わが国のヒーローがこんなんでええんかい?

政府が「オバQは素晴らしい作品なので輸出だ!」なんて言ったら、世界中のハロウィンキャラクターの中で、オバQが必須になって行くとでも思ってるんでしょうか?まあ、アメリカに進出するならアメリカおばけのドロンパかも知れませんがね。

本気でそんな戦略めざすなら、世界で活躍する日本人を徹底して賞賛しないといけない。国がお金を払うんじゃなく、自然とお金がついてくるようにアピールしてあげるってことです。告知・宣伝っすよ。国民的ヒーローにしてあげないといけない。

4年に1回だけ、やれハンマー投げとかマラソンって騒がれたって、選手なんて4年に1回しか食えない。いや大半は4年に1回も食えない。

「世界で輝く君たちへ・クールジャパン」なんて番組やったりして、継続的に告知してあげてくださいな。たまにアピールされても意味がない。

小林可夢偉がF1に残れなかったのなんて、単純にシートマネー不足ですからね。わざわざ日本でGPやってるのに、その星を失ってるわけです。どっかの土木工事削れば50億円ぐらい捻出できるだろうが!今彼は、名門フェラーリで世界耐久選手権を戦ってます。

そもそも、世界中でクールジャパンなんて言ってるのは日本政府だけです。海外のすし屋を見て「これは本物の日本食じゃないなあ、ちゃんと直させよう!」なんて言ってた閣僚もいましたが、余計なお世話。受け入れられるように変わるのは当たり前です。

カレーライスだってインド人がみたらビックリだし、王将の餃子やラーメンは、もはや中華料理じゃない。別に巻き寿司の中身が羊羹だっていいんです。そういう意味では、まず変わらなきゃいけないのは「お上」のほうじゃないのかと思ったりしてます。

gq1023 at 06:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月24日

三浦雄一郎の父・三浦敬三氏のお話し

8b58c6b7.jpg私、25年前にカナダに来た老人スキーツアーをアテンドしたことがあります。その中に「M/M Miura」の名前がありました。旅行業界の用語でM/MはMr.&.Msですんで、大抵は夫婦を意味します。そのお客様は、そのうちMs.をキャンセルされていました。

これがまた、ものすごい団体様で、カナダはウイスラーと言う有名スキー場へ行くツアーだったのですが、スキーの荷物を引くだけでギリギリといった老人の団体で、ぶっちゃけ「えらいのに付いちゃったなあ」って感じでした。

当時のカナディアン航空004便は朝10時着。11時頃にバスに乗り込み、途中でランチを採ってからウイスラーに入るのが通常です。ところがそのメンバー、ランチいらないから、とにかくスキー場に行ってくれと言う。

「今日はスキーできませんよ」と言っても、「いや、やる」って言い切るわけです。そんなのツアーガイドも設定してないのに、ジジイとババアをウイスラーの雪山で自由行動させられるわけないでしょ。必死で説得してたんです。

そしたらね、「俺はプロスキーヤーだから大丈夫だ!」って一人のジジイが言い出しました。それが三浦敬三さん。そう、三浦雄一郎のお父さんですよ。

でもね、なんか歯も入れ歯だし、耳も遠いし、奥さんがキャンセルになった理由がボケだとか言うし、ぜんぜん信用できないわけです。旅行代理店のスタッフとして、そんな無茶苦茶な事を言う人を信用したらダメですからね。

ところが、着いたら宿は高級ホテルのナンシーグリーンロッジってホテルだったんですが、ナンシーといきなり抱き合ってる。そして我々に、「彼女は札幌オリンピックのメダリストだよ」なんて紹介してくれる。知っとるわい!

しかもなぜか、リフト券持ってる。インターネットもない時代に、カナダのリフト券を日本で手に入れるのは至難の業のはずですが、ぜんぜん問題なしって感じです。

そしてその老いぼれ集団は、ホテルロビーでスキーウェアに着替え始めました。さらに、何の躊躇もなくスキー板を雪上に置き、ブーツをビンディングにセットした瞬間、私の目は凍りつきました。と言うのも、完全に20代ぐらいのスキーヤーにしか見えないんです。

板をはいて、さきまでヨボヨボ歩きの人たちが、バン!バン!ってジャンプしてるんですよ。そりゃあビックリしまっせ!

とにかく私も、本当はその夜バンクーバー戻りだったんですが、スーツで取り急ぎスキー板をはいて追いかけました。そしたら、ブラックダイヤモンドという超難度の高いコースに行く。斜度40度以上ですから、見た目は直角。下手すると死にます。

そこに、誰一人躊躇せず滑って行っちゃいました。スーツの若者一人だけ、ビビッて20秒ほど停止しましたが、あとのオイボレ軍団は、リフト降りてから1秒も止まることなく、ふもとまで普通で約1時間かかるコースを、20分弱で滑り終えました。

それから20年近く経って、その三浦敬三氏が亡くなられて、はじめて本を読んですごい人だったことを知りました。「70歳でエレベスト、77歳でキリマンジャロ、88歳でアルプス完全縦走、99歳でモンブランの氷河滑走」ですって。衝撃の古希・喜寿・米寿・白寿ですよ。

なんか、三浦雄一郎さんの偉業達成を見て、「この人には、もっとすごい親父がいるんだ!」なんて事を思い出しました。カックイー!

gq1023 at 09:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

株価暴落

1cefece5.jpg日本の株価の構造は、外国人が相場を形成して、日本人がにぎやかし程度に売買するって感じです。だから、常に海外機関投資家の動きに目を配る必要があります。

アメリカには昔から「Sell in May and go away」ということわざがあります。6月から9月までの相場は落ち込むので「5月に株を売ってどこかへ行っとけ」というのです。ようするに投資家のサマーバケーションです。

4月中から何度も「私は利益確定させましたよ」って伝えたのに、株を売らなかった人がいます。下がってるときには株ってのは売れないのだから、上昇局面で売るしかない。別に株価がいくらになってもいいんです。自分の利益さえ確定できればね。

もうね、「まだまだ上がるって説もありますが」なんて言ってくる人には、さすがに「ああそうですか」としか言えないですからね。

株価ってのは春に高値をつけます。あとは海外企業の期末となる12月と、日本企業の期末になる3月に確定売りが出る。もうひとつが海外投資家売りがある5月。ここは翌月に株主総会を控える日本企業も確定売りを出す時期です。

株価に暴落なんてものはありません。日経平均って8000円だったんですよ。昨日の前場で16000円も見えた。そりゃあ誰でも売るでしょ。私なんて13000円で全部売りましたからね。お金のない人が無理をしちゃいけません。

私は12月に利益確定してます。それは日経平均1万円って時ね。そして4月にも確定させてる。それは日経平均1万3千円でした。経営コンサル先にも毎回言うのですが、「利益が25%以上確保できたら即座に売れ!」ですよ。

証券投資は博打ではありません。投資家の皆さまには、5%でも利益が確保できたらラッキーと思って、ちゃんと利益確定してもらいたいと思います。

gq1023 at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月23日

生のプロスポーツには子供たちを輝かせる力がある

45faf97f.jpgうちの近くのお好み焼き屋さんでよく会う母子家庭の親子がいて、その子がサッカー教室に通ってるけど、練習に行きたがらなくて、ゲームばっかりやってるって話しをしてたんです。

だから私が、「だったら行かなきゃいい。心からサッカーをやりたいと思って来ている他の選手や、一生懸命教えに来るコーチ達に迷惑だからね。」と言って、その子をうちに泊めて、サッカー行かさずにテレビゲーム三昧させたんです。

それが2011年12月17日の土曜日。翌週はクリスマスですよ。その時にね、クリスマスプレゼントをあげるって約束したんです。テレビゲームだと思います?

いいえ、プレゼントは、第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会・準々決勝「京都サンガF.C. VS 湘南ベルマーレ」のチケットでした。なぜなら、プロの試合を観たことがないって言ってたからです。

2011年12月24日のクリスマスイブ。親子で行った等々力のスタンドには、大観衆とは言えない約4千人の観客が詰め掛けていました。でも彼にとっては初めてのビッグスタジアムと大観衆です。そしてその試合は、彼が応援した京都サンガの勝利で終わりました。

この天皇杯、結局京都サンガは意外にも決勝戦まで勝ち進みます。この彼は1月1日の元旦に、どうしても観たいといって、自分からテレビのチャンネルを「第91回天皇杯決勝」に合わせたそうです。

「あそこで観た人たちがテレビに出てる!」といって感動しきりだったそうです。結局、京都サンガは準優勝で終わったけど、彼にとってはスーパーヒーローの出現でした。

今その彼は、サッカーが大好きになったそうです。進んで練習に行くようになったというのを聞いて、本当に良かったと思いました。その彼は、きっと未来のプロ選手になって行くことでしょう。

野球でもレースでもゴルフでも、生のプロスポーツには子供たちを輝かせる力があります。それはテレビでは伝わらないものです。だから、そんなプロスポーツの現場に、一人でも多くの人々に足を運んでもらいたいと思ってます。

gq1023 at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バイクレース(含む8耐) 

ランチのジョギング

76a04a73.jpg今日はちょっといろいろ腹が立ったので、11時半から早めのランチにして、洗足池までジョギングして来ました。片道2.5kmなんで往復5km。約40分のジョギング中に、携帯電話で洗足池を撮影してみました。

池や海を見ていると、心が落ち着きますねえ。すっかり腹が立ったのも忘れました。途中で買った298円のカツどん弁当を食べてます。

シャッター押す時、若い頃怒鳴られながら習ったことがいっぱい思い出されて。大した写真の撮れない携帯電話でも、綺麗な写真が撮れてました。

風景写真の場合、手前に被写体を入れて奥行きを出すんです。手前に被写体がない場合は、わざわざ枝を持ってきて、フレームに入れたりする。私も枝を持つ係りとかやらされてました。

