2017年01月20日

東芝ショック再び

こちらは2015年仕事収めの12月28日に書いた「東芝ショック」というブログ記事です。債務隠しがばれた件なんですが、この少し前に日経ビジネスという雑誌で「東芝のアメリカ原子力関係子会社の巨額赤字」って記事が出てました。

2015年の暮れには分かってたってことですよ。それが今になって出て来た。「東芝、原発で数千億円損失 最終赤字の可能性 17年3月期」ですって。それも、その際に言われていた件ではなさそうなんです。

あの頃は、東芝が87%の株式を保有するウェスティングハウスの12年と13年単体決算が1600億円もの赤字というものでした。ところが今回は、15年前に買収したCB&Iストーン・アンド・ウェブスター(以下S&W)の赤字だそうです。ありゃー、まだまだありましたかー。

金額的には5000億円を超え、7000億円規模に達する可能性もあるそうですから、もう自己資本が全部吹っ飛んじゃう。まあ債務超過ですよ。それを回避する方法として、半導体部門を売る案が出てるそうです。ひえー。収益源ってあと何?

もう白物家電も医療機器も売却して、原子力が稼げないと判明した今、半導体を売却したら東芝ってインフラ事業だけになっちゃう。まるで倒産してないけど、倒産したかのような勢いで事業解体されてますが、大丈夫なんでしょうか?何で稼ぐんだろう???

やっぱ、あの2015年暮れの時点でもっと赤字があったんですよねえ。隠してたのか分からなかったのかは不明ですが、東芝に万が一のことがあると、日本中のインフラが危機に陥りますし、福島第一原発の廃炉は誰がやるんだって話しも出て来る。

以前から海外の投資家は「日本企業は帳簿をごまかすから信用できない」と言われて来ていますが、かなりすごい悪例となる事案になってまいりました。

日本株全体が急落なんてことにならないよう、国家を挙げてこの件に取り組んで欲しいと思ってるのですが、近年は政治家も官僚も企業経営には全くの無知的な状況ですから、「一企業の経営支援に国が関わるのはモラルの問題が・・・」なんて言って何もやらないんでしょうねえ。

これも産業革新機構行きでしょうか?そんなことになると、いつものあの「国が支援してる会社がスポーツなんてとんでもない」って話しになるんですかねえ。野球部とかラグビー部とか名門だし、バスケットはBリーグチームなんですが、それどころじゃないですよねえ。将来的に日本全体の問題に波及するのではと心配しております。

gq1023 at 04:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月19日

アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方

e832412b.jpg今回読んだ本が秀逸だったので紹介させてください。「アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方: 一人ひとりの能力を100%高めるマネジメント術 (知的生きかた文庫)」という本で、元アメリカ海軍大佐のマイケル・アブラショフ氏の著作です。

この作者は、企業コンサルタントとして非常に有名な方なのですが、そのコンサルティングで教える内容は、この方自身がアメリカ海軍で初めて艦長になった時の経験がベースになってます。この本は、その時の経験が書かれているものです。

その艦の名はイージス艦「ベンフォルド(USS Benfold,DDG-65)」で、最新装備を持ちながら全く使いこなせずゴミのような扱いを受けていた所で艦長を引き受け、そこにいる乗組員と共にアメリカ海軍最高の艦と呼ばれるまでに成長させた経験が描かれてます。

アメリカでは2002年にワーナービジネスブックから「It's Your Ship: Management Techniques from the Best Damn Ship in the Navy」として発刊され、ベストセラーとなっていたのですが、これが日本語に訳されたので読んでみたのです。

いやー、これ読みやすくてためになる中間管理職のための本ですよ。艦長ってのは、最小の人数&最小の装備で、最高の結果を生み出すことが求められる組織だそうで、さらに徹底したコスト管理も求められるそうです。しかも実戦だから非常に緊迫感がある。

経験ある隊員が1人退職すれば、新しい隊員を育てるために1000万円もの資金が流出する。それも入って来るのは実戦経験のない新人。だからできるだけ経験者を置いておきたい。そのために何が必要かというと、自分はここで大切にされてるとの意識づけなんだそうです。

じつはこの艦からは、何人もの優秀なコンサルタントが誕生してるんです。下士官からビジネススクールに進んで、ビジネスパーソンとして成功してる者も多い。やはり究極の現場で徹底した効率を24時間体制で追い求めた経験があれば、ビジネスの現場でも生きるのでしょう。

艦長の失敗は部下の命に関わる。それは士気を落とさせても、注意力を落とさせても、補給をミスしてもそう。いい食事、十分な休暇、そして各自が必要とされていると思える実感。それを全て与え続けなければ、誰かの命を失わせてしまうかもしれないのがイージス艦の艦長。

その命を、アメリカ国民の命と書いていなくて、部下の命と書いてる所がビジネス本なんですよ。「部下の命を失わせてしまい、上官や家族に謝罪の文書を書かなければいけないとしたら、そのリスクを最小限にしたい。」と書いてる。

最後になりますが、じつは翻訳がイマイチです。原文のほうがリアリティがあるし、ビシビシと心に言葉が突き刺さります。ただ、英語版を日本で買うと高いんですよ。まあ、日本語版でも雰囲気は伝わりますんで、アメリカ海軍に学んでみてはいかがでしょうか?



gq1023 at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月18日

非正規雇用に多額のお金が必要な時代

政府が正規雇用の拡大を推進した結果、非正規雇用と呼ばれるアルバイトや派遣社員に着く人々が減って来ました。まあ減ってる程度なら良かったのですが、今やいなくなったといっても過言ではない状況です。

派遣社員は3年、契約社員は5年といった上限があるため、企業は優秀な有期雇用スタッフでも定期的に変更する必要性を持っています。ところが、新しいスタッフが採用できないのですよ。今は企業の人事担当者は、派遣会社を接待している状態です。

もう若い人は減って行ってますから、本当に採用が厳しい状況です。派遣社員も簡単には手配できません。手配出来ても40代以上になっちゃいます。だって人口のボリュームゾーンがそこですからね。ものすごい時代になって来ました。

やっぱ、雇用に政府が関与すると悪影響しかないですね。人材確保が困難になればなるほど、単純労働は人材確保が簡単な海外に流出します。国内の雇用は減少の一途。減少するから少ない正規雇用枠に賃金が低くてもいいから流入する人々が多発する。

政府は1億総活躍社会と言ってますが、このままだと中年から老人に至る世代しか非正規雇用に入ってこなくなりそうな雲行きです。40代から60代の人々がお茶くみをする時代になって行くのはどうなんですかねえ。それを政府が推進してることに大きな疑問を感じます。

東京では派遣社員の時給も1800円じゃ無理になって来ました。2300円でもなかなか厳しい時代です。お茶くみの女の子が月に50万以上かかるのです。

正規雇用であれば、同じように50万も払える覚悟すれば手取り30万ぐらいは渡せる。でも正規雇用だと通勤交通費負担や賞与があったりするし、簡単に解雇できない。とても難しいジレンマに陥ってます。

gq1023 at 06:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月17日

日本のIT活用の遅れについて

0f807974.jpgジャカルタに行って来たんですが、ものすごい量の「GO-JEK」という緑のウェアを来たバイクが走ってました。日本語的に言うと、この人たちは「バイク便」です。ただし、単なるバイク便ではありません。

これ、バイクでなんでもやってくれる人で、基本はバイクタクシーなんですが、なんでも屋も兼ねてるんで、食事を買って来てもらうとか、マッサージ師を連れて来てもらうとか、いろんなことができます。

それもスマホアプリで発注する形態になっていて、仕事が終わるとライダーを評価するページが出て来るので、そこに評価を入れると誰もがその評価を共有できます。食べログみたいなもんですね。なので、悪い評価が出ないようにぼったくりや雑な運転がなくなる。

なんかこんなの見てると、日本って技術はあるのに活用下手ですよねえ。日本のバイク便なんて頼んでから来るまでどこにいるかすら分からない。届け終わったかどうかはメール連絡だったりする。宅配便もそうですが、リアルタイム追跡できない。

楽天のサイトなんて欲しい物の探し方が分からない。サイトの構成が単純に縦長なんで、非常に見にくい。スマホフレンドリーじゃない。ぜんぜんAmazonの方が使いやすいんですよ。セブンアンドアイやイオンのインターネットショッピングサイトなんて、もっと使いにくい。

きっとちゃんとした会社に発注してるんでしょうね。ちゃんとした会社には、ちゃんと50代や60代の技術者もいて、それに均等に仕事が行ってるんでしょう。そして杓子定規なこと言ってるんでしょう。ちゃんとダサいサイトが出来て、契約書を盾に修正しない。

iモードなんて日本が開発したのに、技術者達が使いこなせなかった。結局韓国勢や中国勢に負けて、iPhoneやアンドロイドに全部持って行かれちゃった。一太郎はマイクロソフトのOFFICEに駆逐され、NECの98はウインドウズに駆逐されました。ダサダサです。

若いヤツにやらせれば、ユーザーフレンドリーなサイトができるのに、そんなチャンスも与えないんでしょうねえ。なぜか世界の中で、ITでビックリするほど遅れてる日本の現状を、とても心配している私です。

gq1023 at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月16日

インドネシアのアルバイトに日本との差を見る

kouジャカルタの展示会に、沢山のアルバイトが入ってたのですが、それを見た日本から連れて行った学生バイトが「あれって日本だったらブラックですよね」と言うのです。

そりゃそうで、朝の9時集合で最終の22時まで休憩ナシ、食事ナシでぶっ通しで働いてます。確かに日本ならブラック。日本ではアルバイトなんて何時間もぶっ通しで働ける器量のあるヤツなんていません。だから2時間おきに休憩入れたりしてる。

だけど、世界を見ればそれが異常なんですよ。東京23区で人口が960万人とか言ってるのに、ジャカルタなんて市内だけで1000万人。ジャカルタエリア全体では2500万人も住んでて、それが生きるために必死に切磋琢磨してる。

交通渋滞だってハンパない。市内から空港なんて空いていれば30分だけど、運が悪いと4時間もかかる。まあだいたい2時間って感じです。超混雑してる道路を、われ先にと隙間めがけてバイクが入って来ます。何もかもが戦いなのです。

そもそもASEAN各国の商店ってのは昔から24時間営業が当たり前。コンビニなんてASEAN諸国の店舗にヒントを得て休んでばかりだったアメリカ人がつくったと言われてます。昔のアメリカでは日曜日は百貨店でも休みでしたからね。

少子高齢化もなく、人口が2億5千万人もいるインドネシアですら必死に切磋琢磨して生きてるのに、日本は少子高齢化で少ししかいない若者が、ゆとりや休憩頼みで生きてる。そういう意味では、なかなか大変だなーって感じております。

自分なんか「若いんで休憩いらないっすよ」って言ってたけどなー。昼飯なんて忘れられてても文句言わなかったけどなー。

そんなエラそうなこと思ったりしてますが、子づくりに励まず少子高齢化の元凶を造った団塊Jr.世代なんで、諸悪の根源は我々世代にあるんですけどね。

子は国の宝。子が沢山いれば競争も激しくなる。大学も大企業も少なかったらそこに入るために競争した。競争がないから横並び意識が過大になる。もしタイムマシンがあるなら、20歳ぐらいに戻って、毎日ちゃんと子づくりに励んで、沢山子供をつくりたいと思ってます。

gq1023 at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月15日

ジャカルタに行ってきました

DSC_0538またジャカルタに行ってきました。今回は日本留学フェアの視察でしたが、やや運営側チックでもありました。とにかくインドネシアは親日国なんで、行くとビジネスチャンスを感じます。ただ、実際に乗り込んで住んでという勇気がない自分にもどかしさを感じます。

今回の往復は全日空のエコノミークラスでした。やっぱ出張がエコノミークラスなのは疲れますね。だけど、プライベートモニターで水曜どうでしょう見てるうちに到着しました。映画じゃなくて、テレビ番組を見せてくれるのはありがたいです。小さいモニターで見れるように出来てますからね。

ジャパンビューティーウィークとジャパンファッションイベントの同時開催でしたが、いっぱい知り合いがいました。いろんな知り合いがいるのは勇気が出ます。ちょっと音楽コンテンツ等の海外展開について気付きがあったので、少し動いてみたいと思ってます。

金曜日10時のフライトで行き、日曜日15時半に帰着してますからインドネシアも近くなったものです。さて、東京で飲むとします!

gq1023 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月14日

トランプはビジネスマン

459a9702.jpg新しくアメリカ合衆国の大統領になるトランプ氏ですが、私は経済的な面では不安視してません。なぜなら彼はビジネスマンだからです。

その昔、ブッシュ大統領(お父さんのほう)時代に、彼はGM・フォード・クライスラーの茶長を引き連れて来日して、日本の自動車メーカーに圧力をかけに来ました。私はトイザらス日本一号店のオープニングに突然来られて、超ビックリした記憶があります。

結果的には日本の自動車メーカーはアメリカで多額の投資をすることになり、トヨタはGMからキャバリエという小型車を買って販売することになりました。当時CM契約金トップの所ジョージを起用し、「らくちんキャバリエ」のキャッチフレーズで大々的に販売しました。

ビジネスマンの大統領は、ビジネス重視になりますから、当時の日本はバブル崩壊していたものの、それなりの経済を有していたので、それなりに評価されていたんだと思います。それは今も変わっていませんから、そんなに悪い扱いは受けない事でしょう。

ただし、安全保障は不安です。なぜなら国防や軍備に詳しいとは思えないからです。本人も分かっているようで、家族や友達を周囲に起用してますが、同時に元軍関係者も多用してます。ただ、ファミリーvs元軍人という対立の際に、ファミリーは軍人に対抗できるのでしょうか?

