静岡まつりはお城のまつりだ!通販化粧品企画の全体会議

2005年04月04日

久しぶりの公営競技の企画

ひさしぶりに公営競技の広報企画作成。
というよりも、2週間ぐらい前にオリエンテーションのあったものを、仕上げる日。明日がプレゼンだ!

公営競技の企画は、公営という名のとおり、国や地方自治体が運営者であることから、ほぼすべてが競合によって決まる。よって、今回も競合プレゼンだ。それにしても、広告や広報プランの企画内容を判定できる人が自治体の中にいるのだろうか?競合にすると、広告料金は高くなるのに・・・。

じつはテレビ・ラジオ等の広告料金は、広告代理店によって異なる。
当然、取り扱い高の多い代理店は安く仕入れることができるため、その代理店から買う広告主は安く購入できるのだ。だたしこれは、競合でない場合。

複数の代理店で競合にすると、放送局は多くの代理店とつきあっているため、一番料金の高いところに合わせてくる。そうすると、全代理店の仕入料金が同じになるので、利益の削り合いが勝負どころになる。

だから、結果的に一番安い代理店で決めると、一番利益の少ない代理店になり、プラスアルファのサービスは期待できなくなる。4公営競技すべての売上が低迷している今こそ、大手広告代理店と国で「公営競技専門広報運営機関」などを立ち上げて、一括管理すればいいのに、と冷静に思うプランナーの私であった。

gq1023 at 23:55
静岡まつりはお城のまつりだ!通販化粧品企画の全体会議