さて、午後は地図製作のための公衆便所ロケハンに横浜へ行って来ます!

gq1023 at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

給料の3倍稼ぐと言うこと

給与計算って難しくなくて、こんなサイト等にいけば、ネット上で簡単に出ます。

例えば支給額40万円で交通費が1万円の40歳以上の社員がいたとするでしょ。所得税が約1万円。健康保険が約2万円。年金と介護保険と雇用保険で合計約4万円。この7万円は会社も同額負担です。つまり41万円支払ってる人には会社は48万円負担してる。

だけど、48万円支払われてる人は、住民税も引かれるから、現実には手取りが約32万円。手取り32万を得るには企業は約50万円の負担が必要です。

でも実際には、使い物にならない新入社員や老人を雇ったりする必要もあるし、そもそも社員ってのは雇ってるだけで別のコストを生む。光熱費や交通費もかかります。

だから、どこの会社も同じ事を言うと思うのですが、負担してる賃金の3倍稼いでくれないと、意味がないということになります。

ぶっちゃけうちみたいな小さな会社でもね、事務所の家賃を30万円、コピー機やビジネスホンのリース代5万円、光熱費と通信費で10万円、駐車場と車で6万円、これだけで50万円超えちゃう。パソコン買ったりコピー用紙買ったりで、あっという間に60万円です。

そうするとね、自分の給料を手取りで40万円受け取ろうと思うと、毎月150万円は利益がいる。会社で、いくらかでも貯金するとなると、160万円以上の利益がいるんです。

なかなか、世の中と言うのは厳しいですなー。今日も1日がんばりまーす!

gq1023 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月22日

勉強なんていつでもできる!

私は高校時代、決して頭の良い人ではありませんでした。この頭と言うのは学問のことです。日本史も世界史・漢文・古文・微分積分・物理・英語と体育がダメでした。しかも、欠席がちで出席日数もギリギリで卒業しました。

なぜかというと、アルバイト・バンド・バイクという熱中できるものが、他にあったからです。熱中できるものがある時なんてそうそうないので、熱中できる時に熱中してました。これを一般的にはバカと呼びます。

でも、バカはバカなりに一生懸命バカをやってる。一生懸命やると、自分のキャパシティってのが広がるのです。

キャパシティって袋みたいなもんだから、大きな袋さえ用意できれば、オッサンになっても、袋にいっぱい荷物積み込んでおけるんです。別に高校時代に学問なんて勉強しなくても、その中身なんて何年たっても変わりません。「やっぱ江戸時代はありませんでした」なんてなるわけがない。

国会に衆議院と参議院があって、参議院なんてあるだけ無駄なんて、学校では教えてくれなかったし、自分も知りませんでした。そもそも、衆議院と参議院の位置づけすら知らなかった。でも今は大人になってから学んだんで、ちゃんと分かります。

つまり、勉強なんていつでもできるんです。それよりも、学ぶためのキャパシティ。そう、脳のキャパシティを広げる必要がある。それは若い時にしかできません。若いときに寝る時間を惜しんで何かやった経験があれば、大人になっても寝ずに仕事できます。

だからこそ、どんなことでもいいから、若い時には熱中する何かを、寝る間を惜しんでやって欲しいと思います。それは受験勉強でもいい。でも誰かに押し付けられてやっちゃダメ。自発的に取り組む何かをやって欲しいと思います。

ちなみに私、高校時代にはまったバイクにまた乗ってますが、家の前にバイクがあるだけで、心がアゲアゲです。日本の子供たちみんなが、大人になってもそんな気持ちになれる物を、若い人々には熱中してもらいたいと切に願います!

gq1023 at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月21日

ええかっこしい vs かっこええやつ

20代前半で帰国した時に、ものすごく背が高くてかっこいい先輩がいて、その先輩がBMW320iに乗ってたんですね。E30ってやつなんですけど、とにかく超カックイーなんです。

180cm以上ある体を器用に折り曲げながら、この小さな車に乗るんですが、その仕草がかっこいい。しかも話すと最高にざっくばらん。どんな話ししても大笑いしながら「お前アホやなー!」とか「オオノ最高やで!」とか言ってくれる。好きになるでしょー。

それで自分もBMW選んだんですよ。6気筒がエエって言うんでE28のBMW520iをね。だけどかっこ良くならない。理由は簡単で、ええかっこしいだからです。そもそも身長が10cm以上違う。それでも調子にのって乗り回してました。

だけど、お取引先の社長に言われたんです。「七五三のスーツみたいに似合ってない」ってね。私はこう解釈しました。「ブカブカ」「親に買ってもらったように見える」「お前には似合わない」ってね。

すぐ買い換えましたよ。プジョーの205GTIって小さい車にね。そしたら急に仕事がとれるようになりました。それまでも営業成績は悪くなかったんですが、急に上昇したんです。

この変化、私はこう理解しました。「ええかっこしいからかっこええやつに変わったんだ!」とね。すべてにおいて、自分に似合わないとダメですもんね。

それからです。高級ブランドのカバンを安物に変え、筆記用具に万年筆使ったり、2万円以上もするようなペンを使うようにしました。営業マンとして、ビジネスに直接的影響を及ぼす文具にお金をかけたんです。しかも、その文具は普段は使わない。契約書へのサインや、大きな案件の打合せ時などだけに使ってました。今もそうです。

私と言う人間は、少しでも油断すると「ええかっこしい」になります。だから、どんな時もそうならないよう、「かっこええやつ」でいられるよう、背伸びせず自然体で生きていきたいと思ってます。ただ、調子には乗りますがね。

gq1023 at 05:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月20日

学校経営

先日公表された学校法人堀越学園の破綻。一瞬同じ名前なんで、あの芸能人が通う有名校かと思ったのですが、ぜんぜん関係ない、群馬の学校でした。

調べると、ここってあのノリピーこと酒井法子さんが通うって話題になった、創造学園大学を持ってる所で、高崎医療技術福祉専門学校も経営してたのですが、あまりに不祥事が多く、文部科学省に解散命令を受け学校解散。その直後に債権者に破産を申し立てられたそうです。

不祥事と言っても、堀越高校がグループですとウソついて企業債売ったり、監査法人の印鑑を偽造したりって事なんで、超悪質なんですが、すでに2007年末には教職員への給与遅配が始まって、私学事業団には2008年度の補助金交付を取り消されてます。

生徒はかわいそうですよねえ。何にも悪いことやってないのに、学校がダメで放出される。正直そう思います。

だけどね、学校ってのは金儲けで学校やってるわけで、儲かってないヤツがいるってのも事実。しかも学校に通うヤツも、金儲けするためにハク付けようと思って行くのが大半でしょ。そう考えると、通うほうというか金払う親も、ちゃんと調べないといかんですよね。

入学検定料って東京の大学だと3万5千円ぐらい。1学年500名程度の小さな大学で、倍率2倍だと3万5千円×1000名で3500万の利益が転がり込みます。なんかスポーツで名前売って受験倍率が0.5倍アップするだけで、1千万の利益が増える。運動神経だけのバカを入れる価値は、そういうことなんですよ。

これ、毎年1万人以上入る大学だと、この20倍の商売です。早稲田大学だと倍率が約5倍でしょ、1学年1万人超だから、試験は約5万人が受ける。3万5千円×50000名だと入学検定料だけで17億5千万円です。すっごいでしょ。

しかも、合格したら入学金を納めるでしょ。複数学部の併願や東大と併願してる人も多いから、入ってきた入学金も、一定の割合で放棄してもらえる。もっと儲かるわけです。

ちゃんとした学校ってのは、商いが上手く行ってる学校ってことです。受験前に、相手が儲かってるかどうかを見極めることが、親子ともに必要な時代ではないかと思います。

gq1023 at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月19日

防衛庁幹部の事故死

82c8e4d1.jpg今日の日経新聞に、防衛庁幹部がゴールデンウイーク中に交通事故死したことを書いてます。この事は、決して書いてはいけない事だと思っていたのですが、新聞が書いているので、ちょっと書きたいと思います。もともとの報道は以下のとおりです。

「5月3日午前1時55分ごろ、東京都千代田区麹町4の国道20号で、歩いて横断していた同区紀尾井町3、防衛省統合幕僚監部特殊作戦室長の1等陸佐、黒沢晃さん(50)が、左側から来た世田谷区上祖師谷6、?(あえて伏せます)さん(45)のオートバイにはねられた。黒沢さんは間もなく死亡、?さんも頭などに重傷を負った。警視庁麹町署によると、現場は参議院議員宿舎前にある交差点の横断歩道付近。」

この有名映画監督と同じ名前でこの方を記憶したのは、決して私が軍事オタクだからではなく、この方は中国との尖閣問題の渦中に、陸上自衛隊西部方面普通科連隊の隊長だったからです。

ここ「離島対処即動部隊」つまりレンジャーです。アメリカ海兵隊で言えば武装偵察部隊ですよ。実際にアメリカ海兵隊との合同演習もこなしてます。

つまり黒沢氏は、離島部で有事が発生したら即応して真っ先に現地に乗り込み、戦闘する部隊の元トップ。現場時代は特殊部隊にも属していました。しかも現職が防衛省統合幕僚監部特殊作戦室長で1等陸佐ですよ。最高機密の特殊作戦を仕切る立場にいたのです。国防上ものすごく重要な人物です。

これ、他の国だったら「特殊作戦をつかさどる大佐が事故死」ってことです。我が国の国防の最前線にいる、その現場のトップを失ったってことになる。一大事ですよ。暗殺だって疑われかねない。それがね、こんなにひっそり報道されてることが不思議なんですよ。

はっきり言って、国会議員なんてSPつけて守るほど重要な人いませんよ。いざとなったら、拳銃一発すら撃ったことないわけで、クソの役にも立たない。毎年首相や大臣が変わっても、何の問題もおきません。政権変わって変化なし。誰でもいいわけです。

だけど、さすがにレンジャーのトップは大きな痛手でしょ。防衛大学出身ですから、最初から制服組幹部として行動し、アメリカ軍幹部と様々な軍事演習や酒盃の席を通じて、長年に渡って信頼関係を構築してきたはずです。

軍の秘密作戦を仕切るトップが、深夜2時に専用車に乗ることもなく護衛も付けず甲州街道を徒歩で横切っていて、そこに走ってきた原付スクーターにはねられて死ぬって、どんな国なんですか?尖閣防衛作戦を率いていた人ですよ。命を狙われる可能性だってあったわけでしょ。

どうせ問題発言でコロコロ変わる大臣守るぐらいなら、国防の要である自衛隊要人には、他国の常識と同様に車や警備をつけてもらいたいと切に願います。

gq1023 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

気づき

bfeb246c.jpgユニクロの柳井氏の座右の銘は「泳げない者は沈めばいい」という、ビル・ゲイツの言葉だと言われてます。昔から良く聞く話しですし、社長室にその言葉が掲げられてるとも聞きます。そんなことが昨日の日経新聞にも書かれてました。

ただ、実際にビル・ゲイツが言ったのは「Sink or Swim」だと思うのです。これ直訳すれば「沈むか泳ぐか」ですが、実際の意味は「一か八か」なんですよ。「Win or Lose(勝つか負けるか)」と同じ。アメリカでは良く使います。「ダメもとで頑張ろう!」みたいな感じかな?