日本で言えば、孫正義氏や三木谷浩史氏が総理大臣になるような感じです。経済的には敷衍要素少ないじゃないですか。だけど国防って部分は不安ですよね。まあ安倍総理でも十分不安ですがね。

なんで私のような零細企業の社長が思ってるような事を、テレビや新聞でエラそうな事言ってる人々は言わないんでしょうねえ?日本で政治評論家や経済評論家と言われる人々が、ぜんぜん企業経営なんて視点を持ち合わせてないから、そんな視点がないのかもしれませんね。

とはいえトランプ氏がアメリカの核兵器を使用するボタンを押す全権利を持つわけですから、祈るような気持ちで失敗しないように見守るしかありません。だって日本はアメリカの傘の下にありますからね。

なんかロシアのトップがKGB出身で国防に詳しいだけに、その2人のつまらないプライド争いが戦争の火種になるんじゃないかと言う得体のしれない予感がしてます。そんなこと書いてますが、本日はジャカルタ出張中です。

gq1023 at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月13日

出張中の移動や残業

うちのスタッフから、土日の海外出張について実施前に代休を取りたいと言う申し出があってビックリしました。というのも、その海外出張と言うのが視察系でして、そもそも実働を伴わないのもあるのですが、代休を先に取得するという事にも驚きました。

じつは、今日は朝から飛行機でジャカルタに行きます。どんな会社もそうだと思いますが、海外出張時の移動時間は通勤時間ですんで勤務とはみなされません。ジャカルタでの業務も土曜日に短時間視察するだけですから、かなり軽い業務です。

そして、日曜日の早朝に現地を出て夕方には帰国しますから、これも単なる移動だけですんで勤務にはならない。海外出張の移動時間が労働時間になるんなら、こんなに海外出張嫌がる人いませんよ。認められないから、みんな嫌がってる。

まあ、そんなことも知らないのを採用したのは自分ですから、一番悪いのは自分なんでしょうが、なんか零細企業って大変だなーって感じている朝です。

gq1023 at 06:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月12日

少女像なんて大した話しじゃない

offアジアの小国である日本と韓国が、何十年も前の話しでいがみ合ってますが、日本なんてアメリカには大した影響力がないのに対し、韓国はものすごい影響力を持ってますから、その基本的スタンスが分かり合えないと勘違いが止まらなくなるんじゃないでしょうか?

従軍慰安婦問題ってのは、確かに朝日新聞の誤報から始まったとされてますが、従軍慰安所ってのは実際にあって、実際に身売りも行われ、未払い賃金も発生していたとされてます。ただし、その経営は日本政府や軍ではなかったことが分かってます。

恐らく、朝鮮半島にも人身売買を営んでた人々がいて、その方々は「人買い」と呼ばれるような行動もしてたでしょうし、従業員給与を着服したのかもしれませんが、詳細は分かりません。ところが、日本政府は公式には「従軍慰安婦問題はあった」との姿勢です。

日本政府が公式に「従軍慰安婦問題はあった」としてるのだから、「慰安婦像の撤去はおかしい」って韓国人が言うのは当たり前で、まず政府が「事実無根」という意思表示をすべきですがそれは一切無く、先日も謝罪の上で10億円を拠出しました。なんか話しがおかしい。

写真は「日帝時代の従軍慰安所」とされてますが、「KEEP OUT」とか「OFF LIMIT」と書いてありますから日本人相手の場所ではないでしょう。日帝時代なら「立入禁止」って書いてあるでしょうからね。

日本では知られてませんが、韓国系アメリカ人ってのはものすごいコミュニティーです。西海岸で言えばロサンゼルスの市内はほぼ韓国系。しかも2世までが大半ですから、まだまだ韓国との結びつきが強い。日本との関係性がほぼゼロの日系アメリカ人と大違いです。

「自国がすごい」って勘違いは世界中の人が持ってることでしょう。中国人は中国が、韓国人は韓国が、日本人は日本がスゴイって思ってます。思い込んでる人と思い込んでる人が自論を展開して戦っても面白くない。だって客観性ないもん。

日本の政治家にとっては韓国なんてあっても無くてもいい国なのかも知れませんが、韓国の政治家にとって日本はなくてはならない国です。政治的に行き詰ると日本バッシングをやり、岩みたいな竹島に無理して軍隊まで駐留させてます。

韓国の政治家は韓国世論に敏感でなきゃいけないし、そこに嫌日ってものを常に置く。それを活用することで政治的地位も向上すると思ってる。それに対し、日本国内の政治家は、別に日韓関係に敏感である必要性がない。当然韓国が日本を批判し、日本は無視すると言う構図になる。

ただし、アメリカは違うんですよ。韓国系ってのは影響力が大きいから、アメリカが日本に「韓国とのいがみ合いを解決せよ」と言って来る。政治的にも国際法上も戦中の問題は解決してますが、アメリカに言われたら日本は動かざるを得ないので、今回の10億円になってるのでしょう。

個人的な意見ですが、これら韓国系の動きによって全く朝鮮半島に興味を持ってない日本人にすら嫌韓感を持たせてることに違和感を感じてます。だって韓国好きだし、焼肉食べるし、従軍慰安婦問題ってウソなんだもん。ウソに乗せられてケンカする必要ないもん。

そもそも、世界から見たら日本と韓国の従軍慰安婦問題って、夫婦喧嘩や親子喧嘩みたいなもんですよ。ぜんぜん面白くないし、解決した所で何が変わったか分からない。そんな話しでヤイヤイやってる事自体が、「あいつら仲いいなー」ってな感じでしょう。

どうせ日本も韓国もアジアの小国なんだから、小さな話しでガヤガヤやるのはやめて、まず国際交流って観点から、世界でもめずらしい言語を持つ2か国が、自分の言葉で直接会話できるような教育を進めて欲しいなーって思ってます。

gq1023 at 05:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月11日

外国人にはピコ太郎がウケるってことさ!

03b20af4.jpg今どき就職試験でTOEICの点数提示するなんて当たり前ですが、英語力なんて仕事の上で全く必要ありません。仕事で英語が必要になれば、言語ですから仕事の中で話してるうちに自然と覚えます。

日本人はベルリッツで並んだ英語でビジネスするから嫌われるわけでしょ。全員が「ナイストゥーミーチュー/Nicr to meet to you.」って言って、「マイネームイズ/My name is」ってやる。全員に「はじめまして」って言われたらうっとうしいっすよ。

事務所どこですかって聞くのに「ウェアリーズユアオフィス/Where is your office?」なんて言わないもん。isなんて省略しちゃう。「ウェアユアオフィス」で十分。「ユアオフィス?」でも分かるんじゃないですか。そんなもんですよ。

今回、国際的にビジネスしてる日本人はみんな「そうかーピコ太郎かー!」って痛感したと思います。あれが欧米人が考える日本人なわけですよ。あのヘアもファッションもサングラスも全部日本。英語力もあんな感じ。内股なクローズドスタンスも超日本。

ああやっとけばいいわけですよね。別に無理してお相撲さんの格好したり、柔道着着たりしないでも日本を表現することはできるってことですよね。あのピコ太郎の英語をバカにしてる感も、英語圏の人々の気持ちをくすぐるんだと思います。

いまだに「ピコ太郎のどこが面白いか分からない」って言ってる人もいますが、「大丈夫。面白いって事に理由はないから」って言ってる人もいました。

まあどっちでもいいのですが、外国人にピコ太郎がウケてるって事実は、せっかく日本人がポジティブに評価されてるわけなんで、ビジネスの上で大切にしたいと思ってます。

gq1023 at 05:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月10日

アソシエイト(社会人インターン)の激増

c1d446ce.jpg近年、企業がアソシエイトと呼ぶ学生社員の採用を増加させてます。昔からある社会人インターンとも言えるのですが、単なる社会経験するだけのものではなく、ちゃんと週に2日以上は定期的に勤務する社員となって、名刺やメールアドレスも発行されます。

これは、採用面接が4年生の6月まで解禁されないため、企業としては10月の内定を出すまでに検討機関が実質3か月ないことからおきています。

そんな短期間しか就職活動ができないということは、当然ながら有名企業に学生が偏ってしまい、名も知らぬ企業まで回ることなく就職活動期間が終わり、中小零細企業は新卒の獲得が困難となるため、就職活動にあたらない裏技が人気になってるわけです。

まるでバブル期のように、新卒確保のためのCMも大量に流されています。「どこまでダイワハウスなんだろう」とか「ミラバケッソ」とか「日清紡名前は知ってるけどー」なんて感じで、臭い消しCM同様にバブル出稿の様相です。

就職活動の短期間化は、「学業優先」という意味があるのですが、残念ながら学生と企業の双方がお互いを分かり合えないままマッチングしてしまうミスマッチを生み出しています。近年の新入社員の自殺なんてのは、その影響があるのかも知れません。

就職情報サイト等の運営側も「インターンシップ展」なんてのを開催して、学生に「就職活動前に職業体験を」と促しています。実質的には就職活動なのですが、経団連に所属してる企業にとっては、裏技を採用しないといけない状況がありますからね。

近年はインターンシップについては2年生の7月にアソシエイト面接をおこなって9月に採用決定。2日から3日の職業体験を通じて企業を理解するなんてのが一般的になってますが、アソシエイトプログラムでは、3年生の1年間を通じて働いてもらうなんてのも多くなってます。

学生と話しをしていると「大企業がいい」なんて言われるのですが、「ヤマト運輸」も「和民」も「ユニクロ」も大企業なわけで、その辺りの企業は必死に人材確保に走ってますから入れるんだけど学生が希望しない。

メガバンク、広告代理店、旅行代理店、損保、航空会社、自動車メーカーなんてのが人気ですが、ぶっちゃけどこも仕事ですから楽じゃないですよ。それだったらアマゾンとかグーグルのほうがいいんじゃねーかなーなんて思ったりもします。

そんなこんなでアソシエイト(社会人インターン)が激増する中、なんとうちのアソシエイトに入りたいという依頼がありました。新規事業ではじめた学習塾の講師の1人なんですが、確かにうちにいれば名だたる大企業の人々と接触できるからいいチャンスかも知れない。

2月あたりから、弊社もアソシエイト(社会人インターン)を積極的に入れていくかもしれません。1年かけて育成する社員研修みたいなもんですから、きっと経団連の面接解禁日には立派に育っちゃって有名企業に行っちゃうと思いますが、それでもチャレンジしてみます。

gq1023 at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月09日

なぜ失敗した創業経営者が企業に採用されるのか

サラリーマン社長は企業もオーナーも経験したことないからですよ。創業経営者って大変なんです。右も左も分からない所から始める。社会保険、労働保険、雇用保険、国税、地方税そんなの何にも分からない。だけど、創業やった人には分かる。

社歴も社名も知られてない会社なんて、コピー機をリースするだけで大変。飲食店なんかだと不動産借りるだけで大変ですよ。だって、新規開業飲食店のうち2年以内に潰れるのが半数と言われ、5年で残るのは1割以下とも言われてます。

だから、創業してある程度の規模にまで成長させて、それなりの大企業ともアライアンス組んだりして、出資も取り付けたりしてる人は信頼されるんです。

たかだか社員数5名程度の会社でも、10年以上続けてちゃんと事務所も雇用も維持してやっていれば周囲が拾ってくれるってことなんでしょうね。だって人生アップダウンですから、仕事だってどんな悪運が巡って来るか分からないし、メインバンク破綻なんて事もあり得ますからね。

だから創業を考えてる人は、まずその事業を何年続けるって目標を持って、それを具体的に計画して、それ以上に永続的に経営を続けるって事を義務と思ってやらないといけないと思うのです。そうじゃないと失敗したらただの失敗者になる。

創業助成金とか国や自治体が用意してくれてますが、これもらう人って少ないですよね。もらえるのに事業計画がないとか経営計画書作れないとか、そもそも助成金の情報知らないとか、資料作成できないとか、そんな理由が大半だと思うんです。

だけど、事業はじめようと言ってる人がそんな事言ってていいわけがない。そんなことが、運良く脱サラから丸19年経ったやっつけ社長の私は分かるようになって来ました。

ってなわけで、いろんな会社の社長さん達に言われ続けた「会社のドメインを.co.jpにしろ」ってのを行動に移しました。他のドメインは1社で複数登録できるけど、「.co.jp」は1社に1つだけ。その名前で行くと言う覚悟が見えるってことなんだそうです。

これから印刷物の作成に入りますが、長らく使って来た「hippopotamus.jp」「hippo.jp」から「hippo.co.jp」にドメイン変更します。失敗したら誰かが助けてくれると勝手に信じ込んで、これからも株式会社ヒポポタマスをよろしくお願いいたします。

gq1023 at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月08日

今どきのPC監視について

ffd9d693.jpg10年ほど前でしたかねえ、企業のPC端末を監視しないのはおかしいという時代になりまして、アクセス制限等もやる必要が出て来て、さらに各端末からのアクセスログ取得も必須となりました。

エロサイトとかギャンブルサイトにアクセスできなくなり、今ではフリーメールやファイル共有サイトにアクセスできない会社も多い事と思います。GメールやYahooメール使えないとか、宅ファイル便にアクセスできないなんてのは普通ですよね。

これ、えらい安い値段でも売られてるんですけど、アクセスログや印刷ログ監視どころか、なんでも監視しちゃうんですよ。誰が・いつ・どこで・何をしたかが全部分かる。メールなんてどんなにクライアント端末で消しても全部残ってます。添付ファイルも残せる。

チャット画面の文字も残るし、文字列のコピー&ペースト履歴も出ます。当然のことながらSNSへの書き込み履歴は全部残ります。もはや会社のクライアント端末を使ったら負けといっても過言ではないほどの監視状況です。

だけど、大企業なら大量のクライアント端末を監視なんてできないですよね。不倫コメントをいちいちピックアップしてられない。でも我々のような小さな会社だと、手に取るように分かるわけです。

しかも、別に警告出していらないんだけど、管理画面で警告してくれたりする。「ヤフオクやってます」みたいなヤツね。うちの会社はアクセス制限かけてないから、別にエロサイトもアクセスできるんですけど、そんなのも報告して来る。

だいたいアカンことやってるのは自分なんで、自分に対する警告が出てくるわけです。ログ管理ソフトなんて2000円ぐらいからあるんで、だいたいの会社は入れてますよね。ちょっとそれに疑問を感じるようになって来ました。

大きい会社だと傾向把握できたりします。「1日のうち端末に平均7時間アクセスしていて55%はネットサーフィンしてるだけ」みたいな感じですね。仕事してないランキングみたいなのを出すことが出来たりもします。ヒエー!