だけど、柳井氏はそう受け取らなかった。「負けたら終わりの大勝負」「泳がなければ沈む」と受け取ったわけです。ここが「気づき」なんですね。

こういう気づきと出会えるチャンスって、そんなにないわけじゃなく、毎日のようにあると思うのです。ただ、気づかずにスルーしちゃってる。

私に気づきを与えてくれたのは、父親の言葉でした。「同じ仕事をやるなら、オフィス面積は小さければ小さいほどいい。スタッフは少なければ少ないほどいい。それが常識だ。」

言われてみればそうですよね。でもサラリーマン時代は分かっていませんでした。「人増やして欲しいなー」とか「備品買って欲しいなー」って思ってました。

ところが、そう思わなくなったら、仕事がどんどんスムーズにはかどるようになる。自分で全部やると決めたら、できない仕事も見えてくる。できない事が見えるから、早めに外注できるようになる。できるようになると、会社もいらなくなるんですね。

そんな気づきが、今日もまたあることでしょう。スルーしちゃわないように、感度を高めておきたいと思いまーす!

gq1023 at 05:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月18日

お前、音楽あきらめたのか?

53ea367f.jpg今日、「お前、音楽あきらめたのか?」ってズバリの指摘を受けました。ミュージシャンになるって言って広告代理店辞めたんだけど、なぜかビッグアイドルのマネージャーになっちゃって、そこからマネージメント業界に戻って、今も広告のプランニングやってる。

今一度、会社辞めた頃の98年に戻ってね、いろんな事を考えてるんだけど、宇多田が99年の1月にブログ始めるのね。そのタイミングで大阪から東京に出て来たんだから、絶対に音楽業界再爆発のタイミングで、また忘れてた音楽を目指していたんですよ。

だけど自分は音楽では食えなくて、金のためにまた広告の世界に戻っちゃった。広告の世界がダメって言ってませんよ。そうじゃなくて、同じことやるなら、日本一の広告代理店の子会社にいたんだから、辞める必要はなかった。

音楽ビデオって、広告代理店に転職する前の会社で覚えたんです。教えてもらったのはジャニーさん。なんでそんな事になったかは割愛するけど、バブル後の音楽業界って閉塞感が漂ってたんです。歌番組はゼロになっちゃってました。

でも当時の自分は大阪にいたんで、そんなことより新喜劇解散とか、吉本の劇場がなくなるとかのほうが自分にとってはドキドキ物で、別に音楽業界の事なんて考える余裕もなかったんですよ。まだ吉本の大崎さんや水谷さんが現場の頃です。ナツカシー!

いろんな事があって再度アーティスト達が売れ始めて、音楽に触れる機会が増える度に、心で泣いてたんです。「なんで俺は音楽やれないんだろう?」ってね。いや、回りの人は「お前音楽やってたじゃん」とか「阪神の応援団だっただろ」とか言うんですが、自分ではちゃんと記憶ないんです。

私ね、ちゃんとした人から言わせると、映像クリエイター出身のプロデューサーらしいんですよ。でも私が分かってない。だから、誰に映像頼まれても引き受けないし、逆に頼まれてもいないミュージックビデオやCMは制作したりする。結局プロじゃなくアマなんですね。

そのうちに、感覚が死んでたのかもしれませんねえ。久々に91年の宇多田のTravelingのPVを観てから、きゃりーぱみゅぱみゅのPVを観てみました。うーん、やっぱ頑張ってる。同じ路線ですよ。浜崎とか倖田もですよね。そう、頑張れば結果は出る。いや出ないかもしれないけど、そう思わないとやってられない。

もう一度、音楽もちゃんと頑張ってみたいと思いました。まずは自分のベースの弦交換からですね。

gq1023 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

少子高齢化とは民族の劣化ではないのか?

アメリカには大量にアジア人が流入しています。それに対し、日系アメリカ人の数はどんどん減少しています。その事実は、各地からの移民を受け入れているアメリカという国において、日本と言う国のポジションを大きく下げる効果しか生んでいません。

間違ってはいけませんが、日系アメリカ人というのはアメリカ人です。それは日本人として生まれてアメリカ移民になった人々もそうですし、その後アメリカで生まれアメリカで育った二世や三世も同じです。

最初に日系アメリカ人の歴史がはじまったのは、1882年の中国移民排斥法によって、中国移民が実質的に禁止され、その代わりの労働力として出稼ぎに行った農民・漁民によってのことです。

しかし約20年ほどで勤勉な日系アメリカ人が事業を興すようになると、日本人移民排斥運動が開始。その後、日米紳士協定と言う差別的な協定が結ばれ、日本政府から渡航ビザが発給されなくなり、事実的にアメリカへの移民は停止しました。

それから10年ほどで、一部の州で日系人の土地所有が禁止され、さらにアメリカ全体で移民した外国人は帰化できないという法律が施行され、差別は悪化しました。

当初の日系一世は、猛烈な差別から結婚ができず、日本から写真を送ってもらう形で写真見合いをし、一度も会った事のない人と結婚して、二世を誕生させましたが、移民法の変更は、その可能性すらを否定しました。

すべての市民権を奪われ、帰化不能とされ、土地を持つことも許されず、労働組合への参加は否定され、大企業への就職もできないのが日系アメリカ人でした。

日系アメリカ人への差別は、決して第二次世界大戦で始まったわけではありません。そんな状況下で、戦争を発生を機に、すべての日系人から土地と財産を剥奪し、強制収容所へと送り込んだのです。

じつは、強制収容所では当初は計画されていなかった教育機会が、強い希望によって提供され、一世への英語教育の機会も与えられ、さらに収容所がなくなってからは、ソビエトがアメリカの敵となり、日本は味方となったため、多くの権利が認められるようになりました。

日系アメリカ人の誕生は、アメリカという国が中国を敵視したことではじまりました。日系アメリカ人が市民権を手にしたのは、アメリカという国がソビエトを敵視したことによってでした。

なぜ、こんなにも差別を受け、それと戦って認められるに至った日系アメリカ人が減り続けているのでしょう?なぜ新しい日系一世は増えないのでしょう?その問題の根本は、言語やグローバルな視点ではなく、日本人という民族自体の劣化ではないかと、老眼鏡が必要になって来た、ただいま絶賛劣化中の私は考えたりしております。

はー、腰や膝も痛いし、今日は整骨院に行ってこよう!

gq1023 at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

就職活動

就職活動ってのは、揃いのリクルートスーツを身に着けて、友達や恋人と仲良く会社訪問すれば良いわけじゃない。そんなの当たり前ですよねえ。誰が考えても分かる。

だけど電車に乗れば、リクルートスーツ軍団に出くわします。しかもペラペラとバカ話しをやってる。面接の時だけうまくやればいいと思ってるのでしょうが、残念ながらそんな感覚では、就職試験は通りません。

仕事ってのは真剣勝負です。常に周りを出し抜く気持ちが大切。友人が会社訪問を10ヶ所やっていれば、自分は30ヶ所だって気持ちじゃなきゃいけません。

じつは会社訪問って、どこの大学の何学部の人が来たかの統計を取ってます。特定の大学の特定の学部やサークルが集中していれば、仲間どうしで連れ持って来たと分かるので全員落とします。そういうもんです。

「就職」ってのは甘えです。「自分で食う」ってのは就職ではありません。就職ってのは、「今まで親に食わせてもらってたのを、企業に食わせてもらう」ってだけです。だけど、その中でも仕事に対する真剣さの高い人材を企業は採用したいのです。

それは、就職活動に向かう前の態度から考え直したほうがいいし、就職活動に行くなら、友人や恋人と一緒に行かず、一人で行くべきだと個人的には思います。

最後に、靴・髪型・ベルト・靴下・ハンカチ・ポケット等に気を使うのも大切ですが、年上の人との対話経験の場数が、最終的な採用を決めるんじゃないかと思ってます。リクルートスーツじゃなくて、ちゃんとした高級ブランドのスーツのほうが、就職試験には通りやすいと思いますけどねえ。

gq1023 at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月17日

問題解決型人間 vs ヒマ解決型人間

仕事をすると問題が発生する。逆に言うと、仕事がなければ問題も発生しない。仕事の多い人は、多くの問題を抱えていて、それを次々と解決しなければいけないので、自然と問題解決型の生活をするようになる。

仕事のない人は、仕事上の問題が発生しないのでヒマという別の問題を抱えている。そこに仕事上の問題が発生すると、ヒマをつぶしたいという欲求が自然と出てくる。だから問題が更なる問題を生み出すような動きをする。

もし、目の前に次々と問題を大きくさせていく人がいれば、その人はヒマであるはずだ。ヒマな人は、基本的にヒマをつぶすために、問題解決へ向けて邁進せず、問題が大きくなるように物事を進めるのが常である。

仕事上の問題を解決するには、問題を把握する必要がある。その問題を把握して解決へと進むわけだ。しかし、ヒマな人は問題の本質を理解しない。問題が分かってないから行動が場当たり的になる。しかも自分が介在して大きくなった問題をもみ消そうと取り繕うので、もっと大きな問題となっていく。

「明日の弁当って手配終わってる?」
「明日って弁当必要でしたっけ?」

この会話だけで仕事ができるかどうかが見える。仕事ができる人ならこう返事するだろう。

「明日の弁当って手配終わってる?」
「明日は弁当手配してません。」

前者の場合は、確実に言った言わないの夫婦喧嘩みたいな会話になる。後者の場合は、弁当を手配して終わりだ。全く持って単純である。

原付バイクは毎日エンジンをかけないとご機嫌ななめになる。パソコンも電源をしばらく切ると起動に時間がかかる。人間の脳もヒマを与えるとバカになる。

今年の正月に、素晴らしいスタッフがいた。電話の会話はこうだ。

「大野さん、悪い報告があります。作業中に車を施設にぶつけました。管理会社に連絡し、弁償することで話しがついてます。報告でした。」

誰が費用を負担するか以外の問題がすでに解決している。これを「どうしましょうか?」と問い合わせしたり、「こっそり自費で修理」したりすると、問題はだいたい大きくなっていく。

できれば自分は問題解決型人間でありたいと思う。そのためには、自分の趣味でもいいので、ヒマを埋めつぶすことが、そのための第一歩だと思う。

gq1023 at 06:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月16日

エコノミークラス

97b48692.gif今回の旅はエコノミークラス。写真はシートマップですが、全223席中、ビジネスクラスとプレミアムエコノミーで106席。エコノミーは117席となっています。

ただし、そのスペースはビジネスクラスで全体の半分が使われ、全乗客の半数以上に及ぶエコノミークラスのスペースは、機内全体の1/3でしかありません。

ちなみに料金は燃油サーチャージ込みで約12万円。航空券代は9万円ほどです。ビジネスクラスなら正規運賃は75万円ほど。割引運賃で32万円から55万円。プレミアムエコノミーでも35万円ぐらいです。

つまり、エコノミーを満席にしても1千万円程度にしかならないのに、ビジネスなら約3千万円、プレミアムエコノミーでも1千万円以上の収入になります。これが航空旅客ビジネスの基本になってます。だからどんどんエコノミー席の数が減っていく。

しかも、エコノミーの客は荷物が多い。旅慣れてない上に、預けられる荷物の上限も低いから、だいたいガラガラ引くタイプのバッグを持っていて、ギューギュー詰めの座席の上にある小さな棚に、もっとギューギュー詰めにして荷物を入れることになります。

というか、お金持ちは荷物なんて先にホテルに送ってるんですよ。車を手配してたりもする。背中と胸にリュック背負って、ガラガラやスーツケース引きながら歩いたりしません。

さらにエコノミーの客は太っている割合が高い。じつはアメリカって国は肥満大国ですが、ロデオドライブやショッピングセンターのTHE GROVEといった高級店に行くと、デブが激減します。つまり、生活レベルの低い人ほど太っているのです。

これ、社会に置き換えると分かりますよね。多層建築物のマンションに大量に人が住んでるけど、みーんな大借金を背負ってる。しかも体調管理もダメ。

それに対して大富豪は、広大な敷地にせいぜい2階建ての建物ですよ。庭にプールがあったり、トレーニングジムも室内に完備していて健康管理も万全。もちろん借金はなく不労所得が大量にある。まあ社会ってのはそんなもんです。

かく言う私も、超狭い敷地に建てられた3階建て物件に、あと20年以上もローンを残して住んでます。スーパーエコノミー人生なのですが、ついつい忘れがちになっちゃいます。下手すると「結構恵まれてるかも」なんて勘違いしちゃったりするんですよねえ。

料理がまずいなんて言ってる乗客は、基本的にエコノミークラスの客です。私もその一人。航空会社からすれば「金もないくせに食い物に文句言うな」って感じでしょうねえ。だいたい「まずい」って言う人は、きっと全部食べてるでしょうしねえ。

旅慣れてないデブが、大量の荷物を持って、文句ブーブー言いながらひしめき合うエコノミークラス。いつも自分のいる位置を理解させてくれます。私はこの社会の縮図のようなエコノミークラスが大好きです!

gq1023 at 05:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

機内食

895516c8.jpg今回の出張は、行きが羽田発のロサンゼルス行き全日空。帰りがサンフランシスコ発の成田行きユナイテッド航空でした。シートはエコノミーです。

まずは全日空。深夜出発便でしたが、出発していきなり最初の食事が出ました。内容はサンドイッチ。あのコンビニで売ってるやつの一番安いタイプです。そう三角形のやつですよ。

夕食もとらず仕事して、終わり次第ギリギリで羽田空港に到着したので、超腹ペコで0時半を迎えていたのですが、三角形のサンド3切れをたべて、その場をしのぎました。

座席のリクエストは通路側だったのですが、出発2日前に予約したこともあり、初の窓側座席。人を2人乗り越えないと通路に出られないので、トイレのことを考えると水も飲めない状況になりました。

最初の食事から8時間が経過し、LA目前で食事が出て来ました。それはカニ釜飯&ざるそば。その中でカニだけを食べて食事を終えました。その理由は、到着が夜の7時だったんで、着いてから食事しようと思ったからです。

ところが同行者が機内食を全部食べちゃってた。結局前日の昼以降24時間経過して、サンドイッチ3切れとカニ少しだけしか食べてない状況になりました。

そこから毎日夕食は部屋で採り、ひたすら不動産情報サイトとにらめっこしながら、空き物件情報を探してメールをやりとりするという時間が続きました。

そして帰りのユナイテッド。なんと衝撃の機内エンタテイメント設備ナシ。前方のスクリーンをご覧くださいってヤツでした。しかも食事がまずい。ターキーサンドイッチまでいけてない味で、最後までプレッチェルと水をいただいてました。

でも、最後の最後に成田到着目前で出た焼きそばを、空腹に負けて全部食べたんです。そしたら胃腸にダメージを受けました。ひたすら吐きまくり、現在朝を迎えております。

最後に、あくまでこれは全て「貧乏人が座るエコノミーシート」での出来事であり、航空会社側には「こんな所に座るヤツに食べさせるのは食事じゃなく餌だ」と思われてるでしょうから、偉そうにレポート書いてることを反省いたします。

gq1023 at 04:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月15日

アメリカのガソリン代が高い!

今回アメリカに行ってビックリしたのは、ガソリン代の高さ。10年前は1ガロンが1ドル台だったのに、今回は4ドルを超えてました。

1ガロンは約3.8リットル。これが1ドル50セント程度から4ドル20セントに上がってるってことは、リッター40円から110円に上昇したことになります。

今回ロサンゼルスで借りたレンタカーはミニバン。クライスラーボイジャーって、だいたい燃費が6km/リットル台。それでも昔は気にならなかったのですが、今回サンディエゴ往復して市内をグルグル走って、5日間に2回満タンにしたのですが、それだけで2万円ぐらいかかりました。

これ、生活に大打撃ですよ。そう思っていたらヤフートピックスにアメリカで車離れが進んでいるニュースが載ってました。そうだよなー、だってそんなガソリン代じゃ払えないですからねえ。

アメリカで車が売れない時代が来るなんて思いもよりませんでした。世界一の自動車大国の変化。自動車が石油から離れていく日が近いのかもしれないと、本気で思った訪問になりました。

gq1023 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月14日

黒田(アメリカから長文)

黒田のピッチングは、明らかに日本での方がすごかった。阪神が優勝した2003年のキャンプは、あまりにもすごくて誰も声をかけられないほど。はじめての開幕投手にもなった。キャッチボールの球が、ピンポン玉のように変化するのを見た野球関係者は多いはずだ。

しかし勝ち星に恵まれない。不運が続く。広島も弱い。オールスターに久々に出たのが2005年。正直「野球ファンに分かってもらえてないなあ」と思っていた。2006年のWBCでは心の底から期待していたのに、2月の練習試合の負傷で出場辞退。本当に恵まれない選手だと感じていた。

どれだけの代理人が黒田にアプローチしただろう。でも彼は、絶対に国外に出なかった。いや広島を出なかった。関西人の彼が、あれほど広島への愛を見せていることを不思議に思った野球関係者も多いはずだ。

その2006年、彼は防御率1点台という奇跡の成績で1年を終える。それでも13勝。広島は弱かった。そして野球ファンの黒田への評価も低かった。でも広島は評価した。あの誰にも金を払わない球団が、あの年にFAを取得した黒田に、4年12億円を提示したのだ。その時彼は、「今後も生涯広島!」を宣言した。誰もが驚いた。驚いた中にはメジャーリーグ関係者も多くいた。

皆は知っているだろうか?彼のコメントだ。その記者会見まで、黒田の本気度を私自身は理解していなかった。彼は契約更改後の記者会見で、こう言ったのだ。あの金本すら袂を別った球団にである。

「僕が他球団のユニフォームを着て、広島市民球場でカープのファン、カープの選手を相手にボールを投げるのが自分の中で想像がつかなかった。僕をここまでの投手に育ててくれたのはカープ。そのチームを相手に僕が目一杯ボールを投げる自信が正直なかった」

この発言は、日本だけでなく、世界中に反響をよんだ。心の底から叫んだ彼の声は、海の外まで届いていた。そのチーム愛に、多くの海外チームから正式なオファーが届いた。でも、彼がドジャースに移籍した2008年は、もうあの5年前の投球はなかった。それは事実だ。