もうちょっと必要最小限のことしかできない端末ないですかねえ。そうすれば管理しなくて良くなるんですがねえ。管理項目が増えすぎて、LINEやFACEBOOKへの書き込みなんて警告されても、日本中の人がやってるでしょ。会社のPCでできなきゃスマホでやるでしょ。

最初からSNSできないとか、エロサイトアクセスできない端末を造って欲しいなーって思っている私です。

gq1023 at 05:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月07日

またアメリカで銃乱射事件

5077a6e9.jpg早朝からアメリカフロリダ州のフォートローダーデールの空港の手荷物受取エリアでの銃乱射事件が報じられていますが、またアメリカでの銃乱射事件であり、またテロ事件です。ぜんぜん無くなりません。

事件から3時間ほど経ちましたが、すでに犯人は取り押さえられ、CNN等では名前まで報道されてます。しかし、映像を見ている限り、空港内はまだまだ混乱しているようで、滑走路上にも多くの避難者がおり、走って安全なエリアに逃げている様子が見られます。

第2ターミナルの手荷物受取エリアが事件の場所らしいのですが、以前からこの手荷物受取エリアと外を仕切る扉の安全性について疑問が投げかけられていました。

飛行機に乗る際には金属探知機を通りますが、手荷物を受け取ってから外に出る場所には、何のセキュリティもないのです。ということは、外から人が入れば、何の問題もなく手荷物受取エリアに入れることになります。

まあ、アメリカのセキュリティチェックがずさんなのは911テロで証明されてますよね。安全管理体制がユルユルで、あの時ですら軍・CIA・FBIが全く連携できず、多くの死者を出した上に二次災害によって多数の消防士まで犠牲になりました。

あれだって、テロリストを飛行機に乗せなければ良かっただけですよ。セキュリティチェックでいくつものミスをしてる。監視カメラの映像なんて、ポケットに武器を入れてるのが見えてるのに通してる。

日本みたいに銃規制やってる国ならいいですが、銃を持っていいですよと言っておいて、空港のセキュリティチェックが甘いんじゃ話しにならないと思ったりしてます。

ただ、空港でテロやるのは簡単です。ソフトターゲットという不特定多数を狙うのなら、出発カウンターでも到着フロアでもどこでもできますからね。

日本はテロのパラダイスと言われ久しく、様々なテロを開発して来た事でも知られています。テルアビブ空港乱射事件が無差別テロの最初と言われていて、これを実行した日本赤軍の行動にヒントを得てパレスチナがテロに走ったとも言われてます。

まあ数十人の日本赤軍が山ほどテロおこしたわけで、今のようにSNSや動画サイトを通じてPRが自由にできる世界では、テロは減らないのかもしれませんね。

そんなことより、元日本赤軍の山本万里子がコンビニでサキイカ万引きしてつかまった事件の際、日本政府が生活保護を与えていたことにもビックリしましたが、何よりもテロップの「1200万円」って間違いにビックリしたことを思い出しました。

gq1023 at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

世の中に根本的な対策なんてない

最近「地球温暖化」と言われます。言ってる人の記憶では地球は温暖化してるんでしょうが、その人たちが世界中を回ってるわけもなく、自分の大したことない数十年の人生を語ってるだけです。

まあ、数千メートル級の山にも海の生物の化石が出て来るわけですから、46億円の歴史ってのはすごいわけで、深い海の底が隆起して山になったのかも知れませんし、水位がものすごく高かったのかも知れません。学者のいう事を信じると、どちらもですがね。

南極と北極の氷の大半が溶けてた時代もあるし、もっと凍ってた時代もあるわけで、氷河期には地球上の生物の大半が死滅したとされています。マンモスが冷凍凍土の中から出て来てますから本当にそうだったんでしょう。

今は地球の歴史的には寒冷期だそうです。ただしこの100年だけは化石燃料を燃やしまくってるので、結果的に温度が上がったと言われてます。ちなみに上昇温度は0.5度。ほー。

まあ有識者という人のいう事は地震予測を見れば分かるように基本的に全く信用できませんが、石油はなくなると言われてましたし、アマゾンは砂漠になるとも言われてましたし、ジャングルがなくなって酸素が減るとも言われてましたが、そんなことにはなってません。

地球温暖化の原因はCO2だと言ってるのもかなり疑わしいですが、今の地球が寒冷期だとするとどんどん温暖化するわけで、南極の氷が1割溶けると海面が7cm上昇するという事実を考えると、今の地球上の平野部の大半はいずれ海に沈むということです。

そんなことを考えると人間って小さいこと言い合ってますよねー。こんなこと言ってても、家のど真ん中から火山が噴火するかも知れないし、大地震が起きるかもしれないし、隕石が地球にぶつかるかも知れません。そんなわけで、今日もなし崩し的に生きます!

gq1023 at 04:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月06日

アイデアのないヤツは公募に頼る

a3ead844.jpg私「コンテスト」広告って嫌いなんです。デザインコンテストも含め嫌いです。別に好き嫌いの話しなんで、他の人がそれを企画して実施してることに文句つける気はありませんが、私はやらない。

公募ってのは、公募に頼らざるを得ないから公募方式を採用するわけで、自分に自信と牽引力があれば公募なんてしないですよ。自分でデザイン決めて、自分でどんどん進めちゃう。

だいたい審査員なんてのに審査させてる時点で、どうってことない物が評価されるわけですよ。普通の人間にジャニーズ事務所の若手からデビューさせるメンバーを選別させたら、全部イケメンになって見分けつかなくなりますよ。ジャニーさんが決めるから、あんなのになる。

それって政治でも同じですよね。都知事が「都民ファースト」とか「アスリートファースト」なんて言ってるのも違和感あるんです。だって、そう言いながら「幅広くご意見をたまわって」って言ってる。これ、都の事務方は第三者委員会や都民からの公募に頼りますよ。

「東京の未来を考える第三者委員会」とか「2020夢の明日を考えるコンテスト」みたいなの乱発されるでしょうねえ。そんなんじゃダメ。どんどん決めてどんどん動く。即決即断というか独断専行って感じ。どうせみんなぶら下がってるだけなんだから。

移動体通信のCM企画募集して、審査員が満場一致で「白い犬」とか「三太郎」なんての選ばないですって。あんなのアイデアが思い浮かんだ天才が信念で貫き通さないとああならない。

桃屋に「江戸むらさき」ってのり佃煮があります。これを大量生産用に変化させたのが「江戸むらさき ごはんですよ」ってやつ。ラベルにはもはや「江戸むらさき」の文字を確認する事すら困難なほど「ごはんですよ」の文字がフューチャーされ、さらに広告は商品より大きく喜劇俳優「三木のり平」の似顔絵が出てます。アイデアと信念があればこれでいい。

手羽先居酒屋の「世界の山ちゃん」イラストだって、雑貨店ドン・キホーテの「ドンペン」だって社員のイラストだけど広告にガンガン出しちゃってる。イナバ物置なんて社員が物置に載ってるけどそれでいい。

公募に頼る人も自分のアイデアってあるんだと思うんです。だけど周囲の意見に逃げちゃう。逃げるか逃げないかの差って、単純に「覚悟があるかどうか」って事なんじゃないかなーって思ってます。

最後に、公募やコンテストの怖い所は、「あんなのに負けた」って思う人を確実に多数生み出す仕組みだって事にあります。全員の意見を吸い上げられない以上、コンテスト形式を広告で採用するのは、相当な注意を払うべきだと思います。

gq1023 at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

町に子供も酔っ払いもいない時代

592f9250.jpg昨年も例年同様に「夜警」と言われる歳末警戒に参加しました。拍子木を打ちながら町会の路地を歩くのですが、ここ数年で劇的な変化がおきています。それは、「不審の芽」が消えてしまっていることです。

以前なら、公園に行けば子供たちがたむろしていて、「もう夜10時回ってるぞー!早く帰れよー!」ってなことを言ってました。道路には酔っ払いがフラフラしていて、「車に気を付けてくださいね」なんて声をかけてました。何気ない夜警必須のシーンです。

ところが、ここ数年はその「たむろする若者」も「フラフラしてる酔っ払い」もいないのです。私が参加したのは12月20日から26日の22時から23時でしたが、1度も遭遇しませんでした。忘年会シーズンど真ん中なのにいないのですよ。

今どき会社でも管理職は部下を飲みに誘うとパワハラになるらしいので、当然管理職だけで飲みに行くんですね。酩酊して電車の中で同僚女性に抱きついたり触ったりしたらセクハラだし、知らない女性相手なら痴漢にされるんで、まあセーブして飲むことになるんでしょう。

若者も、家でグループチャットやれば仲間で話せるわけで、わざわざ寒い公園に集まる必要もないのでしょう。だけど、余りにも少ない。少ないと言うかいない。

そりゃあ少子高齢化になりますよ。若者は深夜徘徊するもんですよ。管理職は部下の男女を連れて飲みにいくもんですよ。そして間違いがおきる。おきるから子供が生まれる。

若者は、深夜ウロウロしながらナンパするんです。管理職は若者にグダグダと時代錯誤のようなこと言って何軒か回って、酔い過ぎて部下の男女を置いて帰るんです。そうしないと恋愛なんて始まらないし、リアルな人間関係の構築も難しい。

たばこ屋や洗濯屋が周辺の独身情報持ってる時代じゃないですからね。「独身だったらいい人いるよ」って言って来る人はいないんです。恋愛マニュアルもないんです。

私の時代は山ほど恋愛マニュアルがあって、雑誌の「やるための攻略法」なんてのがバンバン出ていたんです。そして1989年には「anan」4月14日号で、とうとう「女性誌初のセックス特集」が組まれました。今や毎年8月に出るのが恒例となったananセックス特集の開始です。

そして、男も女もマニュアルを信じて撃沈する。大人は「勝負下着」なんてのを着用して、意味もなくビリヤード台がある「プールバー」や1杯づつ飲める「ショットバー」なんかに行ってはエロエロやる。

若者はそういうエロに憧れながら、たむろして「暴走」したり「ローラースケート場」行ったり「年齢誤魔化してディスコ」行ったりしたんです。酒飲んで煙草吸って深夜に帰宅して怒られて成長して来た。

もっと大人も子供も遊んでいいんじゃないかなー?年始の始業2日間なんて、昔なら会社員はほぼ全員酔ってましたよ。だってお酒が出るんだもん。今はアルコール飲料が出ててもみんなノンアルです。って言うか、若手はまだ休んでたりする。なんて時代だー!

火の用心に行って、全く違う視点で日本の未来に危機感を感じた私です。

gq1023 at 05:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月05日

10年前のブログは1月に1回きり

昔のブログを見返してたら、2007年1月は「息子の卒園グアム旅行」の話題1度きりでした。それも私は行ってませんので、奥さんと子供が行ったという話しで終わり。

2月と3月に石垣島。3月には他にもシンガポール。4月にも石垣島。5月は東京ディズニーランド。6月は喜多方と由比ガ浜。7月は鈴鹿8耐。8月は由比ガ浜と東京ディズニーランド。9月は石垣島と山口県。旅日記といった風情です。

あの年は東京ミッドタウンが開業して、結構忙しかったはずですが、毎月のように旅行行ってたんですね。毎日のように徹夜が続いて体力的に厳しくて帯状疱疹にもなりました。ただ、あそこで自分にカツを入れられたのは良かったかもです。

2008年あたりからは、ほぼ毎日書くようになってます。日記帳というかネタ帳として、実際の手帳からブログに変更したのがこの頃でした。

読み返せるの面白いなー。2007年も6月まで8耐参戦を企ててたのかー。覚えてないなー。今年で東京ミッドタウンも10周年かあ。すごいなー。そんな息子は高校進学です。頑張んなくっちゃなので、ノスタルジーはここまでにして、本日は給料支給日。根性で給料払います。

gq1023 at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

真の政権交代がおきる時

092dea77.jpg日本人が間違ってるのは政治家は軍隊を率いないと思っていることじゃないでしょうか?でも実際には政治が軍を掌握できてなければ、それは国家崩壊だと思うのです。

戦後の日本は「軍隊は諸悪の根源」的なウソで塗り固めて生きて来ました。軍隊があったから戦争がおきて、軍隊があったから政治が崩壊したと。そんなのウソですよ。内閣が軍拡を決めて予算配分をしてアメリカと戦争することを選択したんです。

アメリカと結託して、ずーっと誤魔化して来ましたが、トランプがその扉を開いちゃうかもしれません。というのも、今でも右翼の街宣車はちゃんとした真実を伝えてます。ウソをやめようとね。ただ、カリスマ性のある指導者がいないだけだと思うんです。

ただ今回だけは「日本は独自の安全保障に責任を持て」とアメリカの大統領になる予定の人から言われてます。それを言ってもいいなら、言い出すカリスマが現れるかもしれませんよね。

「内閣総理大臣は自衛隊の最高指揮監督権を持っている。つまり日本軍のトップだ。その自覚と責任感がなければ意味がない。にもかかわらず今の日本はどうだ?何が自衛隊だ?日本軍と呼ぶこともできないじゃないか。そんな政治に決別しよう!」なんて言い出す誰かね。

それに追随する人々が出て来たら、それは大きなうねりになるかもしれない。それこそが真の政権交代がおきる時だと思うのです。

だけど、そうなったら日本人は止まりませんよ。今だって中国黙らせろとか韓国うるさいなんて思ってる人々が山ほどいるでしょ。私のように親中や親韓を明言してる人なんてそんなにいないですよねえ。そうなると、一気に変な方向に振れるかも知れません。

「中国だって韓国だって軍隊を持ってる。それが日本に敵意むき出しの発言や行動をしている。だったら我々日本もそれに備えるのは当然の権利だ。それをしないのは、過去の政権における安全保障上最大の失敗である。」なんて話しに、日本人は簡単に乗せられますよ。

日本共産党みたいな夢物語ばっかり言ってるのもどうかと思いますが、思ってる事を自由に発言するカリスマが出て来て、それに追随する国民が出て来た時こそ、今の平和が終わる時かもしれないと思ったりしてます。

gq1023 at 05:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月04日

この国はマンガ&アニメの芸術拠点を整備しないのか?

30cc9eb6.jpgフランスにはルーブル美術館がありますが、その横には広告博物館があります。フランスってのは大した国で、デザインをお金に変えていく国です。

駅のポスターや街頭広告も芸術的なレベルにまで研ぎ澄まされていて、屋外広告会社の「JC Decaux(ジェーシーデュコー)」は世界トップクラスの規模にまで成長しました。日本にも三菱商事との合弁企業エムシーデュコーがあります。

写真はBush通りのサインがあるので分かるかも知れませんが、サンフランシスコのユニオンスクエアです。こんな所の広告も、パリでおなじみの円柱広告「コロン・モリス」になってます。もちろんJC Decauxの作業でして、日本でも綺麗な広告付きバス停が増えて来ましたが、あれも大半がデュコー社の作業です。

日本には、そういう意味で国際的レベルにまで高められる可能性のある産業がいくつもあります。その一つはマンガ&アニメ。こんなの日本が世界中の人々から聖地と崇められてるんだから、早々のうちに国が国立の拠点整備すればいいじゃねーかと思ってます。

国立マンガ&アニメ博物館なんて作ればバンバンお客さん来ますよ。国立マンガ&アニメーション大学とか造ってもいい。海外の作品を展示する場所は用意するのに、日本のアピールする場所がないってのは、どうも腑に落ちないんですよ。

オートバイなんて日本の4メーカーで世界を席巻してるんですよ。だったら、もっと乗りやすい道路や環境整備したほうがいいし、ちゃんとした展示施設を造ったほうがいい。

オペラ劇場やサッカー場もいいですよ。だけど全部欧米の文化でしょ。日本の文化をアピールするための国立拠点整備事業はやったほうがいい。別に国立温泉博物館でもいいんですよ。そんな発想が、この国には欠けてるかなーって思ってます。

gq1023 at 06:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月03日

ロマンの話しの前に現実を

5b15b8a4.jpgバイクレースのスポンサーやってると、レース活動をロマンのように語られることがあります。だけどレース活動の大半は資金集めでしょ。ロマンの前に現実ですよ。「自己資金いくらあるの?」ってのがスタートです。

もちろんその後の資金計画も必要ですよ。最低3年から5年の計画を提示してもらわないと、何にも判断できません。スポンサーになってくれという依頼をするなら、当たり前の話しですよね。そうじゃなきゃ「来年用にお金ください」にしかなってないもん。

契約するにしても、契約が履行される条件提示も必要ですよ。例えば「全日本ロードレース選手権ST600クラスフル参戦/決勝スタートから1周以上走行するレースが年間4戦以上で履行とみなす」とかね。ライダー死亡時のスポンサー料の返却条項も盛り込みます。

自動車レースの世界では普通の事なんですが、なんかバイクレースの世界だとロマンの話しで通ると思っちゃってる。ロマンでお金払ったら税務署から贈与税取られますよ。ちゃんと毎レース報告書だって必要っす。走行の話しはどうでもいいですよ。ステッカー貼りましたとか、大会プログラムに載ってますって報告書ね。

ビジネスも同じでロマンで語る人がいる。「ロマンは分かるんだけど経営計画書ある?」って話しなわけですよ。「P/L・B/S見せてくれる?」って事になるんですよ。

近所に自営の唐揚げ屋さんがあって、すんごく頑張ってるんだけど儲かりそうに見えない。100gを250円ぐらいで売ってるから粗利が150円ぐらいでしょうねえ。1時間10人平均のお客さんで、200g平均だと1時間で3000円の粗利です。絶対家賃払って借金返済できない。

でね、ゴールデンウイーク明けに「もう休め。アメリカ行くぞ!」って10日ほどカリフォルニア州に行って来て、その間に「経営革新とって助成金申請して、百貨店催事とか出て、セントラルキッチンでフランチャイズ化して」なんて話しをしたんです。

その彼は、それを忠実に履行してます。催事は毎週のように参加してるし、キッチンカーも買ったし、今や工場建設してます。そういうことですよ。

会社の仕事もそうでね、上司が好きとか嫌いの前に数字積み上げないと倒産しちゃう。いい上司と素晴らしいオフィスがあれば売上倍増なんてのは幻想ですよね。やっぱロマンの前に現実がないとなーって思ってます。

gq1023 at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

大学・短大・専門学校進学率の推移から日本を見る

f7892898.jpg文科省の資料に面白いグラフがありました。私が高校卒業した時代からの進学率の推移を現したグラフです。今、大学進学率って現役で48.9%もあるんですね。

私たちの時代は大学進学率は30%切ってました。短大や専門学校行く人を入れても50%には到達しませんでした。今メガバンクと言われる銀行でも高卒は大量に採用していたので、高校出たら就職ってのが普通の話しでした。

人間の知力や体力のピークって17歳ぐらいらしいですから、あとは老化するわけですけど、そのピークで就職して仕事を覚える人が減って、自分で稼いで生きていくと言う決断を遅らせて学校に行く人が増えてるのだとしたら、そりゃあ国力低下するわけですよ。

終身雇用制が崩壊したとか言われてますが、厚生労働省の資料「平成 27 年賃金構造基本統計調査の概況」を見ると、全国平均が40.7歳で勤続年数9.4年。男性に限ると50代前半が20.9年、50代後半が22.7年なんで、この国はまだまだ終身雇用制ですよ。女性の50代でも15年ほどです。

1度就職したらまず辞めない社会なわけだから、最初の覚悟とか仕事を覚える姿勢って大切ですよねえ。集団就職の時代は田舎から寮がある企業に就職して行ったわけです。仕事を失うことは家も収入も失うことになるから、必死で仕事を覚えるしかなかった。

それが今や、就職させてもらった会社を「ブラック」呼ばわりする時代です。社会ってのは理不尽なもんでしょ。その理不尽さを社会が悪いって言ってても解決しない。なんとなく頭デッカチの若者が増えちゃったのかなーなんて想像したりしてます。

お年寄りも同じようなもんで、無年金の人は年金払ってなかったからでしょ。基礎年金しかないって言ってる人もそういう生活送って来たからでしょ。「アリとキリギリス」ですよ。学校卒業して就職した会社に満員電車で毎日通勤して会社勤めを全うした人は年金支給額多いもん。

もちろん頑張ったのに会社が倒産したとかあると思いますよ。でも人生って理不尽なんですよ。裕福な家庭に育ったのに父の会社が倒産なんて話しは普通です。裕福な家庭に育って今も裕福ですなんて麻生太郎とか田中角栄みたいな話しなんてそうそうないもん。

スポーツ選手なんて、オリンピックでメダル取った所で所得が増えるわけでもなんでもないでしょ。正月番組に何人も出てますが、高額所得者の出演者たちからお祝いもらえるわけでもなんでもない。賑やかしで呼ばれて、文化人枠の格安ギャラでおしまい。そんなもんです。

もうちょっと大学が「根性論」とか「絶対服従の掟」みたいなのを教えればいいと思うんですがねえ。卒論なんてネット検索してコピペして終わりの時代でしょ。図書館行ってコピー機がないから必死で書き写した僕らとは、かなり人間的な質が違うんじゃないかなんて感じます。

今日も生きてるって小さな幸せを感じたら、今月末も家賃と給料と社会保険料で500万円以上必要だって現実と向き合うしかない私です。みなさん今日も1日がんばりましょう!

gq1023 at 06:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2017年01月02日

電車で足を組む人

615c9a5f.jpg今日、お取引先の若い方から「電車で足を組む人ってなんででしょうねえ?」と聞かれたので、「太ってなくて足が短いんですよ」と言ったら超ウケました。

というのも、飛行機のエコノミー席を考えると分かると思いますが、足が長い人と太ってる人は足が組めないんですよ。だから組まない癖がついてる。電車で座る時も深く座らないと足が前に出ちゃうんで深く座るか、そもそも座らないかです。

ふんぞり返るなんてのは足が長い人は絶対にしませんよ。だって足が収まらないもん。そもそも欧米人が足を組むのはスペースが広いからであって、昔のライス長官がいつも足を組んでましたが、あれはそもそもの背が低いからだと思ってます。ヒール履いて麻生さんより低かったから170cm以下ですかねえ。

意外かも知れませんが、人間は知らないうちにコンプレックスを表面に出しがちです。手を組んだり腕を組むなんてのはまさにそう。オバマ大統領がよくやってますよね。人は緊張すると手を組みがちです。自信の無さの表れとも言えます。手を揉むと完全ですね。

まあ心理学的には、手を組む人は「自信はないが人の意見も聞かない人」と言われてますが、そんなこと言ってたら大半の日本人がそういうことになっちゃいます。

まあ、足が長かったら電車で足なんか組むわけないって思っておけば、「また短いのが調子ぶっこいてるな」ぐらいに思えて腹が立たないからいいんじゃないかと思ってます。正月から小さい話しですみません。


gq1023 at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

もはや正月休みは過去の物かも

82786e58.jpg私は旅行会社、イベント会社、広告代理店と転職して来たので、ぶっちゃけ正月休みとは縁がありません。どちらかと言えばかき入れ時でして、クリスマスだってお盆だってお休みじゃありませんでした。

それどころか、正月・ゴールデンウイーク・お盆・クリスマスなんかに仕事が無かったら上司に殺されそうに怒鳴られるでしょうし、自分自身も心配で夜も眠れないことでしょう。

今日は朝からいろいろ回りましたが、もはや正月休みはないですね。一部のスーツ族とか工場労働者は休みかも知れませんが、コンビニだろうがファーストフードだろうが百貨店だろうが関係なく営業してました。「ボーナス族からお金をゲットするぞー!」ってな感じです。

池袋に行ったのですが、変に元旦休んでる東武百貨店やヤマダ電機の方が違和感ありましたよ。小さい個人商店でも営業してました。原宿なんて歩くのすらままならないほどの人出です。そりゃあ川崎もそうですが、有名な神社あるから初詣客いっぱいですもんね。

金融機関の営業が年末は30日なんで、普通に30日まで営業の会社は多いでしょうし、公務員は法律で御用納めが12月28日で御用始めは1月4日と決まってますから、民間企業は30日まで決済作業があるので営業して、4日から営業開始となって来てるのでしょう。

もはやゴールデンウイークやシルバーウイークより短いですよね。もう年賀状も書かない人が多いらしいし、おせち料理なんて元旦から飲食店やってるから必要ないんで、正月休みってのは死語になっちゃうのかもしれませんねえ。

確かに、うちの子供はもう15歳になりますが、凧揚げなんてやったことないはずです。着物着て羽子板に失敗して墨で顔に落書きされてる子供なんて見ませんよね。あと数年もすれば、そんな話しをしたら「ウソだ」と言われるようになるかもですね。

まあ、訳の分からない休日が増えましたから、正月休みは消えていく運命なのかも知れませんね。12月31日まで営業してた店が1月1日に初売りなんて言ってる事自体がチャンチャラおかしいわけで、初売りってのも消えていくのかなあ。なにやら寂しい感じがしております。

gq1023 at 05:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月01日

一年の計は元旦にあり

新しい年を迎えました。「一年の計は元旦にあり」ですので、最初にしっかりと計画を立てて、ただひたすら挑戦あるのみでどこかに進んでいきたいと思います。

古くから「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」と言われ、一日の計画を朝に立てるのが大切なのですが、昔はそれすら出来てませんでした。先輩から言われ、前日に積み残したことをノートにメモして、翌朝にそれを今日のタスクリストとして書くようになりました。

そこに今日思ったことを書き足していき、それが今のブログにつながっています。それの最たるものが元旦。一年間の目標を定める日でもあります。

今年は仕事においては新しい事業としてキッチンカーの事業を立ち上げて軌道に乗せる必要があります。既存の仕事しては学習塾の安定経営と施設管理事業の多角化。さらに22時以降の産業を防ぐための労務管理体制の充実もあります。

何より資金計画立てないとなー。今年はお金を回すのが大変でした。とはいえ、資本金1000万の会社で会社の有利子負債は1000万切ってますから実質無借金。ちゃんと金融機関から資金調達して経営体質の強化が課題です。

社員の若返りと賃金体系の見直しもやらなきゃですね。同一労働同一賃金制に国が向かってるわけですから、若い人もお年寄りも同じ給与の体系にしなきゃいけない。ハードル高いですが、まあやってみるしかありません。

本年はレース活動についてはJ-GP2クラスにステップアップする榎戸育寛選手をはじめ、若手育成という視点で応援していくことになります。本年もよろしくお願い申し上げます。

gq1023 at 08:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月31日

パソコンのない時代

title-752私はパソコンがない時代に営業マンとしてのノウハウを叩き込まれました。「朝会社に来たらすぐ外に出ろ」とね。「事務所にいても一銭の金にもならんから喫茶店でも映画館でもいいからとにかく出ろ!」と言われ続けました。

そして「金を作って来い」とも言われました。「休んでもいいから金を作れ」と言われました。銀行マンなんて夏季休暇や年末年始の休暇明けでも必ず数字を作って復帰するそうです。休んでたんで成績ゼロでいいってわけじゃない。

今、パソコンがあるじゃないですか。それも1人に1台ある。触ってるとヒマつぶせるから、触り続けて仕事してる感を得ちゃってる人が多いと思うんですよ。でも、あれって単なる道具なわけで、できるだけ短い時間で終わらさなきゃいけない。

私は夜は体が空いていれば、ひたすら飲みに行っては新しい人を紹介してもらってました。なんか隣の人に声かける。行きつけの店のママやマスターに紹介してもらう。その程度ですが、門真で飲めば松下電器の人と知り合いになるし、江坂で飲めばダイエーやダスキンの人と知り合いになる。

今って、会社でも家でもパソコン・タブレット・スマホ触ってるんじゃないですかねえ。それで1日満足しちゃう。でも体験感乏しいよなー。もっと実体験がないとねー。なんて昭和の時代のオッサンは思っちゃいます。

忘年会シーズンですからね、新橋のアスティルってサウナがあるんですが、昼の12時オープンなんです。いきなりどんどん人が入っていく。午前中は会社に顔出して、昼から酒抜いて休憩して夜に備えてるんでしょうねえ。無理に事務所でパソコン触ってるより、よっぽど意味ある。

偶然広告代理店とか放送局の人に会ってね、「おっ酒抜きですか!?」ってな事言いながらサウナの食堂で食事してね、それで情報交換して知識を得たりも出来る。

ファックスすらない時代は手運びで資料持って行きましたからねえ。若い頃はお得意先のかわい子ちゃんがお茶入れてくれたりしてね。担当者に「うちのベッピンに手出すなよ」なんて言われてね。そんな言葉のキャッチボールが今の財産になってる気がします。

以前は毎週月曜日にオフ会やってて、夜10時から明け方3時まで飲んでたんですよ。名刺交換会ね。証券会社の人も銀行の人も新規営業が来たら「月曜日の22時から交流会やってるんで、そこでなら話せますよ」ってやってた。あれもいい財産になってます。

あと朝のジョギングや散歩もいいですねえ。家から5kmほどで六本木なんです。往復10kmだと約1時間。渋谷・新宿・池袋・銀座なんて所を回っては、スマホで写真撮っていろんな情報をインプットする。イベントの設営に出くわすと知り合い多いですしね。

そんなこといいつつ朝からブログ書いてるわけですが、ぶっちゃけこの朝8時までしか端末触りません。よっぽど仕事に迫られない限り触らない。企画書も手書きで仕上げてからパソコンで清書するって感じです。

もうちょっと若い人も年寄りも実体験増やした方がいいと思うんですよねー。情報が簡単に手に入るからと言って、それで満足してたらもったいない。ノーパソコンデーとかやればいいのになーなんて思ってます。

gq1023 at 06:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月30日

政治資金すら把握できない人が国家予算なんて使えるの?

f3357947.jpg「政治資金収支報告書」って複式簿記でもなく、小遣い帖みたいな感じなんです。こんなのが帳簿として認められるんなら、会社会計もこの方式にしてくれたほうがいいのに。

それはさておき、この政治資金の問題ってよくおきますよね。で、だいたい「秘書にまかせっきりでした」って話しになって終わりになる。だけど、安倍総理とか使ってる額が多い議員ならまだしも、大した寄付もない人がガソリン代200万も使われてるとかってアホでっせ。