その事は自分自身が分かっているはずで、こんな素人に言われる覚えはないだろうけど、黒田が悩み苦しみ西海岸から東海岸へと移ったことは分かる。きっと元阪神の猪俣が経営する寿司屋で、いろんな話しを聞しているのだろう。

私は2003年のあの球を知っている。メジャーに最初に挑戦したのは沢村じゃない。江夏だ。それもキャリアの最後に挑戦した。成績は上々だったバンクーバーでの最終テストに、彼はメジャー残留という評価を得ることができなかったが、それは全盛期に彼の希望をかなえなかった日本球界に問題がある。だけど広島は違った。金はないけど夢は与える球団だった。

ドジャースに移った初年度。どれだけレベルの低い投球が続いただろう。だけど、日本のメディアは「結果がついて来ない」と言っていたが、私は「ピッチングのレベルが低い」と感じていた。それは誰よりも本人が認識していたはずだ。ピッチングの衰えではない、長年野球をやっていた者は誰もが知っている、年齢的な衰えだ。

一般の人が「肉離れ」というものが、どれだけ大変なのか分かるだろうか?筋肉がドーンとへこみ固まり、全く動かなくなる。それをストレッチで伸ばして、無理やり使うのがプロだ。プロ野球を10年以上経験した選手の手足を触ってみれば分かる。驚くほどデコボコである。

彼はメジャーへ渡る前年、小さな手術をしている。その後はピッチングは間違いなく変化した。そんなくだらない情報を知っている事を自慢したいのではない。ピッチングが変化した事実は黒田自身が一番分かってるからだ。

だからこそ言いたい。彼はヤンキースにいても、彼のために戦ってはいない。野球という団体競技を理解するには、その全体を理解して欲しいと同時に、各選手の努力に賞賛を送ってもらいたい。彼らは世界最高峰で、私たち日本人を必死にアピールしている最前線にいるのだから。

gq1023 at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月13日

サンノゼで事故

bada6f9a.jpgやっちまいました。サンノゼで不注意により縁石に乗り上げバースト。只今救援待ちです。はーあ、毎回何かありますなあ。


gq1023 at 15:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月12日

夏八木勲さん

5221dd9a.jpg人間きっかけなんて何処にあるか分からない。8耐チーム「石垣島マグロレーシング」のスポンサー募集チラシを配りに石垣島に行った時に、映画サンゴレンジャープロデューサーの西初恵さんと居酒屋で会って意気投合。もう4年も前の事です。

「石垣島マグロレーシング」の個人スポンサー第1号は西さんです。東京ヨシモトの初期メンバーの一人で、とっても共通の友人も多く、話しが弾んで、先週は嫁と子供が西さんと飲み会に行ってました。

あれから何年も必死に映画化の努力をして、昨年この作品がクランクインするんだけど、まあ知り合い総出演というか、お金なさすぎというか、ものすごい努力の末、この映画が完成しました。来月公開です。テロップ出ませんが、うちの子供もエキストラ出演してます。

でもね、西さんが「夏八木さんと一緒なんだけど」って言われても、ご一緒しなかったんです。大御所だし話す事ないですからね。もちろん佐々木希ちゃんとも一緒にいられませんでしたよ。だから撮影中も、去年の1号試写の時も、その辺でウダウダ勝手にお酒飲んでました。

そうですかー、亡くなられましたかあ。夏八木さんの役はヨギさんって名前で、その後ろにエキストラやってる人がヨギさんで、それがおもしろかったって話ししただけでしたねえ。石垣島で映画に関わったみんなは、とっても悲しんでるんでしょうねえ。ヨギさん気にいられてたしなあ。

夏八木さんの役は本当に重要な役どころで、言葉ではなく心を表現する役回りをされてます。よろしければご覧ください。映画「サンゴレンジャー」は間もなく公開です。

gq1023 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 沖縄・石垣島 

ロサンゼルス&サンディエゴ視察完了

LAに入って、その日からいきなりハリウッドやビバリーヒルズを回って、スーパーで食材を買って来て部屋飲み。ビンボー視察ツアーのスタートでした。宿泊はギャングの多いイングルウッド市内です。

翌朝は6時出発の予定が時差ボケで9時半起きになってしまいましたが、予定通りトーランスという日本人が多く住むエリアの、ミツワマーケットに行って来ました。ラーメンの山頭火や和菓子の源吉兆庵も入ってます。

トーランスの生活環境確認で、ウォルマート・ホームデポ・コストコといった所を回り、一路ロサンゼルス市内へ。毎回行くのですが、全米日系人博物館を回り歴史を再確認。そこからドジャースの試合を観に行き、試合終了の22時半から車でイングルウッドまで走ってホテルに戻りました。

今日は5時起きの6時出発でサンディエゴに出発。途中朝食をとって9時にはパドレスの本拠地でWBCでもおなじみのペトコパークに到着しました。ホートンプラザが大改修中だったけど、まあ市内の中心部を全部回り、高級住宅街のラホヤやビーチを見て、そこからメキシコのティファナへ移動しました。

メキシコとアメリカの国境線は経済活動が活発で、観光客目当ての商売は激減。かわりに経済活力の向上を感じることができました。メキシコ入りは5分でしたが、帰りのアメリカ入国には3時間近くかかりました。

そこから一路アナハイムへ移動し、エンジェルスの本拠地エンゼルスタジアムやディズニーランド周辺を視察し、ホテルに戻ってきたのは21時半。近くの吉野家でテイクアウトした焼うどんで、またも部屋飲みしました。

ロサンゼルス近郊で飲食店出すとなると、やっぱミツワの中のテナント狙いですかねえ?サンディエゴは、非常に魅力的ですが、不動産価格が高いのが悩ましいです。今日は半日休んでスーパーマーケットに行ってから、サンフランシスコに移動します。

さあ、どんなことになるやら…。もう少しいろいろ見物してみます。

gq1023 at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月11日

ロサンゼルス訪問中

いろいろあって、急遽ロサンゼルスを訪問中です。昨日は地味にトーランスの日本食スーパーであるミツワを見学し、トーランスやガーデナの不動産も物色しました。20年ほど止めていたアメリカ進出って夢を、もう一度追いかけたくなったからです。

大した夢じゃありません。昨日夕刻に、リトルトーキョーにあるJapanese American National Museum(全米日系人博物館)に行ってきました。何度も訪れてますが、今回もまた心の中でいっぱい泣いてきました。本当に過去にアメリカに渡った日本人たちは苦労しています。

1900年以前にすでに日本人はアメリカへと渡っていました。とても飛行機なんてない頃です。それが今や、10万円も払えば行けるようになったのに、若者たちは行かない。いや、自分もです。なんか、つくづく自分がダメだなあと思うようになりました。

昨日はドジャースvsマーリンズの試合も観てきました。ドジャースは負けましたが、試合を楽しむ人々の姿や、エンタテイメントとしての盛り上げ演出や、試合終了後にグランドを開放した上で、花火をやるという、日本のプロ野球には絶対にない演出に、心から感心しました。

20歳ぐらいの時はカナダのバンクーバーに住んでいて、日本に帰るなんて思いもよりませんでした。「いつかアメリカでやってやる」って思ってました。得体の知れない自信も持ってました。なぜそれが、どこかに消えたのかは自分でも分かりません。

日本で何不自由ない生活を送っていますが、アメリカに来るとなぜか「帰ってきた」という感覚を持ちます。高校生までは日本で生活していましたが、実際に社会人を経験したのはカナダだったので、今も日本の社会生活には違和感があります。

高校卒業までの生活なんて小さなエリアでしかありません。はじめて会社員の常識を学んだのは北米大陸でした。だから、いまだに名刺を出したり頭を下げたりは苦手です。ゴルフ接待や飲みの営業もダメです。ホームパーティーはOKですけどね。

今日はサンディエゴやティファナまで足を延ばします。自分の半世紀を振り返り、その過去にケリをつけ、自らの日本人としての価値と生き方を見つめなおします。要するに、仕事をさぼって遊んでおります。ウソでーす、仕事にかこつけて自分を振り返っております。

gq1023 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月09日

ちょっとアメリカに行くのでブログ書けないかも

ものすごくお金をかけて、貧乏旅行に行きます。しばらくブログ書けないかもです。別に川口委員長の解任や、ものすごく前の外務大臣に中国外交を頼んでる現状に腹が立ってるのではなく、アメリカでお店やろうという野望の実現のためです。

gq1023 at 23:06|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

街にサルが出てきたって!?

cc2564b0.jpgよく「街にサルが出てきた」なんて話題がありますが、あれっておかしいと思いません?サルはもともと住んでるわけで、「人が住むようになってから、めっきりサルが姿を現しません」ってのが普通ですよ。

田園調布や自由が丘のすぐ近所に、奥沢城跡ってのがあります。豪徳寺って所に世田谷城ってのがあって、その出城だったらしいのですが、そこには禁銃猟の石碑があります。今や高級住宅街になってるあたりは、猟ができるほど動物がいた山林だったのです。

スタジオジブリが94年に公開したアニメ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」はね、多摩丘陵で暮らしていた狸の山を、人間が大開発してニュータウン化しはじめて、狸たちが人間に化けて抵抗運動するという話しなのですが、最初に見たときは、自分たちがやってる開発ってのが、動物の住む場所を破壊することであるのを、はじめて自覚した瞬間でした。

動物が田畑を荒らすといいいますが、人間が山林を荒らしたから、動物が人里に降りてくるわけです。人は増え続けて来て、動物は減り続けて来たのです。

最近、中国人が東京や大阪の都市部に増えてきました。以前からインド人が大量に不動産を取得していたのですが、中国人による投資も活性化しています。東京中心部のビルやマンションも、かなりの割合で中国人投資家が所有するようになりました。