帳簿ぐらい見た方がいいって。私なんかアスクルの明細書ですらくまなく目を通しますよ。「なんでボールペン2ダースも買ってやがるんだ!」ぐらいの感じでね。うち年間の接待交際費150万ですよ。ぜんぜん枠に達してない。接待なんてしないもん。

政治には金がかかるというのは分かります。地元に事務所と秘書。国会にも秘書。後援会回りもあるし地域回りもある。秘書は多いほどいいし、事務所も多いほどいい。

だけど、帳簿が人任せってのはアカンでしょ。そんな人に国の運営任せられないもん。議員報酬と政党助成金だけで食ってるヤツが多すぎる!それは確かに職業議員なのかもしれませんが、テメーの金は働いて稼げってのが個人的な感想です。

自分の働いて稼いだ金だったら、もっとちゃんと帳簿見るんじゃないですかねえ?私はそんな感じがしてます。

gq1023 at 06:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月29日

都市博の再来

92c214f5.jpgその昔、東京では世界都市博というのが計画されてました。基本計画どころか実施計画も具体化していて前売券も発売済み、そんな中突然中止となりました。理由は都知事選です。

その都知事選は、元放送作家・作詞家・タレントの青島幸男氏が勝利したのですが、全く選挙戦はせず、公約に「都市博中止」だけを掲げて戦い当選。議会が100対23で都市博開催を訴えたのに、知事権限で無理やり中止にさせました。

当り前ですが、東京都民がその都市博中止を支持したわけです。それは「開催費用が無駄になる」という思い込みでした。思い込みってすごいですよね。もう着工してるの中止にしたら違約金かかるの計算してなかった。

そして、青島知事もちゃんと計算しなかった。結果的に直接的な中止にかかった費用だけで600億円以上。開催の場合は経費が800億円以上だったので200億浮いたとか言ってましたが、入場券収入による相殺をやってないので、実質は大損だったと言われてます。

まあ、我々イベント業界は「やってないのに費用もらえる」と聞いて大喜びして費用算出しましたが、結果的には現在まで続くコンサート&イベント会場不足の元凶になっていますし、臨海副都心エリアの開発の遅れにつながっていると思ってます。

築地の旧電通本社ビルには都市博室も設置され、各パビリオンの建設も開始、コンパニオンのユニフォーム選定なども進み、会場誘導計画や清掃計画まで立てている中の中止でした。確かメインゲートはほぼ完成してたと思います。ゆりかもめから見える中止決定後のエントランスはシュールでしたよー。

これと同じことをオリンピック・パラリンピックでもやってるように見えます。開催費用が2兆円ですって?組織委員会と国の負担分もあるから、まあ1兆円が都の負担分として、1300万人で割ったら一人8万円以下です。13兆円の東京都予算の中で微々たるもんでしょ。

木を見て森を見ずですよ。そんなことより選手村ってできてるの?新国立競技場の建設やってる?間に合わないって。そんな政治的駆け引きやってるタイミングじゃないって。

昨日の「&TOKYO」のデザインに関する有識者会議なんて、日本人有識者が「デザインが嫌い」とか「もっといいデザインがある」なんて好き放題言ってる横で、シャネルのリシャール・コラス社長が「そんな時期過ぎてるでしょ。みんな話しまとめようとしてます?できてるデザインをとにかく使う!」ってまともな指摘してましたよ。その通り!

「ボランティアの服嫌い」とかもういいんですよ。ピコ太郎の服でもフナッシーの格好でもいいんですよ。もう実施計画策定の時期なのに、このままだとスタジアムですら間に合わなくなる。動線計画なんて全然でしょ。道路整備って終わってる?バス専用道路の整備なんてやってる?

300億ぐらいのコンサート会場なら5つぐらい造ってもペイしますよ。Zepp Tokyoみたいな仮設風のだったら5億で建つでしょ。練習場はあんなのでもいい。それもペイしますよ。エンタテイメントのプロ入れた方がいいって。

どうせやるならド派手にやったほうがいいってのが個人的な考え方です。セコイの嫌い。節約しましたとか言って手弁当でスタッフ働かすの?誘導スタッフの食事スペースって既存の施設にあるの?ないなら、非常階段とかで食べさせるの?考えてる?

そんな当たり前のことをつらつらと書き綴ってますが、忘れた頃に「オリパラやってくれ」なんて言われて、「ヒーヒー」言いながらもやっちゃう自分がいるんじゃないかと思ったりしてます。まあ、都議選終了までこんな感じなんでしょうね。アボーン

gq1023 at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月28日

目の前にある物を叩くのは簡単だ

行政のトップが人気を取るのは、大抵の場合は目の前にある物を叩くってやり方をします。「彼じゃダメだ」「既存のやり方を変えよう」って事なんですが、まあ大体の場合は早々にネタ切れになります。

そして、新たに何かを創り出そうということになるのですが、何かを創り出すにはお金がいる。でも余ってる予算はない。そこで今ある予算を少しづつ削って新しいことに使えるお金を捻出する。いつもその連続なんですよ。

大阪大改革だって何が変わった?橋下氏が府知事になってから8年。市債が減ったとか、市長の給与や退職金が下がったとか、有効求人倍率が上がったとかあるんだけど、大きな変化を期待した市民や府民からしたら、「何が変わったん?」って感じじゃないですか?

要するに、目の前にある物を叩いてるだけじゃ未来は切りひらけないわけですよ。

どの自治体も保育所を増やしてますよね。それが少子高齢化対策だと言ってますが、ウソですよ。2016年はとうとう出生数が100万人を切りました。65歳以上の老人は毎年200万人以上も生み出されて行くのにですよ。シャレになってない。

だけど、赤ちゃんなんて18年後まで選挙権もってないからどうでもいいわけです。子育て家庭の人気が欲しい。だから少子高齢化対策と称して保育園の予算を取る。子供はどんどん減るから、いずれ保育園が余りまくる。また税金で維持する無駄が増えるって感じです。

オリンピックやるのに、あのアホみたいな首都高はそのままなんですよ。やっつけ仕事の極みみたいな自動車専用道路ですが、今からじゃ手直し間に合いません。晴海通りだって築地が移転しないから道路間に合わない可能性が高い。後手後手です。

来年は都議選があります。これで野党躍進とか、小池チルドレンが台頭したりしたら、もっと止まりますよ。だって、今ある何かを叩く方が人気出るもん。止めるのいいけど、アジアの各国は、その間もどんどん進んでるってことだけは分かって欲しいなーって思ってます。

gq1023 at 05:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月27日

お休みには高熱が出る

なぜか分からないのですが、いつも休みの日には高熱が出ます。年に何日も休みなんてないのに高熱が出る。旅行いったのに熱出してずーっと寝てたなんて何度もあります。グアムでもシンガポールでも石垣島でもそうでした。

いつも不思議だったんですが、友人のお医者さんによると「人間の生理現象」だそうです。というのも、体は寝てる時に回復するらしいのですが、その睡眠が足りないらしいんですね。その睡眠とは睡眠時間じゃなくて「質」だそうで、仕事の事を考えてて深く眠れてない。

そうすると疲労が蓄積するそうで、休みの時に「仕事の事を考えなくてよくなった体が一気に今までの疲労を爆発させる」らしいんですね。要するに、それぐらい仕事を一生懸命やってた証が、お休みの時の熱なんだそうです。

医学的には「自律神経が交感神経から副交感神経に切り替わって休養状態に入った」と言う状態が、その高熱が出てる時だそうです。心の緊張がほぐれて「休んでいい」と自律神経が思った瞬間に、今までの疲労を一気に開放するために熱を出させるそうです。

確かに高熱が出ると、何もかもやる気が失せるので休めるっちゃ休めますよね。体もセーブせざるを得なくなる。そういうことなんだそうです。

ただし、週休2日制なのに毎週末に熱が出るとかいう状況は精神的にも追い詰められてる可能性があるので、生活態度を改めた方がいいとのことでした。

残念ながら、しばらく熱が出るほどの休みはありませんがね。まあ、今の時期に休んでたらイベント屋や広告屋はつぶれちゃいますもんね。頑張りまーす!

gq1023 at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

食べること生きること

0152dda1.jpg福岡の通販会社で「やずや」って会社があります。そこが年に4回発行の広報誌「食べること 生きること」ってのを出してます。次回が記念すべき50号。そのテーマは「食」です。

創業者の矢頭さんがいい人でね、美味しい物を直接届けたいと言い続けてました。本社には山ほど猫のオブジェがあるんですよ。社内だけじゃなく、ビルの壁面も屋上もネコだらけ。どんたくのパレードもネコ引いてます。まねき猫なんだそうです。

今は息子さんが社長で、長らく社長を務めておられた初代の奥様が会長です。その奥様のコラム「次代へのことづて」がこの広報誌に載ってるんです。今日、サイトを見ていたら、それがネットで読めることに気づきました。

コラム「次代へのことづて」

とても短いコラムなんですが、大変な時期や時代を乗り越えて来た方だからこそのメッセージが沢山出ています。ギスギスした心を和ませてくれる言葉で埋め尽くされています。もしよろしければお読みください。

なんか久しぶりに番頭だった西野さんの本も読んでみたくなりました。

gq1023 at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月26日

部の責任は部長1人、課の責任は課長1人のもの

「松下幸之助から未来のリーダーたちへ」が文庫版になってたので買ってみました。やっぱ松下幸之助さんはいい事言ってますねえ。

その中の抜粋ですが、「部の責任は部長1人、課の責任は課長1人の責任でなければならない」ってのが良かった。そうですよ。社長やってるとね、社の責任は社長1人で負ってるんです。いきなり運転資金を借りる時に保証人やらされますから。だけど中間管理職は違う。

要するに松下幸之助は「部下がアカン」なんて言い訳は認めないと。「部下がアカンのはお前がアカンから」だと。覚悟を持てと。全責任を負って仕事しろと。やっぱすごい!そうかー、その発想があったから事業本部制にしたんだ!分かって来た。

社員研修とかでも使われる「経営心得帖」にも載ってますが、「命をかけるほどの真剣さを持つ」ってのも載ってます。そうでしょ。松下幸之助だって「命かけて仕事しろ」って言ってるじゃん。くだらない働き方改革とか言ってんじゃねーって松下幸之助が言ってる。

私はご本人とはお会いできませんでした。でもねえ、親父は何回も会ったそうです。この間まで宣伝部長だった橋さんが新入社員の頃は、まあ怒られたらしいのですが、松下幸之助に怒られるなんて夢のようですよねえ。いいなー。

松下氏のインタビュー撮影に行った際、テレビカメラのSONYの文字に黒いガムテープを貼って行ったそうです。松下氏はそれを見てカメラマンに「どこのカメラですか?」と聞き、「ソニーです」と答えると、「そのカメラの優れた点はどこですか?」と質問攻めにあったそうです。

インタビュー時間を超えてカメラマンにテレビカメラの優秀な部分や、カメラマンが必要としている要素を聞き続けた上で、自身のインタビューを撮り終えると、「放送用のカメラ造ったらどうや?」となったそうです。松下はM3って独自規格やってましたね。読売テレビだけ使ってました。あとはソニーのベータカム。

まあ本田宗一郎さんにしても松下幸之助さんにしてもメッチャ怖い人だったそうですから、強烈なスパルタだったことだけは分かります。2時間怒鳴られたとか、3時間立ちっぱなしでアホ呼ばわりされたとか山のように聞きますから怖かったんでしょう。

気迫を持って経営してたんでしょうねえ。私にはまだまだそんな覚悟無いなあ。社員に腹が立っても15分も怒ったら「アホとしゃべったらアホがうつるから止めとくわ」ぐらいで終わりにしちゃうなあ。アカンなあ。

ちょっと反省したので、社員をちゃんと呼びつけて怒鳴りつけることにします。なーんちゃって、そんなめんどくさい事やってられませーん。



gq1023 at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月25日

失敗しない人生を選ぶことは人生を失敗することになる

d8af3f17.jpg人間なんて楽しい方に流れるわけですよ。私の場合は、比較的楽しい方が仕事なんですね。それがお酒だったり薬物だったりすると大変だけど、偶然にも仕事に流れた。

まあマンガ「島耕作シリーズ」じゃないけど、仕事が絶好調だとトラブルも多発。心が折れそうになること山盛りなんだけど、仕事が絶好調だと女性にも不自由しないんで、なんかそこでバランス取ってたような部分もあります。

島耕作は凄すぎですよ。売春婦も買うし、部下も先輩も飲み屋の女も全部やっちゃうんだから、今のコンプライアンス時代にはあり得ない存在だけど、昔はみんな大なり小なりそんな感じだったんじゃないですかねえ?