中国人投資家による企業買収も活発化しており、山林や離島などの売買の大半は中国人です。かつて動物の森を、勝手に人間が土地として販売したのと同じように、それを持つ日本人が、中国人に売っています。日本は中国になりつつあるのです。

平成狸合戦の狸は、開発に抵抗していましたが、日本の日本人は喜んで中国人に土地を明け渡しています。尖閣問題を遠いところの出来事と思っている日本人は多いかも知れません。でも中国は知っています。こんな国、兵器なんてなくても簡単につぶせることを。

いずれ「街に日本人が出てきた」と言われることでしょう。そうなる日まで、残された時間は、そう多くないと思ってます。

gq1023 at 06:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月08日

食べ物における負の連鎖

bfd9a8cd.jpgお肉って普通にしてたら長持ちするんですが、スーパーマーケットのは解凍肉だから日持ちしない。野菜だって売れ残ったら惣菜にしちゃう。果物って熟したら汁が出てくる。店頭に並んでるのって汁が出てないでしょ。熟れてないんです。

こんな当たり前のことすら消費者ってのは知らない。ジュース屋さんのジュースがおいしいのは、店頭に置いておけない熟した果物を、ジューサーで絞るからですよ。昔は店頭に新聞紙敷いて、その上に熟れた果物を置いて売ってたんですがねえ。

肉用に赤い電球つけてね、姑息な手段をてんこ盛りにして売るんだけど、そこにお客さんもワンサカ押し寄せる。結局誠実なお店から潰れていくわけです。

そうやって、美味しくない物しか食べない人は、美味しくない物を食べないと美味しいと思えなくなる。高級ステーキより吉野家の牛どんのほうが美味しいと思うようになるわけです。

これどうにかなりませんかねえ?未来展望ゼロですよ。第三次産業のスーパーマーケットが、第一次産業の生産者を買い叩く。消費者はひたすらまずくても安い物を買いまくる。中国人が高くても美味しい物を探すのと正反対です。

そばやパンって小麦粉に水を混ぜて作るんですが、そんな手間をかけて高い物にするぐらいなら、小麦粉を水で流し込めばいいじゃないですか。消費者はそう思ってるんですかねえ?そんなわけないでしょ。

生産者を国民みんなで買い叩く今の構図が、どうしても納得行きません。農水省は農家に金を落とすだけ。売るための展望がない。経産省は販売する流通支援などはやるけど、生産者支援は行わない。

いや、農商工連携ってあるんですが、まあ金目当ての事例だらけです。役に立ってない。もっと根本的な部分での対策が必要だと思うのですが、企画が思いつきません。思いついたらボロ儲けなんだけどなー!

gq1023 at 05:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

結婚式の挨拶で会社の話しをする人はダメ

5284d920.jpgよく結婚式の挨拶で、ひたすら自分の会社の説明してる人いるでしょ。だいたい新郎の上司。「ご存知ない方のために」って言って、延々と自社の説明する人ね。

ご存じない方のためにって言ってる時点で「ほとんどの方はご存知でしょうが」ってことなんで、全員どっちらけになるわけです。乾杯の挨拶だったりしたら、「酒がまずくなる話しするんじゃねーよ!」って感じです。

ひたすら会社の説明5分ほどやった挙句、突然「その中でも彼は重要な人材です」なんて言われてもね、会社の自慢話さんざん聞いた後で、いきなりの上から目線。「お前、そんなスピーチありえねーだろ!」ってツッコミ入れたくなります。

披露宴中も会社の同僚だけで盛り上がってるテーブルとかもあるんですよ。披露宴って宴会じゃないんでね、同級生で盛り上がったりはいいんだけど、新郎新婦の働いている会社の同僚を、何人も呼ぶっておかしいでしょ。せいぜい3人までですよ。

こういう人の多くは大企業の人なんです。就職する前の職業が学生って人ね。就職した会社の常識が唯一の社会常識だから、普通じゃないことを普通と思ってたりする。だから平然と非常識なことを人前でやってしまうわけです。

これ、披露宴だから許されますが、仕事だと嫌がられるわけですよ。会社の自慢されても相手は迷惑でしょ。そんなことより、一緒にいて居心地のいい人と仕事したいじゃないですか。一緒に成長できそうな雰囲気のある人ね。

リコーやキャノンといった立派な会社の人がコピー機を売りに来てね、自社の歴史も知らず「信頼してください」とか言ってね、最後にお得になりましたって見積り見せられてね、それで買ったら知らんぷりって人も多いでしょ。こんなの営業じゃない。

うまい営業さんは、「私は営業暦3年なんですが、営業になって知らない方とお話しするようになって、本当に小さな人間だなあってことをつくづく感じる場面が多いんですよ」なんて言うのです。続き聞きたくなるもんね。

ヤナセの営業さんはね、「高級車って現金でお求めになる方が多いんですよ」って言って反応を見ます。「えー!」って言われたら「私もビックリですよ。ちなみに私は全額ローンでメルセデスのBクラスを買ったんですが」なんてやる。

逆のパターンで「私も現金で考えてます」だったら、「節税をお考えですか?それとも純粋にお車の購入ということでしょうか」と経営コンサル風になる。これ重要!

結婚式の挨拶も、続きを聞きたくなるような話しにしなきゃいけない。「私は彼と出会ったとき、今だから申し上げますが、20歳の年の差を超えたライバル心のような得体の知れないものを感じました」なんて言われるとね、会社のエピソードでも聞きたくなる。

こういう普通のことを、もう少し意識したほうが、何事においても有利なんじゃないかと思うのですが、なんで世の中にはひどい挨拶したり、同僚だけで大騒ぎする人がいるのですかねえ?「お前、その話し、オチあるんやろうな!」って思っちゃう関西人なんですんません。

gq1023 at 04:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月07日

バカも休み休み言え

少子高齢化なのに保育所が足りない。

少子高齢化対策は子供を増やすことなんだけど、保育所の数が足りないから子供が産めない。だから子供が増えない。待機児童解消こそが少子高齢化解消のポイントである。

少子高齢化対策として、企業に育休を自由に取れる制度を導入すると同時に、その育休を最大3年とすることで、子育てのしやすい環境を整備する。

子供のいる世帯はお金が必要なので、児童を育てる世帯には児童手当を、その親の口座に現金で支給する。

意義アリ!

少子高齢化なのに保育所が足りないってのがおかしい。それは税金や社会保険料の不足を女性や老人も働かせて徴収しようって政策のせいでしょ。まあ男女平等とか雇用均等とか言って騙して行ったから、子供そっちのけの親や、孫の面倒見れない老人が出てきた。

少子高齢化対策で育休3年間にするってさあ、夫婦って2人なんだから、出生率を上げるには3人産ませなきゃいけないんでしょ。3人も産んだら9年間休みって事だよ。なんじゃその法案?本当に頭の中で考えてる?

児童手当を現金で親の口座に支給したら、親は子供のために使わないよ。生活費になっちゃう。そもそも、子供が高校生になったら打ち切りってさあ、そこからお金って必要なんじゃないの?私の考え方が狂ってるの?

子供なんてのは、性欲にまかせて性交渉やってるうちに一定数出来てくれないといけない。別にエロい話しじゃなくて、そんなもんどこの国でも同じですよ。出来ちゃった結婚の比率を上げないといけない。子供が出来たら結婚ぐらいでちょうどいい。

最大の少子高齢化策は、もっと学校で、アレが気持ちいいって事を教えることからだと思ってます。お金あげたり保育所をつくったら子供が産まれると思ってる人は、性教育を受けなおせ!

gq1023 at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

金持ち喧嘩せず

b721e864.jpg自分自身は別に何かに腹を立てたいと思ってないのですが、なんか社会に対して釈然としない怒りを覚えてしまう。だからブログにそれを書いちゃうのですが、いつもお金持ちの方に「金持ち喧嘩せずって言うから、君が世の中に腹が立つって事は、今あるお金じゃ不満があるって言ってるのと同じだよ」と言われます。

ひどい時は「だったら政治家めざせば」とまで言われます。いやいや、知らん人に頭下げたり、意味もなく両手で握手させられたり、街頭で誰も聞かない演説させられたり、わけのわからん宴会で乾杯の挨拶させられるのはまっぴら御免です。

そうじゃなくて、私が社会に腹が立つのって、お金がないからですかねえ?いま目の前に10億円出されても、1時間以内に使い切りますけどねえ。やりたい映画撮って、やりたいレースやったら、一瞬で消え去りますよ。だからって、今の年収に不満なんてない。

確かにだいたい殺人事件とかやるのは、借金返済せまられた人か、ふられた恋人って事になってますし、大金持ちのキチガイが殺人をやったなんてのは聞きませんから、金持ち喧嘩せずってのは事実かも知れませんが、昨日会った方の意見は最高でした。

「金持ちが東京に住んでる可能性はゼロでしょ」ですって。「金持ち喧嘩せずって、金儲けだけ考えてる人は、金儲け以外のことに目くじら立てないってことだよ」だそうです。「年間の不労所得が1億円あったら、誰が東京に住みます?」とも言われました。目からウロコですよ。「世界のどこにも接してない離れ小島で暮らさないでしょ」ですって。うーむ、変に納得。

帰って来てネットで「金持ち喧嘩せず」を調べたら、「喧嘩すると損ばかりで得がないことを金持ちは知っているので、人と争うことはしないというたとえ。」となってました。本当だ!