だいたい仕事上の失敗って、最初のうちはバレないようにと思ってウソついてごまかしてるんだけど、最終的に大問題となって表面に噴出する。噴出した時に「何で報告しなかったんだ」なんて言われて、えらい責任問題に発展しがちです。

発注忘れとか、勘違いとかがキッカケなんだけど、気づいた時に上司に報告して対策取ればいいのにごまかす。そして、そのごまかしが結構上手く行く。上手く行くから調子に乗る。毎回逃げ切れると思い込んで、最後に大失敗するって感じなわけです。

じつはごまかしてるのって周囲にバレてたりするんだけど、自分に被害なければいいし、当事者も怒られなきゃいいやってなもんで流していく。やった失敗ごまかしまくって出世してるサラリーマンだって結構いると思いますよ。でもそれじゃあ部下を引っ張っていけない。

私は若いうちに大失敗が多かったんで助かりました。問題があれば周囲に言う。責任を分担すると言うか自分だけの責任にしない。どちらかというと責任転嫁。全員を同じ船に乗せて「お前ら漕がないと沈没するぞー!」ぐらいの声をあげる。アホです。

だけど、そうすることで重大トラブルを回避できるし、組織としての結束も強くなる。自分一人の目で仕事するより、多くの目で確認したほうが問題の芽を摘むこともできる。

とにかく先輩の現場に入ってました。土日や業務時間外は、空いてたら先輩や上司の現場に行く。行って手伝ってついでに自分の仕事の現状を共有する。上司に話したいことがあれば、デスクで適当に話さず、ちゃんとアポとって相談してました。ちゃんと問題を書面にした上でね。

やっぱり失敗しないと懲りないし成長しない。失敗の数だけ次に失敗しなくなる。MotoGPライダー見てると、走行初日は各コーナーで外に飛び出してる。飛び出した数だけ限界を知ることになるわけですよね。そうやって予選・決勝へと成長していく。

そもそもMotoGPライダーってコーナーで飛び出しても簡単には転倒しないんですよ。我々レベルじゃ絶対にグラベルと呼ばれる砂利にタイヤを取られて脱出できない場所でも、軽々と出ていく。それだけ失敗の場数踏んでるから、失敗しても簡単にはコケないし、失敗からの脱出や回復も早い。

最近「失敗しない人生を選ぶことは人生を失敗すること」なんじゃないかなーって思うようになりました。いらない失敗はしないでいいんですよ。だけど、いろんな失敗したから人生が山あり谷ありで楽しくなってる気がしてます。

本田宗一郎氏の名言に「私の現在が成功と言うなら、私の過去はみんな、失敗が土台作りしていることにある。仕事は全部失敗の連続である。」というのがあるのですが、ぜんぜんホンダレベルの会社を作れる気がしないので、まだまだ失敗が足りないってことなのかもしれませんね。

gq1023 at 05:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月24日

糸魚川大火

ahものすごい火災になりましたねえ。結局火を出したら現代でもこのようなことになるってことなんですね。歴史的に何度も大火に見舞われてますから、そういう地域なのでしょうね。

昔は糸魚川って乗り換え駅だったんで、我々の年代で青春18きっぷでスキーとか行ってた人々は、あの大町って途中下車してフラフラした人多いと思います。松本から上越とか北陸行く時の必須通過ポイントです。

死者ゼロってのは素晴らしいですが、4万平米156棟消失ってのは大問題です。駅前商店街に新しいアーケードができたばかりだったんですが、火災時は散水障害にもなるってことが分かりましたね。ここなんか歩道だけの屋根だけど、全部アーケードの商店街はもっとやばい。

今回の件で、やはり初期消火の重要性と火の元の管理の必要性が分かりました。日本では明治時代に作られた「失火責任法」で「火元に責任ない」ってことになってます。家を買う時に「保険金は自宅分しか出ませんよ」と教わりました。火災保険も大切ですね。

それにしても年末のこの時期じゃ大工も来ないだろうし、喪失感もハンパないですよねえ。火元の中華料理店は反省してると思いますが、強風・乾燥・住宅密集・耐火建造物の少なさ・消防の脆弱さと、あまりにも多くの課題が重なりすぎました。

かく言う私共の自宅エリアも危ないんです。「品川区火災危険度マップ」で見ると品川区の3分の1は危険地帯で、同じことが発生すると地域全体が燃えてしまう危険性があります。これ区作成のマップですが、都作成の「東京都の危険度マップ」になると、約半分のエリアが危険とされています。

小さいことしかできませんが、まずは今晩も火の用心の夜警に参加して、小さいですが頑張りたいと思います。今回被害にあわれた方々の未来に幸多かれと祈るばかりです。

糸魚川大火の歴史)
1806年5月2日 大町にて大火 306棟焼失
1812年11月8日 鉄砲町にて大火 28棟消失
1814年8月16日 七間町にて大火 508棟焼失
1816年2月17日 横町にて大火 744棟焼失
1826年6月20日 浜町にて大火 600棟焼失
1834年4月20日 田町にて大火 548棟消失
1877年11月6日 横町にて大火 458棟焼失
1873年6月13日 浦本にて大火 300棟焼失
1904年8月13日 新屋町にて大火 459棟焼失
1908年8月10日 寺町にて大火 42棟消失
1911年4月22日 浜町にて大火 503棟焼失
1928年8月19日 緑町にて大火 105棟消失
1932年12月21日 横町にて大火 368棟焼失
1954年8月19日 緑町にて大火 42棟消失


gq1023 at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

思い込みで判断しない

0addf7e4.jpgイベント現場で照明さんから「イチローって小さいのに凄い」と言われたので、「イチローはデカいっすよ」といったらビックリされました。それどころか、そこにいたスタッフ全員に驚かれました。

「いやいや、大谷なんか巨大ですよ。顔もデカいけど体は超デカい。ダルビッシュも巨大だし、マー君も巨大!」といったら、さらにビックリされました。

つまり「実物を見ていないで判断している」ってことなんでしょうし、「想像力が欠落してる」ということでもあります。そんなの巨漢揃いのメジャーリーグで、他の選手と並んでも引けを取らない体形なんだから、全員デカいに決まってるじゃないですか。

とはいえ、ちゃんとしたデータを見てなかったので、ネットで調べてみました。

イチロー 180cm
松井秀喜 188cm
清原和博 188cm

確かにイチローは小さい。といっても今年からオリックスの2軍監督やる田口が177cmで大きい方だった時に、それよりデカいですから大柄です。だって180cmあるんだから。ちなみに福良が175cmで谷が173cm。180であの佇まいですから、ものすごい筋肉ですよ。

ピッチャーを調べると、もっとすごいですよ。もう2mって感じです。

松坂大輔 182cm
田中将大 191cm
大谷翔平 193cm
ダルビッシュ有 196cm

みんな巨漢なんですよ。大谷の顔が小さいって?いやいや、顔もデカいけど、体がそれ以上にデカいから分かんないわけよ。

サッカー選手は小さいって?誰そんなこと言ってるの。私172cmでチビじゃない方ですが、サッカー日本代表の中では一番小さい部類ですよ。それぐらい全員デカい。

長友佑都 170cm
清武弘嗣 172cm
岡崎慎司 174cm
香川真司 175cm
宇佐美貴史 178cm
大迫勇也 182cm
本田圭佑 182cm
川島永嗣 185cm

サガン鳥栖のキーパー林なんて195cmですよ。キーパーなんて180cmないと代表に招聘されないんじゃないかってぐらい大型化してます。

思い込みで話しをしても、社会で「それ間違ってますよ」と指摘されることはほとんどありません。単純に「あの人アホだ」と思われるだけです。だからこそ、人に何か話すときは思い込みで判断せず、自分で調べて把握して理解して話すようにしないと危険だと思ってます。

gq1023 at 06:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月23日

本を読んでいる人と読まない人

私はスタッフによく「本を読め」と言います。ブックオフに行くと100円コーナーがあって、そこには結構自己啓発本とかいろんな経営者の本があって、それを読むと本当にためになります。

ためになるというのは、「為」になるだけでなく「溜め」や「貯め」にもなります。知識は身につくし、人の成功体験や失敗体験を疑似体験できるし、そこで得た知識を人に伝えることで物知りな私にもなれますし、お金儲けにもつながる。

だから、どんどん本を読む。読んだ本を売りに行ってまた本を買う。人にも本を薦める。スタッフも同じように本を読んでくれれば、みんなが知識の宝庫になる。そうあるべきだと思ってるんです。

でもね、この本読めよと薦めても読まないヤツがいる。いやほとんどのヤツが読まない。ぶっちゃけ、成功してる人って鬼のように本読んでますよ。だって安いもんだもん。1000円ぐらいで人の成功体験が学べるわけですからね。

本を読むと言っても1日30分ぐらいですかねえ。電車に乗ってるときやヒマな時に読む程度ですよ。それでも週に3冊は読める。そういう人がいっぱいいるわけです。電車でスマホゲームやってる人とビジネス本読んでる人じゃ差が出来て当たり前でしょ。

つまり、今も読んでる人がいるってことです。そして読んでない人との間に大きな差が生まれる。その差は、どんどん広がるんですよ。そう勉強ってのは毎日やらないと忘れていくんです。「本を読んでない?いつやるの?今でしょ!」そう思ってます。



gq1023 at 04:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月21日

小さなおうちと大きなおうち

小さなおうちには沢山の物は入らない。だから絶対に必要なものだけを置くようになる。

大きなおうちには沢山の物が置ける。だからいらない物も置くようになる。

小さなおうちではお客さんが来た時に備えて全体をきれいにする必要がある。

大きなおうちではお客さんが来る場所だけきれいにしておけばいい。

全てはいらない物を片付けることからはじめよう。1年の計は元旦にあり。いらない物を処分しよう。さあ大掃除はじめます。

gq1023 at 06:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

大卒ってのは資格じゃない

オッサンになって分かったんですが、大学は若いうちにいったほうがいいです。私の場合学校の成績はビックリするほど良かった。だけど、意地張って大学行かなかったんです。そんな資格で戦うのは無駄だとね。

だけど、社会に出て30年も経つと分かって来ました。大学出た人しかいない会社に「大学なんて出てるヤツはアホだ」とか言う人いらないんですよ。周囲を乱すだけでしょ。同じ経験した人が一緒にいた方が、組織としては構築しやすい。

東大生なんていくらでもいますよ。私のような元ミュージシャンなんて元東大生よりはるかに少ない。だけど、その時その瞬間に受験勉強をやった事実があって、周囲の人々にその時頑張った事が出身大学名で伝えられるわけです。

別にミュージシャンとしての活動を頑張ったかどうかは誰も分からないし、どんな頑張りがミュージシャンを有名にするのは誰も分からない。それに対し、受験勉強して大学に行った人々には、東大の価値が分かるじゃないですか。

30年も前の大学で教えてたことなんて今の社会じゃ何の役にも立たないですよ。だけど、受験勉強で頑張ったって実績は残る。それが客観評価になるんですよ。

うちの社員に大手証券会社やメガバンクみたいなノルマ科してビシバシにしごいたらすぐ辞めますよ。だって大学なんて行ってないんだもん。受験勉強すら頑張らなかったのに、仕事なんて戦えるわけないじゃん。最近気づいて来ました。

大企業みたいに「金すら稼がないヤツに未来があるかい?生きる価値あるかい?」なんて言ったら、すぐブラック企業扱いですよ。だけど、大手金融機関ってそういう所じゃないですか。証券会社なんて、まだ5時半前ですけど出社時刻でしょ。

大卒ってのは資格じゃないんですよ。学習塾やって分かりましたけど、私英語も数学も高校卒業程度までまだ分かってます。模試でも80点以上取れる。学校の授業を難しいと思った事ないし、高校3年の駿台模試って全国4位でしたからね。

その時点で、大学は「学びたいと思ってから行こう」と思ったんです。高校も行くつもりなかったけど、高専に行きたかったけど親に邪魔されたから、「大学行きます」って言いながら受験は休むって調子。でも、親が裏に手を回してたみたいで、受験欠席したのバレたんで、ハッキリ言いました。「行きたくないから行かない」って。

今さらながら「行っときゃよかったなー」って思いますよ。同じ時間と言うか空気を共有した仲間と、時空を超えて「俺も慶応」とか「俺も早稲田」って言いたかったなーって思います。オジサンのノスタルジーです。

高卒ってのは資格です。だけど、大卒ってのは資格じゃなくて頑張った証。誰だって、あのペラペラの教科書を全部覚えれば合格するんだもん。だけど、それ以上に頑張ったって証のある人は、それでいいんです。

うちでロードレースやってる榎戸選手もそう。来年3月で高校卒業ですが、大学は行きません。ロードレースで食べる道を探ります。アホみたいでしょ。だけど、私もミュージシャンで生きていくと決めて頑張った。頑張れることのある人は頑張ればいい。

頑張るものが見つかってない人は、少なくとも高校時代だけは頑張ったという証として、大学入学を目指してみてもいいかもですね。行ったこともないオッサンの戯言でした。

gq1023 at 05:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月20日

会社の備品

会社の備品ってスタッフにとっては単なる備品だろうけど、経営者にとっては大切な武器なんですね。ましてやうちのような零細企業だと、必死の思いで買うわけで、大切な大切な宝物なんです。

コピー機ってリース品ですが、うちの場合だとリコーとゼロックスの複合機なんですけど、1分40枚機ですから月額1万円の5年リースにコピーチャージ。ざっくり1台100万から150万円って感じです。ビジネスホンだって主装置と端末で50万はするでしょう。

毎月一生懸命頑張って買うわけです。で、毎日ダメになって行くわけです。できるだけ長く使いたいから、丁寧に扱うんだけど、社員みんながそうやって扱ってくれないと、どんどんダメになる。

コピーチャージってカラー20円のモノクロ7円みたいに、1枚ごとにチャージされるんです。請求書来るでしょ、枚数チェックして端末の印刷キューってのを見ると、誰が何枚印刷したかが出て来る。印刷枚数が多いのに売り上げが多いとか少ないとか出て来るわけ。

別に毎日チェックしてないんだけど、コピー機の営業さんが「毎月3千枚以上も刷ってますから」なんて提案が来て、「えー!誰がそんなにー?」なんて聞くと印刷キューの出どころを調べてくれて、「あのヤロー!」ってなことになりがちなんですが、まあそんな感じなわけです。

東京に出て来て、最初にカラーレーザープリンター買うまで大変でしたよ。インクジェットで出力して、キンコーズにコピー出して頑張ってたのが3年ぐらいですかねえ。その後複合機を買うまでさらに2年かかりました。

穴あけパンチ、カッターナイフ、カッターマット、ボールペン、単なる文房具と思うかも知れないですが、全部必死の思いで買ってる。紙の裁断機や大型のホッチキスなんて年に何回も使わないけど、なくていいってわけじゃないから買う。全部宝物ですよ。

デスクや引き出しなんて本当に買うの大変でした。最初は家の食卓で仕事してて、パソコン買うお金がないから、取引先から捨てるパソコンもらって来て、秋葉原で新しいCPUを安く手に入れて自作してたんです。68系をパワーマックにしてね。

その後に仕事部屋を作って1万円ぐらいの安いデスク買って来て仕事デスクにして、さらに2人目のスタッフを雇って、ヒーヒー言いながら馬車馬のように働いて、都心に事務所を出しました。31歳から40歳ぐらいまで平均3時間ぐらいしか寝てなかったような気がする。

なんでも備品買うのって大変ですよ。社用車買うのなんてものすごく大変ですよ。それを借りた挙句傷つけられたり煙草の臭い付けたりされたら腹立つでしょ。社員にとっては道具かもしれないけど、会社にとっては資産だし、経営者にとっては分身ですよ。

何か最近そういう物を大切にするって部分が忘れられてる気がします。物を粗末に扱うとバチが当たるってヤツね。会社の設備や備品を大切にするって所から教えることが、今一度日本という国に脈々と流れる大切な心を再発見させ、国力増強につながるんじゃないかと思ってます。

gq1023 at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月19日

海兵隊のリリースにちゃんと書いてありますよ

December/14/2016
第3海兵遠征軍司令官ローレンス・D・ニコルソン中将、沖縄でのMV-22海上への重大インシデントについて語る

アメリカ海兵隊キャンプ・バトラー基地(沖縄・日本)にて 2016/12/14

第3海兵遠征軍司令官ローレンス・D・ニコルソン司令官は、沖縄の浅瀬へ不時着したMV-22オスプレイの件について記者会見をおこない、以下のように語りました。

「本件は海上での空中給油中に、燃料補給パイプがローターブレードと接触して機体にダメージを受けたことにはじまる。」

「給油ラインが外れると機体は激しく揺れていた。」

「パイロットは沖縄の人々や家々を守るため、キャンプシュワブへ向かうことをあきらめ、乗組員を守れる浅瀬に着陸しようと意識的な決断を下した。」

「全5名の乗組員は全員救助されキャンプフォスター海軍病院に運ばれた。3人が病院から解放され、2人はまだ入院している。」

「迅速な対応のために海上保安庁が協力してくれたことに感謝したい。と同時に現場保護のために尽力してくださった沖縄県警のサポートにも感謝を表したい。」

「そして、アメリカ空軍第33レスキュー隊の救助活動にも感謝を表す。」

ニコルソン司令官は
「沖縄の人々の懸念事項に対し、日米安全保障におけるMV-22の重要性と安全性を強調したい。」とも語った。

また「このインシデントがココで起こったことは残念だ。」とも語った。そして「沖縄の人々による負傷した乗組員達への祈りと思いに感謝します。」との思いを口にした。

「私たちのチェックリストと飛行手順の安全性が確認されるまで、在日海兵隊の全すべてMV-22の飛行を一時的に停止する。」ことも発表しました。

安全性と環境保護の重要性から、現地での最初の調査が行われています。事件の正式な調査が開始されておりますので、調査完了まで、事件の原因に関する詳細情報はありません。

gq1023 at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ギャンブル依存症対策って何?