つまり、この喧嘩しない金持ちは、金勘定した上でけんかしないって道を選んでるってるってことです。今日の意見は、「けんかしない金持ちってヤツは、本物の金持ちじゃない」って言われたわけです。

「国の1000兆円の借金が不満なら、君が1000兆円寄付してやれば解決だろ。」って言われたのですよ。いやー、あまりにも飛躍しすぎていて、意味が分からないけど何となく分かる。

その人が言ったのがね、「元々金持ちの人は、金持ちってのを人に見せびらかす事を知らない。人は皆同じように自然に湧いてくるお金の泉を持ってると思ってる。働いて賃金をもらったことはないから、働くって意味が分からない。それが金持ちなんだから、我々と会う事は絶対ないよ。」ですよ。いやー、信憑性のある発言です。

そういえば、若い頃に邱永漢さんがよく言ってたのを思い出しました。「金持ち舟に乗らず」「金持ち身が大事」「重宝を抱く者は夜行せず」を今一度思いおこして、社会に怒りを覚えない、お釈迦様やアラーの神や天皇陛下のような気持ちを持った人になりたいと思います。絶対無理だけど・・・。

gq1023 at 05:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月06日

モラルやマナーでもアジアで遅れを取る日本人

65dad841.jpg近年、日本人のモラル低下が叫ばれてるでしょ。だけど、一番気づかなきゃいけない日本人自身が気づいてない。逆に「中国人や韓国人はモラルが低い」なんて、知らない人ほど言ってたりします。

でもね、電車に子連れが乗ってきたら、中国や韓国なら確実に誰かが席を譲りますよ。たとえ抱っこしないで良い大きさの子供であっても、子連れには席を譲る。もちろん老人にもね。日本みたいに「優先席」なんて設けなくても、普通にやってます。

それにひきかえ日本では、平然と優先席に関係ない人が座ってるでしょ。「空いてたら優先席でも座っていい」って無理やりの理由をつくってるわけです。

妊婦がいても知らん振りして座り続ける学生。子連れの人を後ろから追い抜いて奪取して席を取るオバチャン。満員のラッシュ時に老人が目の前にいても、平然と優先席で寝たフリを続けるサラリーマンにOL。どこの国の出来事か分かりますよね。

オリンピック誘致活動中のどっかの知事が、バカ発言してたでしょ。あんな事、世界で言う人いませんよ。「世界には個別の素晴らししさがある。その中で日本の魅力も語られるようありたい」なんて言えないんですね。人の悪口しか言わず生きてきてるからですよ。

人の目を見て話しできない。目と目が合ったら目線を外す。人と会ったらおじぎする。歯並びガタガタも普通。まあ、世界とは大きくかけ離れた日本の常識があります。それに加え、モラルやマナーも悪くなってる。これを総称してガラパゴスって呼ぶわけです。

従来の携帯電話をガラケーって呼びますが、スマホだって日本語サイトしか読まなければ、立派にガラパゴスですよ。日本語って言語は、日本人は分かってませんが、世界地図の右端にある小さな離島部だけの民族語です。

もっと日本人は、世界と言う視点での日本を知ったほうがいい。歩道を自転車が走ってるのなんて、世界からしたら超非常識です。中国や韓国では、昔から自転車は車道を走ってました。

もはやアジアの中でも遅れを取る日本。それがモラルやマナーの部分にまでいたっている事を、多くの人々に知ってもらいたいです。

まあ、国家としての発言については、モラルやマナーと言ったことを気にしつつ、何も大したメッセージを発しないわけ(いらん事を言う人は多いですが)で、その部分からなおさないといけないのかも知れませんがね。

あっ!これも悪口だな。いかんいかん、気をつけよう。

gq1023 at 05:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月05日

ジョギングなんかで痩せるわけがない

はっきり言っておきます。ジョギングなんかで体重は落ちません。私の12年間の実績がそれを証明しています。体重約70kgの私が10km走って消費カロリーは700kcalです。1kg落とすには7000kcal消費しなければいけませんから、100km走らないとダメです。

私の大好きな泡盛水割りやウーロンハイは1杯100kcal。濃い目のダブルだと200kcal。だいたい5杯は飲むから500kalから1000kcal飲みます。ツマミも食べるので、まあ平均1500kcalぐらいでしょうか?帰りに天下一品ラーメンでこってりを食べたらプラス800kcal。摂取カロリーは牛丼3〜4杯分。ジョギングで帳消しにするにはフルマラソンぐらい走る必要があります。

私が走っているのは、前夜のお酒を抜くためです。それは家族が一番知ってます。1時間ほど走って帰って来て、トイレに駆け込んで嘔吐してることもしばしばです。ある意味、不健康の証と言ってもいいかもしれません。

でも、健康な人しか太れないのです。病気になれば痩せるのです。小太りは健康の証です。病気の人は、太っている人がうらやましくて仕方ない事でしょう。

広告屋の観点で言えば、痩せるという商品では絶対に痩せません。痩せるのは摂取カロリーを減らして、消費カロリーを増やすしかないのです。痩せようという人は太っているわけで、その人は食べすぎ&運動不足の人ですから、何をやっても痩せません。

ロングブレスもモムチャンも骨盤もいいですが、痩せるなら「飲むのと食うのを減らす」こと。これしかないと、ジーンズのウエストがきつくなってきた自分に言い聞かせてます。

gq1023 at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

その昔、銀行でお金を引き出すのは恥だった!?

keizai今では銀行でお金を下ろすのって当たり前でしょ。でも、ほんの数十年前は、それは恥ずかしいことでした。というのも、企業の給料は現金支給だったし、商売人だって現金商売が基本でしょ。

事前の計画通りに現金を用意しておけば、銀行にいく必要なんてないんですよ。だから、ATMコーナーも隠れた所にあったんです。見つかったらダメなんでね。昔からのATMコーナーが、あんな人知れずあるのは、預けに行くのが危険だからじゃなく、引き出すのを見られたくないだろうという配慮です。

昔は商売人が売上金を預けるのは夜間金庫ってものでした。専用の入金鞄に入れて鍵をかけて、銀行にあるポストみたいな所に入れる仕組みだったのですが、今はなくなりまくってます。

なぜなら、昔は1度入れたお金を誰も引き出さなかったから、預金集金機能として有効でしたが、今は気軽に出し入れしちゃうので、集金機能ではなく夜の間だけお金を預かって、さらに翌朝数えて口座に入れる手間だけが残るので、儲からないためやめてるのです。

だから銀行って所は、入ってきたお金を投資に回せたんです。ところが今は、平気でお金を下ろしちゃう。各口座の維持管理手数料って年間に1万円じゃ済まないほどかかるのですが、手数料を銀行に万単位で落とす人ってほとんどいない。

それどころか、残高はいつも100万円未満って人もザラにいます。こんなの口座をなくしてもらいたいって感じでしょうが、そうも行かないという現実があります。

本当は、銀行が日本国内の企業に活力を与える存在になり、人々もその原資として預金をするって動きになればいいのですが、今の銀行は一般客を無視し、どんどん支店を統廃合してATM店舗に変え、投資先は世界各国の金融商品中心となってます。

政府や国民や企業は、今の銀行を批判する前に、預金残高を毎月増やして、手数料をガンガン落としてやらないと、未来の日本は危ないって事に、そろそろ気づかないといけないのじゃないかと、正直危惧してます。

gq1023 at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月04日

100メートル10秒の世界

100メートル10秒ということは、1分で600メートル。ってことは60分で36000メートルだから、平均時速36キロメートルになる。

50ccのスーパーカブで100メートルをスタートダッシュしたような感じだろうか。

ウサインボルトばりの速さで、1リッターのガソリンで、マラソン2回分以上走るカブを、今さらながらスゴイとしみじみ感じる朝だ。


gq1023 at 08:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

いくらなんでも潰れる店が多すぎる

edc3068c.jpg浜松町のオフィスビルから品川区の商店街に移転してきて3年が経ちました。商店街の中に事務所を構えて、本当に驚いてることは、どんどんお店が潰れることです。

銀だこ・ハーゲンダッツ・東京チカラめし・ペッパーランチといった有名フランチャイズ店も消えましたが、有名店の看板を掲げてない所も、どんどん潰れます。心苦しいのは、知り合いになる事もなく消えるお店が多いことです。

オープンするのに、並びの店に挨拶って普通するでしょ。でも、ほとんどの店は何の挨拶もなく工事がはじまってオープンする。そしたらね、自分の店の常連さんが聞いてくるんですよ「あの店、何になるんでしょうねえ」ってね。

挨拶されてれいれば、「あそこ化粧品店ですよ。先日夫婦で挨拶来ましたよ」って言えるんだけど、挨拶来ないと「分からないんですよ。あそこ家賃50万もするのにねえ」なんて話しになっちゃう。スタートでつまづいちゃうわけです。

店舗内外装で1000万円借りても、10年払いで月々8.5万円。家賃30万円、通信光熱費10万円、自分の賃金30万円、バイト10万円なら、月に利益が88.5万円いるわけです。

これを、毎週1回定休日があって、毎日11時から21時営業とすると、88.5万円割る25日で約3.5万円。飲食店だと昼と夜にお客さんが集中するので、昼に1万円で夜に2.5万円稼ぐ感じになります。

座席20席のラーメン屋だと思ってくださいね。昼時に2回転が限界ですよ。それで1杯250円の利益。1回転なら500円の利益が必要です。夜も客数は変わらないから、お酒で稼がないといけない。いやー厳しい。アイスクリームとかたこ焼きだったら、もっと難しいの分かるでしょ。

ところが、実際には店舗内装と店舗の保証金などで1000万円で収まらないんですよ。家賃だってもっと高い。自分とバイト1人だけで毎日10時間営業やるのも現実には無理なんで、もっと人が必要になる。儲かるわけがないじゃないですか。

店舗コンサルって、保証金や内装工事からのピンハネが仕事だったりします。当たり前ですよね、開店の時しかお金動かないですもん。独立自営をやろうと思ったら、その瞬間からお金払う先は全部敵だと思って動かないと、知らない人たちが儲けて終わりになりかねません。