02f5ee06.jpgカジノ法案と呼ばれるIR関連法案が参院で修正され衆院に送られました。そこでギャンブル依存症対策の必要性が叫ばれると聞くのですが、そんなの必要ならとっくにやっとけって話しでしょ。日本なんてギャンブルだらけですよ。

パチンコ屋は大丈夫なの?競馬・競艇・競輪・オートレースは大丈夫なの?ロト6は?ビッグは?TOTOは?サッカーくじなのにBIGなんて6億でしょ。宝くじって年末ジャンボは10億でしょ。CMでバリバリ射幸心あおってますよ。

以前はメディア側の規制が厳しくて、簡単には射幸心をあおる表現のある広告って出来なかったんです。だけど、バブルがはじけてたばこ広告も禁止になってリーマンショックもあったりして広告収入確保が不可欠になった。だから射幸心の話しはうやむやになった。

しかも、世の中はインターネットとスマホに広告の軸足が移って来た。もう規制だとか言ってる場合じゃなくなったんですね。薬事法とかも滅茶苦茶でしょ。綺麗になるとか痩せるなんて言っちゃいけなかったのに、今は「個人の感想です」ってテロップ入れたらOKみたいになってる。

政争の具にするなって。成長の可能性がある分野を規制するなって。カジノ法案なんて今ごろ審議してる場合じゃないでしょ。パチンコだって事実上容認みたいなってるのって、法整備ができてないだけじゃん。国会って立法府でしょ。おかしいんですよ。

香港・マカオ・韓国・フィリピン・シンガポール・マレーシア・ベトナム・カンボジアなんて調子でカジノいっぱいありますよ。カジノやったからって国の景気が上向くほどの変化なんておきませんよ。

だけど、今の公営競技と飛ばれる事実上の公認ギャンブルの競馬・競艇・競輪・オートレースの未来は真っ暗でしょ。そこの出口戦略ってあるの?いつかやめるの?それとも再浮上すると思ってるの?SNS全盛期に場内撮影禁止とか前時代的なこと言ってて意味ある?

医者なんか治らない病気つくって保険治療認めさせたら儲かるわけ。精神病とか依存症治療って治らない。治らないようにずーっと病院に来させて薬を出し続ける。結局は依存症対策って名の下に医師会に利益供与したり、警察の天下り組織作ったりすることになるだけでしょ。

地方自治体にちゃんとカジノ運営できるわけないんです。できるのなら公営競技が繁栄してるはずでしょ。いらっしゃいませもありがとうございましたも言えないし、はずれ券は地面に捨てられ放題。最終レースの投票締め切ったら売場のババアは客がいるのに急いで帰っちゃう。アホです。

外資がカジノについては参入します。ベラッジオやルクソールが出来るわけっすよ。だって、国内企業じゃやり方分かんないもん。国内企業にやらせても、せいぜいソウルのウォーカーヒルみたいになっちゃう。外資を入れて大規模にガツンと開発させられるだけの超党派での法案にしないとダメ。

新木場駅から若狭ゴルフリンクスまでを日本のラスベガスにするみたいなね。大阪は夢洲と舞洲に加え大阪城周辺もでしょ。みなとみらいや幕張も参入しますよねえ。

カジノ解禁でターゲットにしてる顧客って、ギャンブルから離脱できなくて1000万以上もサラ金から借金してるってレベルの人じゃないわけ。パチンコやって「いつも勝ってる」なんてウソぶっこいてる人じゃない。世界の富裕層を集められるゾーン形成を狙ってるんですよ。

ギャンブル依存症対策?どうせ審議が進むと「公共性や公平性の観点から入場を服装で規制するのはおかしい」とか言い出すんでしょ。ドレスコードですけど。「個人情報の観点から過去の借金歴等で入場規制するべきじゃない」とか絶対に言うんだから。時間のムダ。

もうねえ40年も前からリニアモーターカーとか言ってますよ。日本に軍隊はないとかアホみたいな事もまだ言ってますよ。分かった分かった。じゃあカジノいらない。政争の具にされるぐらいなら海外カジノに行きます。金持ちにとってはそんな感じだと思います。

gq1023 at 05:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月18日

立派な体育館は2年で建たない

21155965.jpgどっかの知事がグダグダと作業遅らせてますが、建設業界の常識では着工が遅れれば竣工が遅れます。ましてや東京は空前の建設ラッシュ。民間の投資が活発なんで、公共投資のさらに建設費に値下げ圧力のかかる仕事なんて受ける必要性がないのです。

ましてや体育館を建設するのに実質工期が2年でしょ。そんな仕事受けないですよ。だって2年しか仕事ないんだもん。中央リニア新幹線だって渋谷再開発だって10年どころじゃないでしょ。そんな仕事だらけなのに、なんで2年の仕事受ける必要あるの?

公共工事の積算方式で計算したらそんな金額で収まらない。競争入札なんてオリンピックに関わる体育館建設では機能しませんよ。だって大手ゼネコン同士で談合すればいいだけでしょ。公共事業なんて談合だらけですよ。

結果的にはやっつけ体育館を造る事になりました。「運営を民間に委託する」とか好き勝手言ってますが、公共性と公平性は失いますけどそれでいいんですか?スポーツ団体に貸すと安値になるので、毎日コンサートになっちゃいますよ。

視点がダサい。役所の人間も知事もスポーツ施設造る前提で考えてる。そんなの利用頻度なんて上がりませんよ。造るべきはコンサート会場。

電動のせり上がりで10間間口で高さ2mまでのステージが出て来るとか、天吊りのトラスフレームがあって、そこに照明やスピーカー吊れるとか、ステージサイドやステージ上に大型幕を吊れる装飾バトンが常設であるとか、そういうのなら利用頻度は高い。

控室は最低6室かなー。シャワールームは必須。ケータリング用のパントリーがあれば外タレにも対応できる。メイク明かりもつけとかないとね。そういうことを考えられる人なんて都職員じゃ無理だし、その辺の音楽プロデューサーなんかじゃ無理っすよ。

電源容量も大切ね。楽屋口も2方向にあるとタレント出しやすい。備品倉庫も必須ね。だってアリーナの椅子しまうんだもん。ステージ用の箱馬・平台もあったほうがいいなー。常駐の舞台スタッフも必要だし、バイト君の控室も必要。ピンスポット設置場所も用意だな。

そんなの電通とか博報堂とかで分かるわけないじゃん。東京国際フォーラムなんて、搬入口の高さが3.7m。アホですよ。コンサート会場なのにツアー車入れない。あのフォーラム前の路上で積み替えやってるのは、入れる車両に積み替えしてるんです。都とゼネコンがやるとそんなことになる。

客だまりがないとか、屋根付きの整列スペースがないとか、金属探知機設置場所がないとか、国際大会やるのに必要なスペースが横浜アリーナにはないでしょ。そんなの最初から分かってるでしょ。日本武道館の常設音響&照明装置を充実させますとかの方が意味がある。

アメリカの設備見てくれば?ロサンゼルスでステープルズセンター行けばいいじゃん。バスケもホッケーもシーズン中だから分かりますよ。山ほど音響・照明・映像装置も付いてる。見た事ないでしょ。HISの安いツアーなら5万程度で行けますよ。

1月なんて、 3日クリッパーズ戦(バスケ)、4日キングス戦(ホッケー)、5日レイカーズ戦(バスケ)、6日キングス戦(ホッケー)、7日クリッパーズ戦(バスケ)っすよ。バスケといってもNBA、ホッケーと言ってもNHLですよ。それが1日おきに開催できるすんごい施設。これ400億。

ステープルズってのは文房具屋さんの名前。ネーミングライツ導入してるんです。今回建設する施設もネーミングライツ導入するなら、オリンピックスポンサーとの兼ね合いもあるから、どうやって募集していつから名乗れるのか決めないとでしょ。

オリンピックなんてたったの2週間。パラリンピックを入れても1か月ですよ。東京ビッグサイトや幕張メッセやパシフィコ横浜だって使える。我々のような専門家に聞かずして、政争の具に成り下がってることが、面白すぎて笑えます。高みの見物ならぬ対岸の火事って感じです。

gq1023 at 07:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

HONDA CM「負けるもんか」

ホンダのCMがすごい。人間ってのはそういうもんだ。大企業にいたって、そこに居座ってたら会社ごとなくなる。毎日の積み重ねは失敗の積み重ねだ。その中からブレイクスルーできる何かをみつけろと言っている。そのとおりだと思う。


がんばっていれば、いつか報われる。
持ち続ければ、夢はかなう。

そんなのは幻想だ。

たいてい、努力は報われない。
たいてい、正義は勝てやしない。
たいてい、夢はかなわない。

そんなこと、現実の世の中ではよくあることだ。

けれど、それがどうした?
スタートはそこからだ。

技術開発は失敗が99%。
新しいことをやれば、必ずしくじる。腹が立つ。
だから、寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる。

さあ、きのうまでの自分を超えろ。
きのうまでのHondaを超えろ。

「負けるもんか。」


Honda CM「負けるもんか(プロダクト)篇」


gq1023 at 06:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月17日

このたびのオスプレイの事故に際して

沖縄県側が出すコメントがおかしいっす。まず、言うべきことは以下の部分。

文例1)
このたびはオスプレイの事故に際して、日米両国に死者が出なかった事が不幸中の幸いであり、非常に幸運だったと思います。ただ、2名の乗組員が負傷されたとのことで、お体の回復を心よりお祈り申しあげます。


その上で言うべきことを言う。

文例2)
今回の事故は人家から800mの距離で発生しており、できるだけ被害を避けるための海上着水だったとは言え、非常に懸念すべき事態であり、日米共同での事故原因究明と再発防止のための対策構築を図りたいと願う次第です。県民感情、住民感情に配慮して適正な対応のほどよろしくお願い申し上げます。


事故発生してる軍に向かって「ほら言わんこっちゃない。迷惑なんで出て行ってくれって言ってるだろ。もうオスプレイ飛ばすな!」って言いに行くってのは、外交じゃなくてキチガイ(基地外)沙汰だと思います。間違っちゃいけないのは「基地内」ですからね。

gq1023 at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

マッキンゼー式の理解と私の違い

717143bd.png広告用語には古くから「リーチ」と「フリークエンシー」って指標があります。リーチってのは広告が到達する割合で、フリークエンシーはその頻度。テレビ広告で言えば各放送ごとの視聴率を足しあげたのが総合計のGRP(グロスレーティングポイント)になります。

一つの広告展開をテーマに上げると、そのGRPが良かったのに商品が売れなかったとします。その場合、マッキンゼー式だと広告領域で「GRP」「視聴者プロフィール」「クリエーティブ」等を、商品価値を「販路」「特徴」「価格」等を積み上げて結論を出すでしょう。

それは各種指標と動向を見て今後の方策を図る方式で、マッキンゼーではそこから読み取れることを整理整頓して総合的に判断して、理論的に全体が合意形成図られるようにします。だから同じ方向を向きやすい。

ところが私の場合は気分屋なので、冷静に分析する気にならない。だって未来なんて分かんないもん。絶対に「imode」が世界に先駆けて新しい携帯端末の未来を切り拓いたんですよ。だけど日本はアホなコンサルとマーケッターばっかりだったから「iphone」にやられた。

私の場合は「エモーショナルリーチ=感情的広告到達度」ってのを大切にしてます。そんな言葉ないですからね。検索しても出て来ませんよ。何なら「新時代の広告指標エモーショナルリーチで勝つ!」なーんてタイトルで本を出してもいいかもですねー。

このエモーショナルリーチって私にとっては重要なんです。スーパーやコンビニのレジ広告出てるでしょ。一番長く見る時って行列してる時ですよ。いやーな感じしません?しかも広告見て買いたくなったら、そのレジの列から出なきゃいけない。こういうの良くない。

マッキンゼー的には「レジ通過客数×平均待機秒数×CM1本単価」なんて計算でペイすると踏むのかも知れませんが、そこで見た商品が売れるかどうかはビミョーな気がします。

何か日本人に受けるように日本代表を前面に打ち出した広告ってあるじゃないですか。「勝利を目指そう」ってのは実は苦手です。どちらかといえば、「最初は試合に出るのも大変だった。勝つのはもっと大変だ。舞台は人を創り育む!」みたいな方が好き。

auの三太郎とかソフトバンクの白い犬とかいいでしょ。あんなのマッキンゼー式の理詰めで言ったら訳わかんないもん。でも嫌な感じがしない。ジョージアの作業員が缶コーヒー飲んでるのもいいですよね。

お葬式には遠くても参列して、最初から最後まで葬儀に参加して、必ず一言ご遺族と会話してから帰る人って、なんかジーンと来るじゃないですか。そんな感じで、別に騒いでないんだけど静かに心に伝わってやさしく響いてるようなのが目標なんですよ。

海外の広告ってそういうの多いんですね。日本でも多いんだけど、埋没しちゃってる。でもいつかブレイクスルーして来るんですよ。有名タレントいらないって時代が来る。

アサヒビールが潰れそうな時に住友銀行から志願して飛び込んだ樋口廣太郎氏。販売店を回って在庫状況を確認。「鮮度が命のビールだ、古いの全部交換しろ!」で死に在庫を一掃。その上で業界のトップたちに「アサヒビールの何が悪いか」を聞きに行った。

私は、これ聞きに行ったんじゃないと思ってます。口コミで宣伝しに行ったんですよ。「とにかく古いの一掃しました。ビックリするようなビールも出します。社員とその家族のために負けられないんです。よろしくお願いします!」とね。エモーショナルリーチですよ。

関西のホテルで行われたささやかなパーティー。アサヒビール西宮工場のパーティーでした。樋口さんが泣いてました。工場長も社員も泣いてました。抱き合ってました。

挨拶では誰かが「本当にみんなとまた工場で働けるようになって良かった。お客様のためにできることができないのは辛かった。この経験をバネに、出来る喜びにひたりましょう。」と言ってました。イベント屋の新人だった私はこの進行を1人でやったのですが、もらい泣きしました。

もちろん理論武装は大切ですよ。合意形成も大切。その上で、自分はアホと言われつつも、エモーショナルリーチも大切にしたいと思ってます。

最後に読売新聞のCM。最後のナレーション「僕たちが声援を送っているのは、僕たち自身なのかも知れない。」の部分に「へ」を加えて、「僕たちが声援を送っているのは、僕たち自身(へ)なのかも知れない。」だったら良かったのになーって思い出しました。

僕の走れなかった道 読売新聞 CM


gq1023 at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

カッコいいは勘違いと我慢で出来ている

fb611210.jpg世の中には何がカッコいいかの明確な基準はありません。だからカッコいいと憧れる事象自体がある意味勘違いでしょうし、自分が自身をカッコいいと感じるには多分に自惚れや自意識過剰と言った勘違いが必要です。

その昔、ブランド物と外車を身に付けているのがカッコいいと勘違いしていた自分は、それらをローンやボーナス一括払いという名の借金で購入していました。

大して荷物が入るわけないブランドバッグを傷つかないよう大切に使い、高級ブランドのスーツやコートを汚れないように注意しながら着用していましたし、ウインカレバーが左にあるヘンテコなベンツやBMWといった車を無理して運転してました。

だけど、カッコつけてないと自信のない時代ってあるんですよ。カッコつけても異性にもてるわけじゃないんだけど、カッコつけてないともてないんじゃないかとか、貧乏臭いと周囲から思われることが怖くて無理して外車乗るとかね。

変なプライドから「家の駐車場に軽なんて停められない」といって狭い路地しかないのに外車乗ってる人って、成城とか行くと結構いるんですよ。高級スーパーに外車で来て車庫入れ遅いとか超カッコ悪いんだけど、それがその人なりのカッコつけ方。

私はカッコつけるの正しいと思ってます。カッコつけないのダメ。特に服は相手に嫌な気持ちを与えないようにするためにある。でも、逆の勘違いしてて「スーツ嫌いなんです」といって場違いな場所にカジュアルで来たり、「自分は気にしない方」といって汚い恰好はおかしいもん。

だけど無理してカッコつけてると、無理って見えるんですよ。女性で言えば、ヒールだけど膝と腰曲がってるとか、ヴィトンのミュール履いてるのに歩くとカツカツ音が鳴るとかね。香水の適量が分かってない人もいますよねー。男性も同じようなもんです。

無理してカッコつけない。自然体がカッコいいって感じっすかね。そういう人を見るとカッコいいなーって思います。そういう意味では総理も都知事もうーんって感じかなー。いい人っぽさは出てますが、IOCの人やプーチンとはエライ違いを感じた私です。


gq1023 at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月16日

英語は言語だ。会話はハートだ!

6465a95c.jpg今年の8耐搬入日。我々が到着すると、隣のフランスチームの車両がすこし邪魔になった。でも外国人だし、はるか遠くから来てるんだからと思い、遠慮がちに作業を始めようとしました。

そこに一番乗りで到着していた中山しんたろう選手がやってきた。「ああ、これ車を左に寄せてもらったほうがいいですね」と言うと、全く臆することなく外国人だらけのピットに入って行き、大声で「ハローハロー!カーあっちオーケー?」と言った。

向こうも英語が母国語じゃないので、ちょっと話せるフランス人が出て来た。「マイスペース、ヒア、イナフ(私の場所、ココ、充分)」と指で示した。中山選手は「サンキュー!アイアムライダー、ナンバー88」といって握手して出て来た。

まあそういうこっちゃですよ。英語は言語。そりゃあ英語が話せれば英語の人と話せるだろうけど、中国語の人とは話せないわけだから、会話って言語じゃないんですよね。ハートがあるかどうかですよ。それを肌で学ばせてもらいました。

ぶっちゃけ留学なんていらないっすよ。だったら海外で遊んで帰って来たほうがいい。それよりも日本の事をしっかり学んで、日本を海外にしっかりアピールできる人間になれた方がいい。ベルリッツで習った英語の自己紹介ばっかりやってるから、外国人は日本人にビックリする。

ハートって通じるみたいで、中山選手は香港からのお客さんと盛り上がって、そのまま革ツナギメーカーさんとか紹介して、なんか気が付けば香港のレースに招待されて乗ってました。

やっぱハートだな。自分に自分で言い聞かせる私なのでした。

中山しんたろう選手スタート練習映像です


gq1023 at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

どうした日本?共産国家になったのか?

f491ce9f.jpgアメリカでは大企業に働く人々をユニオンワーカーと言います。「ユニオン=労働組合」のことで、最低賃金・労働時間・残業・保険・年金などがしっかりとしている会社の労働者がユニオンワーカーです。

だから、小さな企業に働く人々は大手スーパーのレジ係を指して「あいつらあの程度の仕事で30万円以上もらってるんだぜー」なんて陰口を叩きます。

映画やCMの世界も同じで、ユニオン作品とノンユニオン作品があります。ただ、ユニオンがあるのでハリウッドを敬遠する人々も多く、カナダやメキシコでの撮影が多いのはノンユニオンのプロダクションが多いと言う意味もあるのです。

だけど、アメリカでも零細企業には最低賃金とか1日8時間制なんて適用されませんよ。必死に働く。食える金が稼げるまで寝ずにでも働く。残業代くれなんて言ってられないもん。そうじゃなきゃ、新しい産業なんて生まれてこないじゃないですか。

ソニーやホンダやソフトバンクは、最低賃金を守って残業代もしっかり出てて、深夜残業とか休日出勤もなく大成功を収めたんですか?

パナソニックって「初荷」って儀式をやるんです。昭和6年に経営危機を乗り越えるため、ハッピ姿でハチマキ巻いて製品満載にしたデコレーショントラックで初売りの店舗を回る儀式。それが今もある。今は全小売店を回ると迷惑なんで小規模になってますがね。でもやる。

前時代的だと言われてもやる。両手に扇子持ってね「パナソニック名物三三七拍子!まずは鯉の滝登りからー。ドドドドドドドドドーン!」ってなもんです。代理店のセミナーでも表彰式でもやる。意味があるのかとか疑問を持たずやる。練習して練習して身に付ける。大企業でも必死に伝統と歴史背負って戦ってる。

それに勝つには小さい会社は頑張って頑張って歯を食いしばって戦うしかない。頭も時間も総動員するしかない。大企業の培ってきた歴史と経験に打ち勝つのはアイデアと根性ですよ。なぜ賃金や労働時間を決める権利を経営側に与えないんですか?なぜ政治的に決めるんですか。そんなことされたら成長する企業なんて出てこない。

アメリカなんて映像文化の国なのにユニオンvsノンユニオンとか言ってるうちにYouTube時代になって、素人の映像作品のほうが全然面白くなっちゃった。日本だってそうなってるでしょ。今や日本のテレビ買う人って日本人だけですよ。どんどん没落してる。

働きたい若者や、寝ずに頑張りたいという中小零細企業の夢も希望も打ち砕くような法案や報道はやめてもらいたいもんだと痛感してます。

パナソニック三三七拍子動画

gq1023 at 05:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月15日

激変!消費者金融業界

貸金業法改正から10年。グレーゾーン金利がなくなり、サラ金でグダグダな生活を続けてた人は、弁護士や司法書士に頼むとグレーゾーン金利が帰ってくる時代となり、士業の人々がこぞってそのグレーゾーン金利返済業務にまい進した結果、サラ金は銀行傘下にくだりました。

先日SBI住信という銀行口座を開設したんですが、同時にカードローン申し込んだら枠が270万円で金利6.5%でした。もう上限金利なんかで商売やってたら食えない時代なんでしょうね。

サラ金の貸付残高って5兆円切ってるんですね。昔は15兆円超えてましたよ。武富士ダンサーズもアイフルのクーンちゃんやお自動さんもアコムの無人くんもダメになっちゃいました。だって2万社を超えると言われた業者数が今や2千社を切ってますよ。

ただ、多重債務者にとっては金利が安くなっただけで、そうなった人にお金を貸さない仕組みってのがないと、月々の返済額が小さくなってるだけで、同じことをまた繰り返すと思うんですがねえ。根本的対策になってないような気がします。

そもそも、普通に借金したらもっと金利安いわけだし、サラ金でお金借りてたら住宅ローンも組めないでしょ。じゃあ消費者金融で借りる人ってのはどんな人なんでしょう?そこをちゃんと調べて分析しないといけないような気がします。

gq1023 at 05:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月14日

就業規則の提出

創業2年目ぐらいの時に就業規則ってのを作成したのですが、最近まで見た事ありませんでした。今まで働いた会社で見た記憶ありません。週休2日制かどうかなんて興味もありませんでしたし、9時出社と言われればその時間に出社してました。

ただ、「常時10人以上の従業員を使用する使用者は、労働基準法第89条の規定により、就業規則を作成し、所轄の労働基準監督署長に届け出なければならない」のだそうです。つまりわが社も作成して提出する時期になったということです。

良く読むと細かいですねえ。使用者は労働者の勤務時間を確認して記録することになってます。知らんかった。しかも3年間は保管だそうです。遅刻・早退・欠勤は責任者の承認が必要なんですって。「風邪で休みまーす」「お大事にー」はアカンらしい。

懲戒の減給は10分の1までなんですね。だけど、遅刻・早退についてはその限りではないと書かれてます。うーん知らん事ばっかりじゃい。

しかも、遅刻・早退・欠勤は即座に解雇される可能性があるほど厳しいものだったんですね。どうりで税理士さん等が「遅刻とか欠勤する社員に対して寛大すぎです」と怒られてたわけだ。

そんなわけで、ほとんどの方が就業規則なんて見たことないと思いますので、今回興味を持った部分を抜粋してみました。うちの会社の就業規則は、厚労省だったか経産省だったかのモデル就業規則のコピペです。

(始業及び終業時刻の記録)
第15条 労働者は、始業及び終業時にタイムカードを自ら打刻し、始業及び終業の時刻を記録しなければならない。

(遅刻、早退、欠勤等)
第16条 労働者は遅刻、早退若しくは欠勤をし、又は勤務時間中に私用で事業場から外出する際は、事前に責任者に対し申し出るとともに、承認を受けなければならない。ただし、やむを得ない理由で事前に申し出ることができなかった場合は、事後に速やかに届出をし、承認を得なければならない。
2 前項の場合は、第41条に定めるところにより、原則として不就労分に対応する賃金は控除する。
3 傷病のため継続して3日以上欠勤するときは、医師の診断書を提出しなければならない。

【第61条 懲戒の種類】
1 懲戒は、その情状に応じ、次の区分により行う。
,韻鸚奸〇亘書を提出させて将来を戒める。
減給 始末書を提出させて減給する。ただし、減給は1回の額が平均賃金の1日分の5割を超えることなく、また、総額が1賃金支払い期間における賃金の1割を超えることはない。
出勤停止 始末書を提出させるほか、原則として90日間を限度として出勤を停止し、その間の賃金は支給しない。
つ┣解雇 即時に解雇する。
2 労働者が、遅刻や早退をした場合、1時間以内の遅刻や早退1回につき日給の3分の1を減給する。1時間以上3時間以内の早退1回につき日給の2分の1を、3時間を超える遅刻や早退については1日分を減給する。(その分の減給は労基法第91条の制限は受けない)

(懲戒の事由)
第62条 労働者が次のいずれかに該当するときは、情状に応じ、けん責、減給又は出勤停止とする。
\掬な理由なく無断欠勤が3日以上に及ぶとき。
∪掬な理由なくしばしば欠勤、遅刻、早退をしたとき。
2畆困砲茲蟆饉劼紡山欧鰺燭┐燭箸。
ち嚢塢堽匹納卞發涼畚及び風紀を乱したとき。
ダ的な言動により、他の労働者に不快な思いをさせ、又は職場の環境を悪くしたと
き。
性的な関心を示し、又は性的な行為をしかけることにより、他の労働者の業務に支
障を与えたとき。
第11条、第13条、第14条に違反したとき。
┐修梁召海竜則に違反し又は前各号に準ずる不都合な行為があったとき。

2 労働者が次のいずれかに該当するときは、懲戒解雇とする。ただし、平素の服務態度その他情状によっては、第49条に定める普通解雇、前条に定める減給又は出勤停止とすることがある。
―斗廚雰侘鬚鮑松里靴童柩僂気譴燭箸。
∪掬な理由なく無断欠勤が10日以上に及び、出勤の督促に応じなかったとき。
正当な理由なく無断でしばしば遅刻、早退又は欠勤を繰り返し、5回にわた
って注意を受けても改めなかったとき。
だ掬な理由なく、しばしば業務上の指示・命令に従わなかったとき。
ジ琉嬲瑤禄殿腓焚畆困砲茲蟆饉劼暴殿腓並山欧鰺燭┐燭箸。
Σ饉卞發砲いて刑法その他刑罰法規の各規定に違反する行為を行い、その犯罪事
実が明らかとなったとき(当該行為が軽微な違反である場合を除く。)。
Я嚢塢堽匹巴しく社内の秩序又は風紀を乱したとき。
┸回にわたり懲戒を受けたにもかかわらず、なお、勤務態度等に関し、改善の見
込みがないとき。
職責を利用して交際を強要し、又は性的な関係を強要したとき。
第13条に違反し、その情状が悪質と認められるとき。
許可なく職務以外の目的で会社の施設、物品等を使用したとき。
職務上の地位を利用して私利を図り、又は取引先等より不当な金品を受け、若し
くは求め若しくは供応を受けたとき。
私生活上の非違行為や会社に対する正当な理由のない誹謗中傷等であって、会社
の名誉信用を損ない、業務に重大な悪影響を及ぼす行為をしたとき。
正当な理由なく会社の業務上重要な秘密を外部に漏洩して会社に損害を与え、又
は業務の正常な運営を阻害したとき。
その他前各号に準ずる不適切な行為があったとき。


gq1023 at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)