まさに独立するって方は、経営者的視点に立ち、物事を楽観視することなく、店舗経営ってのをはじめてもらいたいと切に願います。

gq1023 at 05:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月03日

中国政府は謝らない

40d8050d.jpg昨日のテレビで中国のジャーナリストが「今まで中国人に対して犯してきた国家的犯罪について国民にすら謝らない中国政府が、日本に謝るわけがない」というのを聞いて、あまりにも頭の中がスッキリしたので、ここにメモっておきます。

文化大革命という権力闘争では、中国の歴史的文化を破壊しまくり、数百万人(1千万人との説もある)を殺しまくったと言われてますが、一度も謝ってません。

私の記憶に新しいのは89年の天安門事件。デモ隊が集まっていた所に人民解放軍が来て、その前から警備していた警官や兵隊もろとも銃を打ちまくって、デモ隊を排除したものです。

それはもう凄まじく、戦車と装甲車で水平射撃しながらデモ隊の中に突っ込んだので、そこにいた人は次々とひき殺され、捕らえられた人々は、なんと公開処刑されました。まあ、気持ち悪い写真や映像を見たい人は、検索してみてください。

その前年に、高知学芸高校の修学旅行生を乗せた列車が、上海で大事故をおこして、何十人も亡くなった事故があったのですが、その時に中国政府が一人につき数十万円を払ったのですが、外務省の中では「中国が非を認めるのは画期的」と言われてました。

確かに彼らは謝ってない。自国民に対して謝らない人が、日本に対して謝るわけないって言われて、はじめて胸のつっかえが取れたような気がします。

gq1023 at 07:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

グローバル社会

honその昔、コンビニや牛どん店で外国人が働いているのを見て驚いたのは、何年前だっただろう?今の東京では、外国人が働いているのが当たり前になっている。下手をすると、店員が全員外国人という時間まである。日本人が、この種の労働を嫌った結果がこれだ。

学生は就職先がないというが、求人なんていくらでも出ている。選り好みをしてるだけ。でも、その間も求人企業は人材が必要なわけで、そこを外国人が埋めていく。もうそうなると、日本人に雇用は戻ってこない。

この外国人に支払われた賃金のうち、確実に一定の額が海外に送金される。日本国内の雇用による人件費が、海外に流れていくのだから、国内からマネーが減っていく。物価も下がるし賃金も下がる。当たり前の話しだ。

ホンダがバイクの生産を、徹底的に海外に移転している。私の乗ってるCBR250Rはタイ製、Todayというスクーターは中国製だ。こんど発売されるLEAD125はベトナム製。先日まで乗っていたNC700Xは熊本工場で組み立てられているが、部品の大半は海外製だ。

こうなると、もはや本社が日本にあるだけに過ぎない。グラフは見れば分かるが、これが売上に占める日本の割合。まあ、あってもなくても良いレベルである。台数で言えばホンダが全世界で販売したバイク1256万台のうち、日本での販売台数はたったの22万台。

つまり、日本ってのはこういう国だ。以前は自国で生産した物を海外に輸出していたが、今は世界各地で開発して、世界各国の工場で生産して世界中に販売し、その利益だけを日本の本社で吸い上げる。この国は、グローバルでなければならないのだ。

ところが最近の若者は、海外旅行も留学もしないらしい。なんで?日本にいて、コンビニ店員や牛どん店の店員が外国人なのを見て、自分もグローバルになろうと思わないのだろうか?それとも、目の前に展開されてる現実を見抜く力すら失ってしまったのだろうか?

人口が1千万人にも満たない北欧の小国スウェーデン。ここは、国の存亡をグローバル化に賭けている。その結果、H&M・IKEA・ボルボ・ハスクバーナ・WeSC・アブソルートウォッカ・エリクソンといった世界有数の企業を有している。

日本には人口が1億2千万人以上もいる。どんな会社だって世界企業にできる可能性があるはずだ。スウェーデンにできて日本にできないはずがない。若者よ立ち上がれ!日本人よ戦え!我々は、グローバル社会の一員なのだ。

若者は、こんな老人と借金しかない国の中でウジウジしていてはダメだ。外へ向かって戦うのだ。このまま戦わなければ、この国は老人にあらゆるものを食い尽くされて、全員がのたれ死ぬしかないんじゃないかと思っている。

その若者とは自分のことだ。がんばれオレ!

gq1023 at 05:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月02日

オリンピック招致活動終了!?

beb04bec.jpgとっても良い雰囲気で招致活動が進んでいたのに、ゼネコンやスポーツ団体にも東京オリンピックへ向けた組織が出来た所もあったのに、知事の残念な発言で、東京でオリンピックが行われる可能性がなくなって数日が過ぎました。

なかなか心の整理がつかず、この話題を書けなかったのですが、ようやく落ち着いて来たので、この件を書きたいと思います。

オリンピック招致活動の大前提は、「他の都市を批判したり比較してはいけない」というものです。だから、常に立候補地のトップは、その他の立候補地を賞賛します。「世界の素晴らしい都市とともに、私たちが並んでいることを誇りに思います」といった発言でなければいけません。

世界はプラス思考です。アメリカで20ドル札出して5ドル25セントの物を買うと、14ドル75セントがつり銭って考えるのは、マイナス思考の日本人の考え方です。

アメリカでは、お店の人が「5ドル25セント」って言ってから、そこに25セント硬貨を1枚出すたびに「5ドル50」「5ドル75」「6ドル」ってカウントして、1ドル札を1枚づつ足して「7ドル」「8ドル」「9ドル」「10ドル」ってやって、最後に10ドル札1枚を足して「トゥエンティ!」ってやります。本当です。

相手がダメなら自分が良くなるという発想では、世界とは戦えません。オリンピック招致活動は、バカみたいな知事選とは違うのです。経済力や政治力は当たり前ですが、その他に品位や品格が求められるのです。

石原前知事時代の招致活動最大の失敗はココにありました。悪口がクセになってる人ですから、やむをえないのですが、最後は招致活動のツール製作等を依頼した広告代理店まで「金払わない」なんて言って敵にしちゃってました。

私はね、猪瀬さんは人格者だし作家だし、何よりも石原さんの近くにいたから、同じ失敗はしないと思ってたんです。だけど、もっと悪い発言しちゃいました。

「インフラが整っておらず、洗練された設備もない二つの国と比べて下さい」とマドリードとイスタンブールを否定し、「イスラム諸国が共有しているのはアラーだけで、お互いにけんかばかりしている。」と、トルコだけでなくイスラム全体を否定しました。

その発言って必要あります?自己PRって相手批判じゃないっすよ。そもそも、立候補都市のトップが、オリンピックに関して発言する場合は、すべて世界へ向けてのメッセージだと思わないといけない。なんで分からなかったんですかねえ?

マザー・テレサはこう言っています。
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

なんだかなあって感じです。

gq1023 at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ソニー、全役員がボーナス返上

d6ee2d30.jpg世の中ではボーナスの支給額が上がるって話しで盛り上がってますが、うちの近所にあるソニーって会社は、全役員ボーナス返上だそうです。新しくできたばかりの新社屋も売るんじゃないかって話しで盛り上がってます。

私はソニーシンパです。だからできるだけソニーの物を買いたいと思ってる。だけど、買いたいものがないんですよ。メモリースティックを全力で押し始めた頃から、何も欲しくなくなりました。

だから買わないってことはないですよ。お店の40インチディスプレイはソニーだし、社員のパソコンもソニーです。デジカメも持ってる。そもそも、うちの会社にある放送用機材は、大半がソニーです。

3月期の赤字が5200億円で、4期連続の赤字で累計約9200億円だそうですから、役員どころか社員のボーナスゼロにしても、お話にならないぐらいの大赤字なんですが、今さらながら役員のボーナス返上なんて言ってる時点で危機感ゼロです。

ソニーって、放送機材の世界ではカリスマです。だけどね、民生機って言われる一般に販売される世界では、その事実が伝わってないでしょ。ベータマックスがVHSに負けたのだって、圧倒的に画質がいいのはベータだったけど、PRが下手くそだったからですよ。

iPhoneってね、前面に唯一あるホームボタンってのが命なのに、こいつが壊れる。最初から致命的欠陥を持ってるわけです。今の機種は大丈夫になりましたが、昔のはヒッドイ基盤のボタン使ってましたからね。だけど、売れてるんですよ。性能なんて全然ダメだけど売れてる。

この「売れる」ってことが重要なんです。性能じゃないし機能じゃない。かつての元気なソニーもそうでした。ソニータイマーと言って、保障期間を過ぎると、うんともすんとも言わなくなる。英語では"SONY Kill Switch"と言われて、ウィキにも載ってます。その昔は、耐久性はないけど売れてた。売れてる間に改善すれば良かったんです。

だけど、改善されなかった。さすがにユーザーも怒るわけですよ。うちにも動かないVaioノートが3台ありました。"Good Bye SONY Timer"って全機種5年保障付きのキャンペーンやっても良かった。だけどやらないでしょ。

携帯電話もね、独自のくるくるダイヤル付けてたんです。マルチファンクションダイヤルだったかな?便利だと思って使ってた人いたのに突然やめちゃう。そんなの続けられたら、ついていけませんよ。メモリースティックだってやめそうでしょ。

今はね、Buzz(バズ)って広告手法の時代です。ウワサ話を喚起させる手法です。ようするに話題を与える。今のソニーって、人の話題になってない。ウワサ話の時代に、話しもされてないネタは、当然検索だってされません。

ソニーのホームページ行って見てくださいよ。ヒッドイから。アップルのホームページと比較すると、その違いは際立ちます。トップページに「ソニー社員を名乗り、就職活動等に関して声をかける不審者にご注意ください。」とか「ソニー(株)株主/代表取締役」と名乗る者からのポイント贈与等の勧誘メールにご注意ください。」なんて載せまっか?

何も用事はないんだけど、ちょっとゴールデンウイーク明けににでも、ソニーに行ってみるかって気分になってます。景気の悪い会社に行くのは抵抗感ありますがね。

gq1023 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)